俳話会珠玉集(27−6)



 沖縄      田中悦子(あざみ)
うりずんの風虐げられし者ら
沖縄忌みんな誰かの宝もの
「ぬちどう宝」沖縄の夏逝けり
誰(た)が化身揚羽一頭従き来るは

 電飾      内藤ちよみ(花顔)
煩悩の殻は手強し胡桃割る
狐火を惑わせている電飾
飛車角に一手遅れて冬の天
臍のなき人形に声寒月光

 秋灯下     苗村みち代(風鈴)
信号待ち赤で渡っていく蜻蛉
栗の皮剥きながら聴くアヴェマリア
広辞苑の中に遊ぶや秋灯下
快慶の見返り阿弥陀ちちろ鳴く

 昼の月     中川千恵子(道標)
おみくじや明神さまの梅盛り
昼の月コート襟立て風を行く
防災デー校庭辛夷ふくらんで
紫陽花の青のことさら朝の雨

 残生      中島修之輔(港)
ともかくも妻ゐる晩年木の芽和
残生を数へてしまふ苗木市
箱庭に猫背の人を立たせたし
ひまはりは疎開児の鬱知ってゐし

 秋に入る     中島俊二(あかざ)
句を添へて癌の友より夏見舞
誰れだつけ日焼の人のやあと寄る
敗戦忌ルビを頼りの詔書読む
初秋や立掛けてある花図鑑

 秋       中村重次郎(春嶺)
風来れば風にしたがふ萩白し
せせらぎに秋の声聞く昼下り
八十路にて今だ母恋ふ秋桜
短冊は引出しにあり子規忌来る

 夏終る     永井良和(無所属)
監督の胸に飛び込み夏終る
秋の灯やもう少し読む受賞作
金銀の海の匂ひの新さんま
雁渡し町にSALEの赤き文字

 我執      長尾七馬(群落)
癌といふ文字厳めしき残暑哉
父の忌も忘(ボウ)ずこの夏暑かりき
子規の句を講じ冬の夜集ひけり
添ひ寐せんと猫の寄り来る寒さかな


 星月夜     長島喜代子(翼)
手のひらに歳月のせている晩夏
来るはずのない母が来る星月夜
どんぐりのシャープフラット赤い屋根
栗名月埴輪の口が開いたまま

 近江      長久保通繪(海鳥)
たしかなる近江の水や葛の花
かまつかや北国街道土匂う
のびやかに湖北單線稲雀
川いくつ渡り若狭へ小鳥かな

 想い      長田信子(矢向俳句会)
涼風が草加松原吹き抜ける
幾万のひまわりゴッホも目をむける
彼岸花不器用に生き八十路坂
向日葵や失なって知る君想う

 流石忌     長濱旭(海光)
蜻蛉師に供ふ句会や流石忌
流石忌句集繙く秋夜かな
一叢の芒さまざま姿見す
産土の墓域とならず秋闌ける

 敬老日     鍋島武彦(末黒野)
新盆や表札すでに子の名前
二円切手貼るを忘るる残暑かな
大正は遠くて近し震災忌
顔パスに妻戸惑ふや敬老日

 星月夜     名和美知子(道標)
「ただいま」は潮ざらしの日焼顔
築地このほのかの魚臭秋さなか
最果ての地なりあまねく星月夜
霧深し摩周湖ここと言われても

 落書き     新倉文子(やつなみ)
山笑う空を飛び出すとんびの輪
華疲れベンチに小さき虫と居る
暑いです人間ずっと続けます
秋天や落書き線路またのびる

 秋       西田みつを〈玄鳥〉
チンパンジー笑いだしたらそれは秋
大花野少年兵の消えしまま
新涼や豆腐ゆっくり沈みたる
野毛小路秋夕焼の理髪店

 みみず鳴く     西野洋司〈夢〉
六億円当りしが夢みみず鳴く
目高追ふ子は泥だらけ蛙鳴く
花見山婆手渡しのずんだ餅
案内は少女薔薇咲く庭めぐり

 白木槿     西村弘子〈無所属〉
大皿に刻む安芸菜や原爆忌
悪童も美童もをりぬ月の眉
鰯食べほとほと遠き故郷かな
人の世の罪のいくつや白木槿


 彼岸花     根本朋子〈風鈴〉
その先は誰も知らない彼岸花
秋簾はずして居間の落着かず
集落をまるごと揺らす秋桜
地球儀に波の音きく野分かな

 秋の空     野木桃花〈あすか〉
体内の水がこぽりと木下闇
一遍像魚板をぽくと秋の空
白木槿屋上庭園かがやかす
あぶれ蚊の脚ばかり攻め九輪塔

 トロッコ列車     野田章子〈山暦〉
秋澄むや湿原の川蛇行して
朝霧や秋刀魚漁船の戻り来し
望の夜や隣りも外に出て来たる
トロッコ列車待つ秋の蚊を打ちつづけ

 ジェット機     野中一軒〈若葉会〉
牡丹の波に浮かべる古刹かな
梅雨空を裂くジェット機や黒々と
汗淋漓水をがぶがぶウォーキング
秋空の光りて裂ける豪雨かな

 月       橋塲美篶〈末黒野〉
二度三度外に出で賞づる月今宵
流れ藻のたゆたふみどり水澄めり
さはさはとさはさはさはと竹の春
とんばうの水漬く葉先を離れざる

 心太      橋本榮二〈無所属〉
妻ともに八十路を生きて合歓の花
川底を光が洗ふ夏の川
ひまはりの語りかけたき高さかな
箸使ひ器用になって心太

 秋草に坐し     蓮見勝朗〈鶴〉
秋天へ跳んで海豚は餌を貰ふ
水槽に左廻りの鰯群
秋草に坐し七草を数へけり
吊り橋を揺らして秋を惜しみけり

 手打そば     蓮見澄男〈谺〉
虫の音に耳貸して待つ手打そば
呆気なく終る連休秋刀魚焼く
穴まどひ昔此処らに防空壕
朝市に大根を売る紅たすき

 鉦叩      長谷部幸子〈千種〉
鉦叩健康にして尚八十路
曼珠沙華四人姉妹の老いにけり
野分あと川の増水見に走る
こぼれ萩日に日に増すや通勤路

 明日      畑佳与〈無所属〉
戸を閉めてちちろに闇を返しけり
戦はぬ国でありたし新米炊く
びつしりと木の実草の実明日は晴れ
一病を持ちて息災大根煮る


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ