俳話会珠玉集(28−5)



 雨蛙      阿部佑介(火焔)
降り出して呑めや唄への雨蛙
鼠花火不満だらけに回りたる
滑り台青草に子を放り出す
うつちやりをするやうな腰青芒

 山の秋     新井よし子(ひろそ火)
囀りを聞きなすベンチ遠眼鏡
虚子の碑へ風鈴市の風とどく
歌声の園外保育山の秋
撮り合ふも一期一会や冬あたたか

 稲光      有馬五浪(谺)
石あれば石にのりたる石たたき
秋灯し肩の触れ合ふ先斗町
団栗が降る音が降る前うしろ
稲光り天地創造かくありし

 教会      飯盛春子(矢向俳句会)
キリシタン隠れる部屋にゐて涼し
夏の雨教会古りし蒼みけり
初めての町遠き日の赤カンナ
春の月忘れたパンを買ひにゆく

 滝こだま     家田あつ子(谺)
岩削る音ともおもふ滝こだま
日覆が変はりパン屋となりにけり
をさなごへ雲の白さの天瓜粉
調剤を待つどんぐりを掌に

 かがり火     庵原敏典(末黒野)
瑕瑾なき空に始まる聖五月
若葉風キングの塔の煉瓦錆び
花栗の匂ひ重たき雨催ひ
薪能かがり火爆ぜて闇深む

 かはづ     飯村寿美子(あかざ)
瞑想にあらず待つ生(しょう)ひきがへる
いにしへの声の交信牛蛙
雨蛙ははよ母よと泣きし頃
訪はざれば家郷は他郷遠蛙

 風      池田恵美子(あかざ)
髪切りし襟足に風聖五月
カフェラテの泡につき差す夏日かな
明易し猫のしっぽが顔はたく
観覧車ゆつくり冬に近づきぬ

 坂の町      石川詔子(海鳥)
山茶花の余る疲れや坂の町
昼月を掃き残したる冬
寒椿日差しの中を遠回り
大仏の背なに窓あり春時雨


 砂丘      石川暉子(松の花)
砂丘行く蟻のやうなる春帽子
風光るやさし瞳のラクダかな
やはらかきラクダの背や春の昼
春麗はるかに見ゆる日本海

 錆鮎      石黒興平(末黒野)
肩書なき暮し十年?の穴
為すことの無き戸惑ひや胡瓜もむ
田から田へ更にまた田へ落し水
清流や錆鮎なれどきらめきぬ

 盆の月     石坂あい子(海光)
盆の月帰る仏の道照らす
蚊を打って我が手の痛さ感じたり
信濃路や偽あかしやに目が止る
夏の雲乗鞍岳は下で涌く

 夏の蝶     石和信子(阿夫利嶺)
昼下りじっと葉の裏夏の蝶
十薬の我が物顔に空屋敷
菊花展数百株の立つ無言
どんど焼片目達磨の崩れ落つ

 夏木立     石渡 旬(方円)
縁台は父の手造り庭花火
山の夜はしづかに明けて夏木立
天灼くる削られてゆく武甲山
平城と云へど坂あり黒揚羽

 夜釣      泉 幸造(渋柿)
星明かり夜釣の綸を煌めかす
夜釣いま魚動かぬ潮止まり
礁舐める波の形の夜光虫
夜光虫を滴らせつゝ魚釣られ

 梵鐘      伊藤 眠(雲)
牛蒡引く朝の光りを友として
梵鐘に陽のなごりあり桜桃忌
海の日や走り出したき「赤い靴」
名も知らぬ草に色あり冬あたたか

 星祭      井出佳子(白馬会)
風神のひとり舞台や芒原
短冊のいづれも本音星祭
野良猫のなかに黒猫パリー祭
朝凪やときどき魚の跳ねる音


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ