俳話会珠玉集(28−6)



 点字ブロック     井上ミヤコ(あかざ)
秋湿り点字ブロックにある不安
方言の荒く飛び交ふ鮭の川
道草の野辺広がりて初音聞く
木洩れ日や要塞跡の島涼し

 初御空     猪股洋子(千種)
初御空多摩の横山茜雲
亀鳴くや夜ごと目覚めし恙の身
台風一過紺碧の空てふ歌のふと
除夜の鐘谷戸の捉へし木魂かな

 天地無用     今井昌子(海鳥)
天国へ行く道わかる凌霄花
えんぴつは昭和の匂い秋涼し
採血の針が気になる秋の朝
涼新た天地無用の荷をほどく

 火の祭り     岩田 信(無所属)
群燕童女空からつれてくる
浮かびでる夜叉の姿や火の祭り
秋の廊白装束の吹き抜けり
夕日まで男走りて夏終る

 公園      岩谷ミヱ子(雲)
公園の木々のあはひを鯉のぼり
後戻り出来ぬ木道蛙鳴く
更衣ますます深し顔の皺
白粉花や石にも有りし裏表

 園児      植村紀子(無所属)
子を諭す小言控え目桜桃忌
良い汗をかきてラストのワルツかな
赤蜻蛉そっと出す手にまで止まり
冬木の芽はずむ園児の通り道

 浦日和     鵜飼教子(あかざ)
たぎつ湯に若布のひらく浦日和
案内は夏越の祓雨明るし
赤紫蘇を干す新聞に選挙戦
原爆忌舟の形に食器割れ

 遠山河     宇佐見輝子(草樹)
涅槃絵の巻き戻さるる月日かな
こどもの日白い時間を持て余す
凡愚たり六月青き遠山河
鰻もどき何やらもどき寺涼し

 吾亦紅     内田衣江(阿夫利嶺)
爽籟へ窓放ちけり畳拭く
新顔は真田の兵士案山子かな
吾亦紅一人遊びの趣味持てり
口ずさむ学舎の歌猫じやらし


 笑い茸     内田秀子(響焔)
月の夜の音消している砂時計
秋しぐれ千代紙の舟漕いでゆく
絵硝子は賢治の童話初あらし
角柱揺すってみれば笑い茸

 静寂      梅津大八(谺)
歓迎の枝をひろげてゐる桜
静寂が波打つ如く螢の火
歌ふとは祈ることなり長崎忌
稲架組んで向かう側には誰と誰

 シャンパン    瓜田国彦(竅j
シャンパンの気泡春日に弾けけり
横断歩道の白線太き四月かな
日を残す湖の真中や半夏生
海峡の闇の拡がる佞武多かな

 箪笥      江原玲子(海鳥)
定位置に昭和の箪笥今朝の秋
鵙猛る森をふたつに分かちたる
蓑虫の揺れて自由を持ち始む
雨しとど万両の実の硬くあり

 籾蒔き     遠藤良子(谺)
奥津城の瑞なる供花と囀りと
籾蒔きの采配をして帰りけり
トンネルの中に県境滴れる
緑蔭を出づまさらなる影つれて

 日の匂ひ     大木典子(あすか)
トンネルの先の青空山笑ふ
海へ落つ段畑千枚晩夏光
からからと原始の色に茶花の実
冬枯れの里に残りぬ日の匂ひ

 公魚      大霜朔朗(末黒野)
公魚や青磁に盛りて高級魚
腰下ろす棚田の畦や草青む
雨上り小学生を待つ代田
熱気満つ暁天講座風涼し

 祭笛      大須賀善和(麦)
水張って空引きよせる春田かな
旅の宿見えいて遠し夕紅葉
江ノ電は今も単線風光る
街筋に入りて高鳴る祭笛


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ