俳話会珠玉集(28−2)



 伊勢参宮     牧野英子〈あかざ〉
伊勢参宮千古の森に囲まれて
冴返る朱き鳥居のきつね塚
干物焼くおかげ横丁の日永かな
電飾のなばなの里や花月夜

 故郷      町田秋泉〈花顔〉
しばらくは初雪に傘惜みけり
さりげなく忘れ上手に秋茗荷
人見知りされて故郷行行子
厄年は遠に越え来し恵方なり

 海光      松井光子〈新樹〉
鷹渡る同時に動く双眼鏡
この土地に年を重ねて新松子
鳶職のひよいひよい跨ぐ秋の空
海光や冬至の沖に船がゆく

 春風      松塚大地〈響焔〉
春そよ風聴くだけでいい英会話
野暮だけの漢にもある春愁
二度までは許される嘘さくらんぼ
じゃが薯に花望郷の募るなり

 四季一句     松本三千夫〈末黒野〉
埒もなく森へ深入り春愁
押し移る雲の量感夏来る
新涼や翅あるものは飽かず飛び
獅子舞の獅子抱き帰る山手線

 白毫      松本凉子〈花林〉
大仏の白毫に春来てをりぬ
立春の風着流しに美男仏
半眼で見れば現し世あたたかし
自立する寂しさもあり蝌蚪に足

 帰り花     丸笠芙美子〈あすか〉
水源の山を背にして凍つる谷戸
落武者の行方は知らず帰り花
吹き降ろす風を束ぬる大枯野
戦場の昔も今も時雨けり

 新春詠     三浦たかし〈あかざ〉
わが家が起点となりぬ恵方道
書初や今年は筆止めボールペン
嫁が君この頃見かけず火気注意
男でも初鏡みて家を出る

 梅ひらく     三ツ木美智子〈郭公〉
子規一斗李白も一斗秋澄めり
葉牡丹や古墳壁画のをみなたち
梅ひらく二本の脚で立つ力
くもる日の梅林といふ遠息吹

 寒葵      宮田和子〈千種〉
伝はるかあさ実石榴の裂ける音
ひよんの実や伝言ゲームの行き処
お任せといふことば大切冬すみれ
寒葵いまだ主役になりきれず

 音移す     宮田硯水〈白鷺〉
嬰踏みしたんぽぽぽぽと立ち上る
妹(いも)の掌へ紙風船の音移す
獲(と)ったどの顔にしたたる春の泥
春田打ちアマゾンの鰐驚かす

 夜明け     村井誠一〈海光〉
塩鮭の鰓に残りし波の音
銃声も硝煙も無し麦の秋
鰯雲悠々自適と言ふけれど
焼芋の声遥かより昭和来ぬ

 水馬      村上チヨ子〈あすか〉
桜東風テニスコートの待ち時間
巨大なる十字の墓標春の鳥
川底に大き影置く水馬
父の日や野球少年跳ねて来る


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ