俳話会珠玉集(28−4)



 百歳     山内嘉子(阿夫利嶺)
山茶花や百歳の隣びと逝きて
ひとすじの雲の白さや夏立つ日
蓮池に亀の浮き来るきつね雨
考の椅子母に広くて里の秋

 さくら     結城容子(松の花)
子等駆ける花五分の下歩く老
チューリップ大葉に包まれ明日開くらむ
段葛改装成りて人多し
さくらケーキ家路へまでの一休み

 砂時計     渡辺順子(好日)
どの家となく?子を煮る匂ひ
風船をブッセの空へ放ちけり
さくらさくら天地を返す砂時計
蜻蛉になりたき竹の一葉かな

 神の懐     渡辺長汀(無所属)
バス停の椅子の歳月梅雨に入る
大いなる神の懐山開
噴煙は地球の吐息秋暑し
少年の日へ転げゆく木の実かな

 能面     渡辺照子(港)
田水張る畦にバケツの忘れもの
太宰忌や順路違へてより目?
能面に怒りの見えて宵祭
戦争法と雷の真下にゐる

 目高     渡辺時子(谺)
灯点せば光となりて目高散る
ふとよぎる背伸びせし吾太宰の忌
黴の香のやすらぎに似て一書抜く
彼の人のやうに老いたし月涼し

 鶯餅     和田順子(繪硝子)
ありさうな所にありて犬ふぐり
草萌や対角線に行けぬ畦
穀雨かな豊年えびの田に殖えて
鶯餅羽のあたりをつままるる

 春夏秋冬     相 道生(あかざ)
水ぬるむ鳥獣戯画に余白あり
一坪の墓が故郷麦の秋
原爆忌運河静かに日を流す
寒波来る赤い襦袢のちんどん屋

 小津流     青野草太(港)
小津流に座して夫婦の冬座敷
妻に見しいささかの「ノラ」寒牡丹
寒卵つけいるすきのなかりけり
貝寄風や惚けし母が父を恋ふ


 秋うらら     青山冨美子(九年母)
揺り椅子のゆるるがままに春惜む
水音は風生るところ半夏生草
秋うらら海辺に海の写真展
裏木戸の太き閂冬に入る

 葱坊主     秋吉 斉(花鳥)
豆の花風にいやいやしてをりぬ
酢漿草も電子頭脳もはびこりぬ
桃割れに色付く実梅葉が翳す
葱坊主威張りすぎだよエヘン虫

 剪定     芦田みさを(谺)
遠筑波誉めて剪定をはりけり
膝崩すうぐひす餅を食べてより
母ありし頃の風吹く梅筵
一湾の光りゆづらず枇杷熟るる

 尼寺     麻生 明(海鳥)
菜の花の湖を出てくる人の貌
芍薬のこぼるる白をいかにせん
海に沿うポピーの町に生れたる
尼寺の白まだ若き藤の花

 じゃんけんぽん    麻生ミドリ(海鳥)
真青なる加州の空を鯉のぼり
アマリリス手足の長き聖少女
外つ国のじゃんけんぽんやさくらんぼ
青嵐オートロックの掛かる音

 浮雲     阿部晶子(澪)
移り住み秋雲のごと浮く身かな
コンビニで飲食(おんじき)そろへ秋の夕
疲れしは吾のみにあらず蝉落ちる
血縁の声やはらかき良夜かな

 不戦     阿部和子(梛)
筆太く不戦の二文字吉書とす
特攻兵たりし卒寿の賀状受く
炎昼や寄進瓦に「不戦」書す
数多の父征きし浦路や秋の暮

 精神     阿部清明(ひろそ火)
陽炎や孤立している目鼻口
すきま風す顔をくすぐられている
幻聴の再発みたり蜃気楼
精神に包帯巻いて新社員

 白孔雀     雨宮きぬよ()
黒ばかり着てじんはりと梅雨に入る
盆花を抱へ両腕濡らしけり
白孔雀放たれてゐるクリスマス
待つとなき花柊の香なりけり


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ