俳話会珠玉集(28−1)



 赤き靴      畑元静恵〈やつなみ〉
湖の面に山粧いて静かなり
自問自答廻り灯籠ゆらゆらと
赤き靴片方置かれバス停夏
語気荒く成りては哀し冬隣り

 初紅葉     八谷眞智子〈阿夫利嶺〉
初紅葉胸裡に室生の釈迦如来
秋澄むや童子の筆墨掲ぐ塾
日本海朱のいろ流す冬落暉
石蕗は黄に一遍聖眉長し

 地軸      土生依子〈青芝〉
菊人形科白忘れてゐるやうな
蜜柑山踊り子号を通しをり
冬日さす香炉磨きてゐる畳
花八ツ手地軸はいつも傾きて

 寒紅      浜谷寛美〈千種〉
寒柝の一打に動く赤子の手
ラデツキー行進曲や去年今年
寒紅を楚楚とさしたる母卒寿
マンションに余白の生るる春障子

 雪笑窪     林節子〈千種〉
今日よりは一人の足跡雪笑窪
「鴉なぜ鳴くの」朝焼け濃かりけり
穴惑ひ入りしは黄泉ぞ追うてみむ
天降り来よ野風呂に霧の濃ゆき夜

 珊瑚樹の実     林満子〈郭公〉
寒晴や棘をもつ木のさみしくて
珊瑚樹の実や晩年の持ち時間
何もかも笑ひとばして芋の露
着ぶくれて着ぶくれの子抱きあげる

 フラミンゴ     速水禧子〈海鳥〉
新緑を窓に展示の博物館
青梅雨や空を飛ばないフラミンゴ
落?の鳴き尽したる軽さかな
聳え立つ銀杏紅葉の持ち時間

 初鴨      原島叔子〈無所属〉
永き日や土間にただよふ炉の匂ひ
病む犬に青柿のよく落つる日よ
初鴨やきのふに変る水の色
何となく富士を見てをり日向ぼこ

 冬来たる     原久栄〈末黒野〉
冬来たる取っときの服吊しをり
冬シャツや若きは薄き黒を欲し
鮟鱇の吊られ小さき目大き口
建長寺へ低き登山や冬紅葉

 桜餅      久田ひさこ〈千種〉
競演の津軽三味線春ゆする
春ストーブ津軽の駅舎刻ゆるく
寒菊に見入る小脇の句帳かな
髭の濃き我子も好きや桜餅

 パステル画     菱沼多美子〈海鳥〉
烏瓜三つ小径を動かせり
小春日やかすかに匂うパステル画
親切が慣いとなりぬ冬すみれ
短日や藻音(モネ)という名の残る庭

 聖五月     菱沼正江〈阿夫利嶺〉
誰彼に言葉かけたき今日の月
棟上げの木材の香や聖五月
追憶の寄書きを手に花の昼
寒村を出て幾年の福寿草

 かんがえのかたち    平田薫〈つぐみ〉
風は木を蜻蛉は草をいそがせて
かんがえのかたちに石蕗の葉っぱかな
蒲の穂の明るいいちにちでありぬ
小鳥来る白いペンキを塗りながら

 閏の月     比留間加代〈天為〉
正客となりて一日竹の春
めぐりあふ閏の月の十三夜
路地小路木枯通り神楽坂
仔羊の高き産声初明


 冬銀河     広瀬久夫〈あかざ〉
波音は宇宙の鼓動銀河濃し
冬銀河名もなき星のなかに母
三日月に腰かけてみる水の星
ながれ星人乘る星とすれちがふ

 神の留守     福田仁子〈千種〉
ようこそと案山子は招く過疎の村
有明の月に押されし旅一歩
棹も鉤も一途に落つる雁の湖
神の留守遊具乗らうか乗るまいか

 冬桜      福原瑛子〈雲〉
枯蔓を仕切りなおして烏瓜
滾るもの静かになりし冬桜
たらたらと蛇口の水や冬の鵙
櫨紅葉項が心細きかな

 実紫      福原乃婦〈道標〉
病癒す友の和(にこ)やか実紫
掃くことも路地の習いや花の屑
水溜り花片浮かぶ空浮かぶ
花広ぐ空に昼月やわらかに

 戦後七〇年     藤方さくら〈夢〉
船虫のがさがさ戦後七〇年
初夏のキャンパスライフ耳ピアス
冬の空妻と逢えたかテネシーワルツ
導線の短かい父娘石蕗の花

 海境      藤倉頼江〈無所属〉
海境にひかりをこぼし鳥渡る
彼岸花未練心が咲き残る
太鼓橋朱を取り戻すしぐれあと
枯尾花それでも風を呼んでをり

 花野      舟木克博〈竅r
空に触れ風に触れたる花野かな
眦を据ゑては濡るる花野かな
遠波の光おりなす晩夏かな
秋暁の尾根より受くる風無尽

 吊し柿     古橋芝香〈阿夫利嶺〉
確執の板ばさみなり栗を剥く
此の町を青山と決め豆を蒔く
吊し柿土蔵の壁に影映す
枝ぶりを選びて庭師の十二月

 寒茜     保坂典子〈東〉
春を待つ小さな箱の靴までも
ネクタイの剣の如し新社員
白きシャツ三色ペンを胸にさし
寒茜犬の足さへ影長し

 返り花     星一子〈新俳句人連盟〉
コスモスの盛りすぎたる花畑
カタカナの国語読本返り花
木作りの馬にライオン日向ぼこ
薬師堂見上ぐ参道蔦紅葉

 去年今年     堀江野茉莉〈谺〉
木の葉散り尽くして風のはたと止む
衣配りするから逢ひに来よと文
あれもこれも絵空事なり去年今年
神に水仏にお茶や年新た

 遊園地     堀口みゆき〈鷹〉
無花果や泣き止みてゐる赤ん坊
満月や非常階段濡れてゐる
鼬跳ぶ子どものゐない遊園地
焼売の赤き紙箱終戦日

 歴史博物館     本間満美〈あかざ〉
そぞろ寒縄文土器の火焔痕
秋深し埴輪の兵の永遠の黙
集落に濠の名残りや木の実落つ
冬日透く弥生住居の息づかひ


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ