俳話会珠玉集(29−2)



 句の神      折原清児(こころ俳句会)
歳末の人波人を流しけり    
句の神の降りてくるまで日向ぼこ
短日や茶房へ急ぐ火蛾のごとく
生きる力溜めんと寒のウォーキング

 雛の息      織本瑞子(水の会)
初明り小さきものに影を置き
着ぶくれて真心てふを見せられず
雛の櫃より雛の息母の息
たとふれば独りの祭り梅漬くる

 春隣      加賀田せん翆(海光)
顔ぶれがゆっくりそろう小正月
男振り上げて大きなやっこ凧
春満月やっぱり母はその中に
生きるもの皆上を向く春隣

 寒夕焼      加賀谷巳左男(無所属)
青空をなお磨く風大晦日
白息の向き同じ向きバスを待つ
黒富士の後支える寒夕焼
悲報くる日暮れ間近かの残雪光

 春障子      香川公子(谺)
昼からのとろんとろとろ春障子
ママサングラスベビーカーの子サングラス
陶芸展秋刀魚のための皿を買ひ
目が覚めてまた目が覚めて夜の長し

 花の色      柏木晶子(新樹)
助手席に花束乗せて春疾風
花時や予約とれない料理店
桜島竜舌蘭の花咲けり
末っ子の遠くへ嫁ぐ菊日和

 放課後      梶原美邦(青芝)
おにぎりの転がりたがるあたたかさ
休日は私服になれるチューリップ
人生の放課後に入るさくら咲く
大黒柱艶百年の花冷えす

 瘤ひとつ     勝又民樹(新樹)
眠りたる山のホテルにモジリアニ
雪吊の松が不自由さうに立つ
白菜を剥いて一枚ごとの無垢
裸木にあるなめらかな瘤ひとつ

 毒茸      加藤房子(千種)
春の闇籠めてふくらむ弥生土器
夕立は直線こころまで濡るる
遺伝子の乱れに突と毒茸
鵙の贄ひごとに落つる吾が鱗


 エトランゼ   金澤一水(輪)
天空へ汽笛乾びぬ枯木立
下船する子らへ寄り添ひ冬?
着ぶくれてランドマークの人となる
日脚伸ぶ大桟橋のエトランゼ

 若力士      金井勝夫(雲)
初場所や小さき髷の若力士
念入りに髪結ひなほす女正月
秋天や朝一番の深呼吸
裸木に頬寄せ一礼老庭師

 縄とび      金子きよ(あすか)
縄文の遺跡晒され梅真白
青栗の毬やはらかき山雨かな
麦の秋自転車通学慣れるころ
縄とびや地球回している気分

 初詣      金子 嵩(蛮)
多言語が頭上飛び交う初詣
原始人新人類と初詣
歳徳神顔だけ出して引き返す
福詣貧乏神が仲間入り

 若水      金子光子(やつなみ)
梅固くかさなる絵馬のひろい読み
月影の松くろぐろと淑気満つ
若水を両手に包みしみじみと
千年の宮居隆隆頼朝忌

 新松子      金子八重子(玄鳥)
旧道にとどく波音新松子
山ざくら初老の駅長よく喋る
秋祭り会計報告して終る
寺井戸の亀の子たわし寒の入

 参賀      鹿又英一(蛮)
初凪や参賀の列を見晴るかす
皇宮にかかる雲なき二日かな
万歳の声の良し悪し初参賀
國や披講高らか初句会

 自立心      神野重子(千種)
雛飾る媼の紅の自立心
水を張る代田の粗き息遣ひ
曜変の銀河の底ひ眼冷ゆ
結縄の遺る離島や冬の虹

 冬の虹     鴨下沙知(あかざ)
さざ波の逆さ富士ある初茜
初明り球形の海蕩蕩と
遠ながめ思い掛けない冬の虹
元旦や腹にひと息病(やまい)針

 陽明門      川島維春(梛)
越後路の山風荒ぶ初冬かな
石蕗日和半ば干上がる池の水
香しき陽明門や初時雨
山門の提灯古ぶ年詰る

3


 皇帝ダリア    川島典虎(水明)
見上げてごらん皇帝ダリアと冬空と
丁寧なお辞儀ひとつに暮早し
冬夕焼庭木の瘤も景のうち
風あらば風に相和し冬の薔薇

 達磨市     川島由美子(海鳥)
吉報のその後知りたいラ・フランス
呼び声や丸い熱気の達磨市
花柄のエプロン鏡開きかな
障子貼るいつしか母の顔をして

 時間の裏     川名将義(銀化)
ぶらんこを降りて逢日の揺れのこる
山椒魚時間の裏へまはりけり
大花野屈めばこの世消えてなし
昭和から炭叩く音聞こえくる

 梅開く     川辺幸一(海鳥)
初富士を真正面に江戸の坂
猿の芸天神さまの梅開く
梅開く絵馬にハングルペルシャ文字
おみくじを見せ合っている日の溜り

 中身の見えるもの   菊池京子(新樹)
定年や中身の見える福袋
注連とるやカレーのかをり何処より
大胆な払ひのある字どんど焼き
鍬始軍手をはめて庭にをり

 梅が香      菊地智恵子(無所属)
和菓子めで侘助めでて薄茶かな
金堂の金を散らして寒雀
貫禄の寒満月の虚空かな
梅が香や黒く光りし犬の鼻

 甘噛みの猫    菊地春美(無所属)
人と会う古城の紅葉目印に
干し柿や夫の手を借り軒の下
甘噛みの猫に目覚める今朝の冬
吾も猫もまあるく丸く越年す

 遠野      木関偕楽(谺)
初鶏や遠野の里の明けそむる
どんど焼遠野の夜空焦がしをり
のつぺい汁座敷わらしの来てをりぬ
榾燃ゆる佳境の遠野物語

 生欠伸      北川素月(鬼)
下校の子傘逆さまに霰受く
長閑けしやどこかで噂曲りをり
無住寺の誰れが撞くやら鐘朧
春昼やカフカ読みつつ生欠伸


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ