俳話会珠玉集(28−3)



 風鈴売り    高島かづえ〈谺〉
彼岸寺庫裏より水の音のして
春耕の人点景に暮るるなり
木の間より白より白き滝現るる
境内の風を売るなり風鈴売り

 うかうかと     堀米澄子(火焔)
復興はまだ道なかばはだれ雪
方言に箍のゆるみし帰省かな
秋の浜思索の時の戻りけり
うかうかと齢重ねて日向ぼこ

 ハンチング    森清堯(末黒野)
しんがりにいささか慌て草紅葉
ハンチング少し遅れて秋日傘
元朝のかがやき残す二十日月
草の芽や音の外るるサキソフォン

 鯨吼え     森田緑郎(海程)
猫はしぐれて今生の縁(えにし)かな
一途なる野良猫平次荒星喚(よ)ぶ
鯨吼えときにブラックホールかな
そこからは鳥が石です満月(フルムーン)

 黒船     守屋典子(人)
開国のまちのパンジー匂ひ濃し
フェリー繋ぐ陽炎四杯の黒船も
子持鯊釣るや開国橋あたり
ふらここを一漕ぎ雨の上陸地

 雪の果     森山節子(阿夫利嶺)
誰彼に気さくな母の秋の耳
天女像舞ふ名刹や雪の奥
砂浜の白さに佇む龍天に
雪の果長き葬の一日終ふ

 月朧      矢澤末子(花顔)
ひたむきに生きる幸せ実万両
浮き沈みあるも晩学月朧
閏年意義ある一日山笑う
三・一一五年(とせ)の重み癒されず

 冬の窓     安江冨美子(あかざ)
砂利道を駈けて泳ぎし兄の逝く
陽を追ふて居場所つくづく冬の窓
絵馬に書くひらがな大き児の願ひ
おだやかな富士を崇めし三箇日

 夕焼      柳瀬淳子(新樹)
夕焼の向かふに町のありさうな
蓮の葉に雀の降りる重さかな
山頂を極め色なき風の中
着ぶくれてうなぎの匂ふ店の前

 秋濤      山岸壮吉(青山)
秋濤引く砂に輝き残しつつ
生涯の一句を目指す柿落葉
風に湧き風を湧かせて叢薄
噴水の先留まりをり動きをり

 東風の丘     山岸友子(青山)
寝そべれば我も花野の一部分
愚痴言はぬ夫の生き方白木蓮
耳に手を風の声聴く東風の丘
冬至湯に妣との月日あるごとく

 春の陽     山崎敏子(やつなみ)
紅筆に似たり愛らし牡丹の芽
ここが好きいわし丸干千葉の海
花水木バスの席から二ツ池
外洗流いちじくの枝横に反り

 さくらんぼ     山崎ひさを(青山)
賜りし齢大事に去年今年
春休みの一家搭乘口に在り
さくらんぼ八十八のてのひらに
遺品涼し歳時記楽譜T定規

 春炬燵     山地定子(やつなみ)
夫も子も灯明の奥初明り
独り占めとなりて幾年春炬燵
終の日はかくありたしと枯蓮
しがらみのなき世に生きて青き踏む


 鳥帰る     山田京子(無所属)
紛争なき国に生まれて鯉のぼり
大夕焼五体投地の男達
炎帝に告ぐることありミナレット
領空とは人間のもの鳥帰る

 旧端午     山本一歩(谺)
一木の先に一山青あらし
走り根のふとぶとと旧端午かな
虫干のもののひとつとして座る
蚊遣火や柱時計に振り子の音

 素直      山本一葉(谺)
少しばかり素直になりて目刺焼く
神棚のあたり風船ただよへる
蝌蚪の国内緒の話すぐ広まる
月光のほんのり春田落ち着かす

 花は葉に     やまもと奎(松の花)
未だ花にならぬ山見て桜餅
舫ひゐる船に枝垂れて桜かな
運河へと漂ふ水母花は葉に
望郷は傷みと癒し花辛夷

 養花天     山本つぼみ(阿夫利嶺)
忽々と燃えて化身の狐の火
真摯なる過去繰りひろぐ寒夕焼
風化してをりし心匠春の闇
養花天言葉畳みし一別に

 クリスマス     山本みつる(無所属)
手に包む煎茶のみどり浅き春
目の会ひてたちまち笑顔夏帽子
門番の若武者ぶりやいぼむしり
泡沫のこの世の光クリスマス

 風の街     油井恭子(あすか)
松明けの一歩踏み出す風の街
春一番こころの塵を吹き払ふ
泥濘に一句落して緑雨かな
面打ちの太き指先冬立てり

 春の鴨     横井法子(阿夫利嶺)
菜の花に座してつましき昭和の子
遠嶺残雪直会果てし窓の光ゲ
ゆく水にたゆたふ光春の鴨
石橋に止石ひとつ若葉寺

 尼五山     横田忠太(一葉)
手締して掻っ込め々一の酉
寒柝に嫁かり出され火の用心
末枯て本降りとなる山田富士
侘助の物云いたげな尼五山

 白桔梗     吉居珪子(無所属)
読み初めや近くて遠き韓国史
亀鳴くを聞きたく今日も回り道
アレ・ソレで足りて酷暑のひと日暮れ
座禅組む無念の果ての白桔梗

 一人静     吉里良夫(阿夫利嶺)
一言が変へし余生や芦の角
一途なる性の吉凶為朝忌
一隅の一人静に問ひかくる
一輪草流れは早き梓川

 白ショール     義澤竹麗(阿夫利嶺)
華やげしをみなの肩の白ショール
一直線に望む丹沢鷹の森
独りにも馴れし生活や梅香る
砂吐きて明日の身知らぬ浅蜊かな

        1枚目に住所・


 花の雲    吉沢トキ子(深吉野)
残り雪男は酒を買ひにゆく
せせらぎへ足の産毛の風光る
花の雲うす紫に日の暮るる
閉店の貼紙ゆれて街朧

 一生懸命     吉田 功(麦の会)
掃除機が勝手に動いて秋惜しむ
隠れる木まだある里の祭りかな
雪深き言葉にならないじゃ〜ね〜
補欠でも一生懸命雪を掻く

 猫の恋     吉田克己(扉)
恋果てし切なき声や春の猫
恋成就したるや猫のしたり顔
耳傷は恋の勲章猫帰る
純愛も不倫もなけれ猫の恋

 夏来る     吉田善一(谺)
あそべとや向ひの家の鯉幟
直ぐにでも行ける裏山夏来る
めつきりと減りたる酒量明易し
差別してをらぬつもりの扇風機

 春      吉田典子(歯車)
抱きしめた分だけ遠く春の山
木の橋は三歩でおわるふきのとう
いぬふぐり私が私でいる時間
くっきりと切株の主張春近し

 ほつほつと    ??野美和子(海光)
大寒の葬列の肩みな善人
木の温み指先に触れ浅き春
枝先の二月の生命ほつほつと
疲れ目を癒すゆれあり雪柳

 新樹光     米田規子(響焔)
絵の中の少女が透けて新樹光
小魚のからっと揚がり夕薄暑
眠りの中へ光の着信七月来
ざわざわと風に熱あり葉鶏頭

 吾亦紅     脇本公子(あすか)
この色と決めし余生や吾亦紅
なにごともなき日秋刀魚を二匹焼く
野水仙風の止む日はまだ遠い
改憲の狼煙もぞもぞ霾ぐもり


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ