俳話会珠玉集(27−3)



 さくら     衣川次郎(港)
三月来墓碑のごとくに岬立つ
さくら散る何から忘れ始めやう
さくらから日本人は逃げられず
にんげんに人間生まれ涅槃雪

 木の芽     斉藤加代子(谺)
青空にはじかれてゐる初雲雀
菜の花や坐れば消えてしまふ町
ゆつくりと吹けば大きくしやぼん玉
倒木の噴き上げてゐる木の芽かな

 宇治金時     斉藤繁夫(無所属)
天の川一瀑海へ懸りたる
葛の花阿修羅顔なる峠神
残雪の山河ひらけて翌檜
下町や宇治金時のかき氷

 初蛙      斉藤篁彦(群落)
遠富士の裾は紫初蛙
箸置は河原の小石初蛙
蔦青葉丘の洋館風の中
白地着て沖の波立つ夜を逢ふ

 小春日     齊藤智子(松の花)
ゆく春の富士熔岩に腰おろす
麦の秋尾のゆれてゐる風見鶏
小春日や醤油の香る街に着き
凍つる夜や町の灯は真砂めき

 赤い羽根    斉藤ふさ子(扉)
歌垣の筑波の野面からっ風
冬晴や棚田を渡る風鋭る
ダンディは帽子に付けて赤い羽根
海側を予約のランチ夏かもめ

 月清し     榊原素女(谺)
月清しめりはり付けて家事終へて
間引菜をくすぐるやうに洗ひけり
ほろほろと沖に日のある時雨かな
恵方道なりけり夫に従いてゆく

 野火       酒寄悦子(千種)
父の影炎に残る野焼かな
正も邪もうたかたの夢野火奔る
火の行方見据へ野焼の漢かな
野火消ゆる上衣に遠き日のにほひ

 干大根     作山大祐(無所属)
軒先に鉢を積むなり菊根分
鬼灯の花天地のはざまかな
緑濃し山に分け入るひとりかな
浜風のひたすら磨く干大根


 母の日     櫻井波穂(松の花)
母の日の口紅少し濃かりしか
母の日や不惑の息子の恥しげ
母の日や夕空に富士くつきりと
母の日や夜は雨垂れの音を聞き

 復興       櫻井了子(海鳥)
雁の列くずれ少子化進みおり
石碑の彫りの深さや春の泥
復興の槌音波音余寒かな
春光や休みを知らぬ自動ドア

 処方箋     佐竹和代(千種)
ラケットの素振り百回山笑ふ
微動だも無き炎天の風見鶏
汲み置きの水澄む厨パン焦がす
処方箋無き人生や縁小春

 緑雨       佐藤公子(松の花)
伽羅蕗の極太なるも甲斐の国
瑠璃蜥蜴るりの尾捨てて遁走す
万緑や遡り来し堰七つ
山峡の緑雨や白き花ばかり

 チューリップ    佐藤徳子(やつなみ)
橋渡る車の丸(まろ)む春近し
ほっこりと野菜売場のふきのたう
パンジーを黄色に揃え小気味よし
教室の唱歌流るるチューリップ

 春光      佐藤久子(千種)
小さくも形定まる木の芽かな
春光や石それぞれの彩を持つ
セピヤ色の父と語らふ啄木忌
梵鐘の余韻山越え春の海

 雨の午後     佐藤廣枝(海鳥)
黄沙ふるシルクロードの終着地
ものの芽の呼吸が見える雨の午後
最終回見終えし余韻春の雨
無風なり樹形ふくらむ里桜

 菊薫る      佐野友子(千種)
海彦に抱れ百夜菊薫る
かの世まで古酒の溢るる黒蛇蝎
?干され裏返るとき鬼の相
ハンカチの木の花一遊一予の閑

 春の雲     三幣芙佐子(阿夫利嶺)
春の雲付かず離れずてふ節度
疎は密に巻込まれゆく花いかだ
人波に流され巷に孤の凍てて
基地囲む鉄線幾重寒戻り

 帰心      鴫原さき子(あすか)
草笛の少年日暮をさそいけり
帰心とはほのぼの匂う豆ごはん
回想を横切っていくヨットの帆
一本の釘に止まりし夏帽子

 揚雲雀      芝岡友衛(阿夫利嶺)
ボタン押し降り立つ駅や揚雲雀
上り鮎水の喃語の堰越ゆる
初つばめ終なる土地に存へり
さねさしの春泥蓋ふ古畳

 砂時計      柴崎ゆき子(玄鳥)
風信子やさしきものに泣きぼくろ
春光をきらきら零す砂時計
鳥渡る山のホテルの吊りランプ
霧笛聞く最上階のレストラン


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ