俳話会珠玉集(29−1)



 夜長      宮澤千恵子(谺)
おほかたは水の重さの梨を剥く
水槽の金魚跳ねたる夜長かな
コスモスの橋を渡りてなほ続く
ひと眠りしてそれからの夜長かな

 梯子乗     大関 司(谺)
両足を空に踏んばり梯子乗
霜柱あらたに踏んで登校す
切株は腰掛けるもの鳥雲に
弁当を食べ遠足のほぼ終る

 冬木の芽     大関 洋(谺)
志を言葉にすれば冬木の芽
完膚無きまで凍瀧となりにけり
日向ぼこ忘れ上手が身について
切株に古りし年輪雪もよひ

 小さな秋     太田優子(海鳥)
涼新た満タンにして洗車して
こぼれ萩返信のペン走らない
夜半の風小さな秋の終りかな
にょっきりと聳ゆ寺塔や夕しぐれ

 千曲川     太田幸緒(無所属)
霽かす千曲の流れ春惜しむ
郭公や井戸の中にも谺せり
紅葉野や漆黒の汽車走りゆく
暗き空高き荒波鰤起こし

 天       太田良一(末黒野)
天空に隙間はあらず穴惑
瘋癲を気取り秋天旅鞄
ときどきは天伐るしぐさ松手入
天網や色なき風の通ひ窓

 姫辛夷     大塚和光(阿夫利嶺)
動かざる白雲酔芙蓉くれなゐ
縄文の時空雁が音寒しとや
初凪やわたなかの戦艦大和
姫辛夷原発汚染土集積所

 スカ線改称     大月桃流(山河)
鯨にも象にもなった雀の子
悲しみの友に黙って温酒注ぐ
スカ線を改称したい五月晴
しみ豆腐吊す軒先雪の舞う

 女郎花     大西昭舟(港)
亀鳴くや総中流も今は夢
老いてなほ未知の老あり新生姜
晩年の見えざるがよし女郎花
戦する国に戻りて秋出水

 風の形     大本 尚(あすか)
梅真白風になりたき日和かな
鈍色の空持ち上ぐるやまぼふし
すすき原風の形の移り行く
枯蓮の戦場絵図となる日暮

 時は秋     大輪靖宏(輪)
燕去り豪農土間を閉ざしけり
旅に倦み帰燕を見やる峠茶屋
星々よりこぼれ降り来る虫の声
京寂し月の路地ゆく下駄の音

 小六月     岡田史女(末黒野)
くつくつと煮込む??冬隣
木の実降る大地の鼓動蹠に
母の杖いまは汝が杖小六月
小春日のベンチにうつらうつらかな

 苔青し     岡山令子(つるみ俳句)
松七日ある弔いの急を知る
芽風透く墓碑浅彫りの「ありがとう」
山の神在す明暗苔青し
秋惜しむ露座の大佛伏し目なる

 初日出づ     小川玉泉(末黒野)
風待ちか導水橋のゆりかもめ
海原へ翼を拡げ初日出づ
曇れどもひばりの丘となりにけり
中庭へ初蝶ひかり撒いてをり


 柿紅葉     小川名みさ(風鈴)
立冬や通勤電車ひた走る
冬に入る力をこめる受領印
柿若葉日々追憶に浸るかな
足湯して耳目めざめる山紅葉

 オーロラ     荻野樹美(草樹)
着ぶくれの旅なり北緯六十度
眠らざるものの足跡山眠る
川波の形を残し結氷す
オーロラを待つや頭上の寒北斗

 日向ぼこ     奥村安代(あすか)
つつましき母の歳月火消壺
薪足して背中の寒き嬶座かな
この里の暮しが好きで日向ぼこ
山眠る羽根一枚の忘れ物

 北条五代     尾崎竹詩(無所属)
残る虫北条五代の夢の跡
早雲のふと過ぎりたる獣道
東(ひんがし)へみな東(ひんがし)へいわし雲
真っ白な時間と秋陽天守閣

 年迎ふ     尾崎よしゑ(千種)
見霽かす広ごる暁紅年迎ふ
桜咲く国に生れて永らへり
迎火や其の夜の夢に母の来し
生国は檜山杉山霧しぐれ

 立冬      尾澤慧璃(蛮)
ただいまの声に火を入れおでん鍋
半玉の風呂敷包み小六月
帰り来る子に冬空のにおいかな
立冬や誰のものでもなき浜辺

 烏瓜      小沢真弓(阿夫利嶺)
石蕗の花過ぎ去りし日の波音に
過去の恋と言へばそれまで烏瓜
翡翠の余韻に秋の澄み渡る
北颪縄文の壺炎を呼べり

 半夏生     小園葉舟(あざみ)
追悼文書けず木の芽の太りゆく
花の屑微分積分つもりゆく
今日の氣を今日使ひ切る半夏生
雨止んでどかりと重い夏が来る


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ