俳話会珠玉集(27−4)



 魑魅      島 杜桃(あざみ)
ぶきつちよに振って野蒜の土零す
走り根に魑魅集らせ?芽吹く
老猫の冥きまなこや風薫る
ふるき戀閉ぢ籠めにけり青葉闇

 ふる里      島田たか子(俳句人)
制服の小さき紳士入園す
雛飾る旧暦なりしふる里は
流れゆく浅瀬の奥で河鹿鳴く
陽の差して生命みなぎる柿若葉

 夏座敷     島田峰子(矢向俳句会)
坪庭に無音の雨を夏座敷
チャンネルを変えて又聞く「梅雨の入り」
炎天下猫背を写すガラスドア
菊日和まだ馴めない「高齢者」

 白蓮      清水真希(梛)
靄ひたる池に浮きたり白蓮
溢れたる造り酒屋の噴井かな
音もなく湧きたる泉森深し
たちまちに街をつつめる男梅雨

 橡の花      菅沼葉二(無所属)
空港の灯り味方に穴子船
浴衣着て三面鏡に見せに行く
掬はれて空気に濡るる屑金魚
橡の木の高さが好きで橡の花

 マスク      杉本かずみ(麦)
無制限に甲羅干す亀山装う
マンションが北風の衝立て長湯する
終車待つマスクがマスク慰めて
受験の期叱るより選る褒め言葉

 金色の鯉     杉本千津子(深吉野)
木道をくぐりて迅し芹の水
金色の鯉のゆらりと水温む
ひとかきの池の濁りや春の鴨
改装のレンガあたたか版画館

 浦の春     杉本康則(阿夫利嶺)
春浅し神馬繋がぬ厩かな
皺深き笑顔の多し浦の春
磯遊び拾ひし貝に耳寄せて
棟上げや空に餅飛ぶ燕飛ぶ

 古都      鈴木礼子(阿夫利嶺)
行く春の余生を照らす古都の旅
新緑の糺の森の小川清し
石庭や十五の石に風薫る
緑蔭の去来の墓に一礼す

 落椿      鈴木香穂里(阿夫利嶺)
会ふ術のなき人の文梅雨に入る
術求め歳時記捲る桜桃忌
忖度の術なき悔や落椿
かの夏の城ヶ島の貝人遠し

 旋律      鈴木和代(花顔)
白き帆を上げて滑走青葉潮
目覚めたる脳の活性夏来る
輪唱の旋律走り風薫る
鳥声に惜春の風遠谺

 花冷      鈴木句秋(風鈴)
啓蟄や解けぬパズルの中にいる
花冷やまた忘却と嗤いたり
種袋振るだけふって蒔かぬなり
春耕やまた折り返す耕耘機

 卯波      鈴木 烱(道標)
デーケアへ老等拾いて花の道
花を背に婆「ハイチーズ」して撮(と)らる
ケア四月空瓶並べボーリング
クルーズの白き巨船よ卯波岸

 牡丹      鈴木フミ子(千種)
緋牡丹や?煙き向ふ山
連鶴てふ無垢の白妙大牡丹
勤行の堂を囲みぬ牡丹の香
崩れきし牡丹両手にねぎらひぬ



 さくら餅     隅田晶子(谺)
去年今年戰なき世を永らへて
朱の椀をのせて春待つたなごころ
店先に寢かされてゐる猫柳
一つづつ供へて三つさくら餅

 余り苗     関田独鈷(谺)
聖五月飛行機雲の外は無く
口笛を吹いて四隅へ余り苗
雲脚は梢に早し芒種はや
昼寝してやさしき言葉出でにけり

 風五月      関根富美子(梛)
浜つ子の吾は好きなり風五月
緑さす聖母の像や子の寄りぬ
大桟橋飛ばされさうな夏帽子
桟橋に足音連ね黒日傘

 艦の骨      関谷みちひろ(無所属)
千尋なる海底の春艦の骨
傘寿耒てにはかに恋し山桜
言はでもの言葉悔ひをり花の塵
百年の駅舍のドーム冬茜

 海馬      瀬戸美代子(顔)
行き暮るる風の尖りし蘆の角
くちなしも南京錠も錆にけり
花ミモザ海馬がすこし騒がしい
書に倦むやふと一望の青田波

 平和      惣野圭子(白馬)
鳥帰る国に戦のなきを乞う
永らえし被爆の命ばら咲かす
青桐の疵まだ癒えず七十年
住む星の平和よ永久に苗植える

 本能      園田香魚(海光)
初旅やお国訛りの手を引いて
本能も雁字搦めや冬の薔薇
百姓の重き肩書き更衣
竹竿も無念無想の山女釣

 蛍籠      高尾峯人(谺)
鶏が汚れてゐたる旱梅雨
水の色となりて沈みし水饅頭
知らぬ子に袖を持たるる夜店かな
蛍籠吊つてなかなか眠られず

 夏の一日     越研次(蛮)
円描き太極拳の夏の朝
夏の昼東京駅のラーメン街
夏の夕街行く顔は十人十色
熱帯夜身を持て余し夢遊病


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ