著作紹介2


森山節子句集『弓張月』……山本つぼみ


(27−4)

―母恋いと旅心―

退職して二十数年が過ぎた。その職場で働いていた人達との交流は、数年に一回集りをもつ程度になってしまったが、著者の森山さんとは俳句の縁で一ヶ月に二、三回会うことが出来る。国立相模原病院で産声をあげた「あふりね句会」以来のおつきあいである。
  百人一首八十路の母の手が飛べり
  文机求め六十路の初硯
初期のこれらの句には、研究検査科の白衣の森山さんのイメージからは少し離れた人間像が浮ぶ。
  智恵子の里光となりぬ春の雪
  万緑や眉毛きりりと英世の像
  四つ辻の四つの町名小雪舞ふ
旅の句に佳什がある。帯に「止まない探究心は西に東にと、彼女を旅に駆り立てる。そこで詠まれた一句一句が、生きて来た証である」と書いたが、何と言っても平成十六年、ふるさと新潟で中越地震に遭遇したことがあげられる。
  弓張月地震避難所への道狭し
平明な言葉ゆえに人の心に食い込む第一句集、題名は迷わず『弓張月』に。

横井法子句集『半夏生』……山本つぼみ


(27−4)

―硬質の抒情―

後日談になるが「阿夫利嶺」の句集出版特集号にご夫君の横井博氏は「今回の妻の『半夏生』上梓は、共通の高校恩師山本邦夫・つぼみご夫妻との出合いがなければなしえなかったものです」と過分の言葉を寄せられた。
   恙無き恩師を囲む夜の秋
   冬晴や祝ふ八十路の心意気(つぼみ主宰)
「横井法子さんとの出会いは、彼女が高校三年生の時にさかのぼる。句稿一読して今までの彼女とは少し違った女人像が浮き上った。垣間見せるユーモアや哀歓が年を重ねながら描かれ始めた」とプロフィールを帯に。
   原爆忌食はれし蝉の翅二枚     平成四年
   肚くくることもありしよ石蕗の花  平成七年
初期の作品については出来過ぎの感がある。薬剤師ひとりの薬局経営の合間を縫っての旅は、常に夫君と一緒という恵まれた旅中吟となる。
   オロロンの島を遥かに秋番屋    平成十七年
   最北の荒磯につらなる流れ昆布     〃
「静かな反戦姿勢と祖母としての横顔― 小沢真弓」まさしく言い得た批評である。
「半夏生身に極楽のあまり風」よりの句集名。

畑佳与句集『回流』……有馬五浪


(27^4)

著者は「京鹿子」同人、現代俳句協会神奈川県幹事、横浜俳話会会員。
句集の「あとがき」によれば、句集名の『回流』は、「回流」と名付けられた月三回のハガキによる俳句交流のことであるという。
ほんの数人での交流で俳句結社もまちまち、個性的で刺激をたくさんいただいているという。
句集には2007年から2014年までの作品364句が収められている。
句集全体として、自分の目でものを見て、分かりやすい自分の言葉で表現されている句集である。

  立春大吉電話かけてもみんな留守
  風花や両手ひらひら一輪車
  接木して嘘もうひとつ増やしけり
  亡き人の艶ばなしなど夏座敷
  白百合にすこし距離おき車椅子
  羽抜鶏とんだつもりの水たまり
  夕映えの雲の色なり次郎柿
  戸を閉めてちちろに闇を返しけり
  木の実落つ人待つ夜の耳聡し
  有刺鉄線の内はアメリカ星月

大輪靖宏著『なぜ芭蕉は至高の俳人なのか』……峯尾文世


(26-6)
 著者は上智大学名誉教授・文学博士。
 本書は俳句の起源を「五七五」の歌の発生にまでさかのぼり、そこから芭蕉、蕪村に至るまでの流れと芭蕉の句業が記されている。近世文学者という立場の著作に、学究的な難しい言葉をもって書かれているものと、敬遠されそうであるが、本著は決してそのようなことはない。誰にでもわかりやすい、優しい平明な言葉を以て、奥深い学究的な知識を余さず伝えてくれている。読者にとっては、非常に贅沢なものと言えよう。
 著者は、あとがきに俳句は「生き物」であり、常に「成長」しているものである、という。そうした俳句を作り続けていくには、芭蕉がいかに多くの試みを続けながら、俳句を発展・成長させていったかを理解することが、必要であるともいう。まさに、帯文に林望氏が記している〈温故知新〉である。
 巻末には本著内に登場した人物の年表や発句索引、作家索引が記されており、本著全体を把握しやすい工夫もなされている。
 俳句初心者に限らず、実作者として自身の俳句を発生・発展させていくための必読書である。

黒滝志麻子句集『夕牡丹』……庵原敏典


  白髪の母と座りて夕牡丹
 著者は平成元年「末黒野」入会、古宮三郷氏に師事、平成六年同人、平成二十一年同人会長。平成二十二年横浜俳句大会神奈川県知事賞受賞。
 『夕牡丹』は平成四年から二十二年迄の十九年間の二八八句から成っている。小川主宰の「序」によると、末黒野は伝統俳句を貫き、平明な表現をとり作者の思いを物に托して詠み上げることの実践であり、著者は末黒野の教えを身につけこれを実践されている。この句集は伝統俳句の真骨頂といえる。冒頭の夕牡丹の句は著者が俳句を始めて四年目に詠んだ句である。
  尖る山もたぬ故郷春田打
  雛の間へ家紋の暖簾くぐりけり
  こぼれくる朝の光や子馬立つ
  風ほどに雲は動かずほととぎす
  いつもゐるやうな顔して帰省の子
  家中の部屋を灯しぬ魂迎
  高からぬ山に囲まれ馬肥ゆる
  姨捨の風を集めて月の山
  たたきごばう叩いて飛ばす年の夜

椙山昭三句集『絲路片片』……伊藤 眠


 著者は「道標」同人。俳話会幹事。冒頭にシルクロードの美しい写真がある。本書は著者が訪れた中国やヨーロッパでの旅吟を基に、「中国」「沖縄」「スイス・ロシア」の三章で構成されており、最後に自ら発掘に同行したシベリアのマンモスを詠む。冒険好きな著者は、観光客が滅多に行く事のない場所を巡り、先々で歴史の重みに思いを馳せていった。
  凍つるゴビ夜は星空の斑も白き
  コーランの余韻が枯るる地を濡らし
  ちちろ虫「高粱(こうりゃん)一炊の夢」いまも
  甲骨文碑みなかたむきて寒星座
  天秤にゆるる鴨の目雨期つづき
  白梅の壕(ガマ)ふかぶかと冬日絶つ
  水牛の契れり露にまみれつつ
  芒照る摩文仁を隠す骨一本
  ゆらゆらと氷河に溺れ黒揚羽
  焚火の炎花びらとして火酒あおる
  マンモスの棘毛にからむ虎落笛
  あおい狐となりぼうぼうマンモス焼く
 単なる旅吟ではなく、俳人の感性で風土と人の営みを地球規模で展開した。歴史世界を巡礼する視点を俳句作品に生かすことによりユニークな第二句集となったが、著者は平成二十六年五月二十五日に永眠された。(合掌)


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ