著作紹介


深沢曉子句集『深祷』……山本一歩


 著者は「四季」「狩」「耀」を経て、現在「深吉野」主宰。この句集は平成十八年から八年間の三五七句を収めた第三句集である。「俳句に出会って以来四十年、俳句愛好家にしか過ぎない私ですが、俳句を通して多くを学び、導かれ、支えられ、今では生きがいにさえなっております。」とあとがきにある。
  櫨紅葉老ゆるにこころ追ひつけず
  雪吊の雁字搦めをうつくしく
  捨てるもの捨てし抽斗明易し
  待つといふことなき暮し木の實落つ
  突堤の魚籠の中まで小春かな
  切株のくれなゐほのと春の雨
  湯浴みする音の零るる十三夜
  たんぽぽの喝采のなか歩き初む
  よろこびをかたちにすればつくづくし
  しばらくは脱ぎし春着の渦の中
  一筋のほころびもなく瀧凍る
  さくらさくら月の雫となりて散る
 集中、共鳴句が多いが、これらの中では、二句目「雪吊の」の句、「雁字搦め」と言い切ったことの潔さが心に響く。また、六句目「切株の」の句、春雨の中でスポットライトを浴びたような切株の存在感が何より印象鮮明である。

野木桃花句集『けふの月』……大本 尚


 著者は昭和二十一年神奈川県生まれ。昭和四十一年「あすか」主宰名取思郷に師事。平成六年「あすか」主宰を継承。横浜俳話会参与、現代俳句協会会員、日本文藝家協会会員。本句集は、平成二十年から二十五年までの三〇〇句を収めた著者の第五句集である。
 やさしいイラストの表紙を開くと、一頁一句立、三句立、四句立など、頁ごとに句数が違う独創的な編集が印象的である。右に左に目を移すと限りなく物語が立ち上がってくる。一人の創作者として自分らしい表現に拘る著者の行き着いた自己表現方法が斬新である。また、どの句も、ありのままを見つめる心が読み手の胸に素直に入り、肩に力を入れずに読み進むことができる。しかも、一句一句の思いには、限りなく深いものがある。
  けふの日を畳んで了ふ花筵
  やはらかな夕べとなりぬ沈丁花
  虫すだく記憶の底のあをむまで
  無力かも知れぬ朝の髪洗ふ
  木枯や山に帰ると置手紙
 主宰を継承して二十年。あとがきに心境を「今日という日の出会いを大切にしていきたい」とある。重い歳月が、著者の生きざまを磨き、高みへと導いたと言える。

『松尾隆信句集』……櫻井波穂


 著者は昭和二十一年姫路生まれ。「松の花」主宰。本句集は松尾隆信第一句集から第七句集までの中から自選の四〇〇句を収めたものである。
 第一句集『雪溪』は〈月明の病棟もるるオルゴール〉より始まる。サナトリウムで療養していた十五歳の著者は俳句と出会い救われる。その後、健康を回復し〈高くはるかに雪溪光る二十代〉と詠い愛を得る。
 第二句集『滝』、第三句集『おにをこぜ』の時代は、公務員生活に終止符を打ち独立し、師と仰ぐ上田五千石の急逝による悲しみの中から一誌創刊を志した。

 〈白菊や一誌創刊告ぐるべし〉の硬質な句や〈人が生き返る映画や四月馬鹿〉の俳味ゆたかな句も見られ、多忙の生活から生まれた力満ちた作品が並ぶ。
 第四句集『菊白し』、第五句集『はりま』
〈はりまにははりまのくにのてまりうた〉の口誦性
 第六句集『松の花』、第七句集『美雪』
〈春隣美雪の名もてうまれけり〉の生命讃歌
上田五千石の「眼前直覚」の理念を受け継ぐと共に、「眼前微笑」「眼前挨拶」を創作の原点と位置づけて、幅広い作品を収録してある句集である。

石渡旬句集『松の花』……有馬五浪


 著者は「方円」主宰。句集『松の花』(二〇一三年一〇月刊)は第二句集である。
 著者は、「俳句は贈り物」の思いが強い。単なる受身を意味するものではなく、俳句を詠もうとする積極的な行動があって、納得のゆく句が得られるものと信じていると述べている。句集を読んでいると、こうした俳句に対する真摯な姿勢が伝わってくる。どの作品にも確かな描写による作風が感じられる句集である。

  紅葉断層潜むかも知れず
  手にしたる地図も祓はれ山開き
  喉飴を呉れて行きけり雪女
  包丁を研ぎ大年を締めくくる
  敷石を割つて走り根夏旺ん
  壺焼やどの席からも海が見え
  ごぼごぼと水が息する竹煮草
  落し文人なき道に拾ひけり
  早世の妻の小さな墓洗ふ
  代々の畑を受け継ぎ胡麻を刈る

川島典虎句集『花山葵』……有馬五浪


 著者は、「戸塚駅俳句会」「水明」「名瀬句会」に所属、現代俳句協会会員。
 句集『花山葵』は第一句集であり、三十余年の作品が収められている。
著者の山梨の郷里では山葵田を育てているという。清冽な水音と可憐な山葵の花、生まれ故郷の自然に満ちた暮らしが目に浮かんでくる。
 著者の自然をいとおしむ気持ち、家族に対する想いが詠み込まれている句集である。

  花冷えやゆっくり溶かす角砂糖
  軍艦の上を動かぬ春の雲
  ひと巡りしても鬼灯市の中
  白壁に影を躍らせ柿若葉
  地下足袋の泥乾きゆく三尺寝
  迎火の煙が先に家に入る
  一匹が秋の金魚となりにけり
  流燈の灯の帯となり点となり
  呼び合へば谺近づく花山葵

田村ひろじ著『列島南北・食と俳句』……堀江野茉莉


 田村ひろじ氏の北海道から沖縄までの旅の紀行文であり、折々の俳句と名所旧跡・宿・食事等、特に餅や菓子に造詣が深いのは言うまでもないが、読んで楽しく、おいしく、お腹のすく文章であります。お孫さんに「ジイチャンのものを読むとお腹がすく」と言われたので本にした、と後記にありますが、確かにそう思います。装幀は娘さん、写真は息子さん、校正をお孫さんが担当されたとあるから、ご家族のあたたかみも加わり、とても素晴らしい本だと思います。沖縄編では「ひろじ」から「博二」と変えておいでなのは、兄上様が宮古島で昭和十九年に戦病死されていることへの思いの深さから、軽々と俳号を使う気になれなかったのではないか、と勝手な推察をしております。
  空は聖域滑るごとくに鶴翔べば      ひろじ
  風にかがめば怒涛の高さ漁港雪       〃
  大きな貝焼けば流氷来るうわさ       〃
  片蔭や数珠きしませて陸奥言葉            〃
  ひまわりの丈に九月の空渇く               〃
  瀧遠し冬山を日が落ちるとき         〃
  離島への桟橋誰も汗ばむ荷          博二
  星の砂てのひらにつけ昼寝児よ        〃
  リーフの潮どこまで引いて迎え盆            〃

麻生明句集『かなぶん』……川島由美子


 著者は昭和二十一年福岡県生まれ。横浜市旭区在住。同人誌「海鳥」の同人会長。横浜俳話会副会長。神奈川現代俳句協会幹事。
 本句集は海鳥叢書の第三号、著者の第一句集。凡そ二十数年に及ぶ壮年から中高年にいたる三百六十八句が収録され読み応えがある。森田緑郎氏になる序の『発想のユニークさが集中に澎湃と気運の高まりを与えている』の通り、他に類を見ない内容の厚みと幅の広さを特徴としている。
 理知的な作品が並ぶ中に時折存在するナイーブな人間のやさしさのある作品に著者の人柄が滲み出ている。なおタイトルの『かなぶん』は著者があとがきで書いているように宮仕えの心境にかなぶんの音の響きが共振したことによるとのこと。

  白木蓮一人ひとりが喋り出す
  どこ押せばかくも桜の湧き出づる
  レモンの黄自分以外になれない黄
  春寒し脳波を細き線で見る
  代役を許さぬ声の青蛙
  水馬でも少しずつ流される
  食われても旅の途中の海鼠かな

猪股洋子随筆句集『東歌』……浜谷寛美


  あづまうた辿らむ尾根の風薫る

 著者は小枝秀穂女に師事、昭和六十三年「秀」創刊より編集に。平成十九年「秀」終刊。平成二十年「千種」創立(加藤房子代表)に関わり顧問として今日に至る。
 『東歌』は、俳句以前よりの『万葉集』の勉強を並行し東歌の世界を歩いてみようと、二年半にわたりその故地を調べ、古代に想いを馳せ旅をした。一首ごとその時空と自然を綴り、句を詠むという厖大な努力の結晶の随筆句集である。

  土肥の出づる湯・・・東歌よりの湯烟若葉谿
  真間の里・・・手児奈の影泛ぶや井戸の辺の淑気
  古河の渡り・・・葦焼の決まる渡良川古歌いづこ
  多摩川と横山・・・布晒す流れの今もとまり鮎
  君し踏みてば・・・千曲川瀬音引き込む冬の宿
  むさしのの歌・・・防人の尾根径の果てゐのこづち
  鎌倉山・・・鎌倉山の空ゆく軌道遅桜
  筑波嶺を仰いで・・・養花天筑波二峰は相寄らず
  さきたまの歌・・・冬夕焼古墳の魂魄浮遊どき
  御厨(御殿場)の里・・・山坂の化粧ひ懇ろ春の雪

 八十路を越え猶も弛まぬ探究に敬服するばかりである。

林節子句文集『雪笑窪』……浜谷寛美


  白鳥につかへ安曇野人遠目
  八面大王ゆかりの字の消えて雪
  蚕の眠り母の匂ひの実母散
  鮎落ちて岩肌尖る信濃かな

 著者の故郷は今は誰しもに知られる風光明媚な長野県安曇野である。その万葉をも訪ね句を詠み、折々の記を綴られた第二句文集である。平成十三年より二十四年までの句、平成七年より二十年までの折々の記の集録である。
 槍ヶ岳、常念岳を原風景に安曇野をこよなく愛し、登山山行は何時も郷愁の信濃へと還る。
 『雪笑窪』は同級結婚五十年の御主人に突然先立たれての尽きぬ思い、鎮魂とも相聞歌とも。三回忌に感謝の意を込めて決意の上梓である。
  寒椿ラストシーンは唐突に
  風に耳すませば朧「おーい・節」
  天降り来よ野風呂に霧の濃ゆき夜
  今日よりは一人の足跡雪笑窪

 著者は町田市在住。平成五年「秀」同人。終刊後平成二十年「千種」創刊より参加。副代表・編集員。

鈴木貞雄 句集『墨水』……伊藤 眠


 結社「若葉」の主宰をされている著者は俳話会会員ではないが、今年の大会にて御講演を賜る先生である。ご案内をかねて先ごろ上梓されたばかりの句集をご紹介したい。
 句集名『墨水』とは江戸っ子である著者にとって馴染み深い隅田川のことである。あとがきに「詩歌にとって大切な要素に〃懐かしさ〃があると思う。〃懐かしさ〃とは、限られた命であるがゆえに、万物を愛おしく思う気持に外ならない。」とある。とは言え一頁に四句が並ぶ『墨水』は九三六句を収め、集大成の風格を持つ第五句集となっているのである。
 また、生まれ育った地を懐かしむ作品だけでなく、旅吟も多い。各章のタイトルが「野馬追祭」「佃祭」「三社祭」「深川祭」と全て「祭」となっており、著者の郷愁を感じさせる。
     少女まだ乳房をしらず水遊び
     ちちろ鳴く銀座にいまも裏通り
     峰雲も座を占めにけり野馬祭
     満願の遍路の杖を拭ひけり
     鯛焼の尾鰭の焦げも名代なる
     歌がるた妣も小町と呼ばれたる
     野紺菊若狭は水の甘(うま)し国
     魂をあたためてゐる日向ぼこ
 『若葉』誌は今年二月に千号を発行した。富安風生、清崎敏郎と続く正統派の美は、読む者を心より寛がせてくれる。

川島由美子 句集『弾みをつけて』……麻生 明


 著者は昭和十七年大田区生まれ、現在川崎市中原区に住む。昭和六十年佐伯昭市主幹の『檣頭』に入会。平成四年檣頭新人賞、同八年檣頭賞。同十五年「ぽお」入会。同十七年季刊同人誌『海鳥』創刊に参加。神奈川現代俳句協会会員、横浜俳話会幹事。
 本句集は海鳥叢書の第二号、著者の第一句集。三十年の俳歴からすればむしろ遅すぎる感もあるがその分作品の充実度は高く読み応えがある。著者の明るい性格を反映して自然体で前向きの句が多いが決して平板、凡庸ではない。配された言葉の鮮度は高く造詣の過程を経たとみられる表現は時に挑戦的であり独創性に富む。伊藤眠になる序の『無意識に近いような集中力で作られた句は、フッと次元を超えるような跳躍を読者に感じさせる』は正鵠を射ている。横浜俳話会では俳句大会の事務局長として見事な運営手腕を発揮する実務派の側面も持つ。
  末黒野の端にこれまでの私
  十六夜のカーテン少し開けてあり
  たっぷりの一日があり柿の花
  秋の海体をからにして戻る
  梅開くいま確信の白である
  冬の日が昇るこれだけで充分

高尾峯人 句集『自然(じねん)』……大関 洋


 著者は昭和二十三年東京生まれ。昭和四十一年「風土」入会、石川桂郎に師事。五十一年桂郎逝去に伴い作句中断。平成九年「琅汗」入会、十二年より編集長、十七年退会。平成十九年「谺」入会。二十二年谺賞、みなとみらい俳句賞受賞。俳人協会会員。本句集は平成十年から二十三年までの三〇七句を収めた著者の第一句集。句集名の『自然』は特に意味はなく好きな言葉だとの事。
   涅槃図の外の赤子が泣いてをり
   あたたかや道をつついて靴を履く
   曲がるたび遅日の道の現るる
   糸蜻蛉とまりて舟の揺れてをり
   連れて来しまくなぎ妻に移りけり
 句集名の通り、まさしく自然流とも言うべく平明な言葉を自在に操り、物を見る目と発想の豊かさが一集を通して貫かれている。
  紐足して風呂敷結ぶ豊の秋
  太刀魚をぎらりと掴み買ひにけり
  硬さうな曹洞宗のくわりんの実
  大年の郵便受を拭いてをり
  寒柝の打ち手替りし音ならむ
 最後に益々のご健吟を希って筆を擱く。

渡辺時子句集『初鏡』……有馬五浪


 著者は「谺」同人。『初鏡』は第一句集である。渡辺時子さんにとって、昨年は、東日本大震災、愛する夫との別れ、母との別れと、大変な年であった。その悲しみの中で句集を纏められ出版できたことを心から喜んでいる。
『初鏡』は、肩肘を張らず、自然と解け合っている句集である。
  雪を恋ひ雪を疎んじゐて母郷
  雪降るや糶場に鮫のよこたはり
  林檎の香背中合はせの駅の椅子
  片方の耳火照りゐる花火の夜
  いつの間に夫の顔ある初鏡
 夫や母を詠った句に心温まるものを感じて止まない。

  秋蝶を連れて街頭無言劇
  水を打つ子を操つてゐるホース
  口論は苦手花野に出でゆかむ
  良妻にほど遠けれど手の荒れて
  仁丹のこぼれ散つたる年の暮

 日常を新しい切口で活き活きと捉える目が確かであり、著者の穏やかで優しい人柄が現れている句集である。

渡辺順子句集『このくに』 ……伊藤 眠


 著者は平成十一年「風鈴」に入会され十九年からは「好日」にて研鑽を積まれた。その間、「風鈴」新人賞や「好日」青雲賞を受賞、現在は長峰竹芳主宰のもとで勉強される他、横浜俳話会・現代俳句協会会員として活躍されている。本書は昨年秋までの作品を収録した第一句集である。
  ゆくりなく田螺に出会ふ近江かな
  腰越や沙汰待つやうに夕桜
  待春の顔が砲台跡にあり
  東国のかぎろひ見んと初鴉
  ヴェネツィアの迷路さまよふ水の秋
  このくにの米食ふひとり水温む
  地球上の椅子を並べる広島忌
  浮いてこい創意工夫の君ならば
  底紅や一期一会を瞬かず
 旅吟や本歌取り、歴史への独自の視点など創作の多彩さが目を引く。しかし、著者の詩心に触れたものをそのまま句に載せてしまうような事はなく、一つ一つの素材にじっくりと向き合われた上での作句がなされている。
「あとがき」に、本書の製作に当られたご主人が完成前に他界されたとあるが、喪失感と共に悲しみを昇華された作品に著者の俳句への思いが感じられて心打たれる。

『大輪靖宏句集』……井上泰至


 著者は昭和十一年生まれ。平成十一年に「上智句会」を、平成十五年に「輪」の句会を組織。現在、上智大学名誉教授。日本伝統俳句協会副会長、国際俳句交流協会常務理事、「慶大俳句丘の会」会長、横浜俳話会顧問。
 本句集は、著者の第三句集。二〇〇七年から五年間の句を収めたもので、タイトルはあくまで日本伝統俳句協会の新叢書シリーズの統一された形に添ったもので、集大成というわけではない。「風神の恋」(春)・「光より風へ」(夏)・「魔女の飛ぶ夜」(秋)・「地球の肌触り」(冬)・「クリムトの金」(新年)・「恐竜の骨」(春)・「透明という色」(夏)・「長寿の村」(秋)・「?馬の冬」(冬)の章から構成され、季題別でも制作順でもなく、柔軟な構成をとっている。
 跋文にもあるとおり、古典に造詣の深い著者が、今を普通日常の言葉で詠んでいきたいというのが著者の姿勢である。その力みのない挑戦を玩味したい句集である。
  ファラオの金クリムトの金初日の出
  蛇穴を出ればいまだに不況なり
  人類は黴なり地球侵しゆく
  天高し街まで二里の長寿村
  おやこんな小さな川に浮寝鳥

阿部佑介句集『朴の花』……大関 洋


 著者は昭和十八年栃木県生まれ。厚木市在住。「火焔」代表として活躍しておられる。本著は『山衣』『青峠』に次ぐ第三句集で、平成十七年より二十二年までの三四八句が収められている。
  白木蓮みんなしやべつてしまひさう
  まだ人の息のかからぬ白牡丹
  聞き耳を立てると啼かず青葉木菟
  国道の先頭走るコンバイン
  切れ味をためして買ひし新走
 平明な言葉の中に、発想が豊かで表現の自在さがあり句集全体を通して明るさが感じられる。又、思わずにやっとしてしまうような俳諧味も横溢している。
  新緑や掬へば消ゆる水の色
  曼珠沙華臨界点に達しけり
  稲刈りて風の見えなくなりにけり
  掘りごたつ時々この世遠くなる
  年の瀬や空飛べさうな箒買ふ

 あとがきに『山衣』でホップ、『青峠』でステップ、本句集でジャンプしたのか疑問であると言っているが、見事にジャンプの着地が決まったのではないか。

川辺幸一句集『海鳥』……麻生 明


 著者は昭和十六年世田谷生まれ、現在川崎市麻生区に住む。昭和四十五年佐伯昭市主幹の『檣頭』に創刊同人として参加。平成十七年季刊同人誌『海鳥』創刊、代表。
 神奈川現代俳句協会参与、横浜俳話会会員。
 本句集は川辺さんの第一句集。『海鳥』創刊号から二十八号までの二百八十句に『檣頭』他に発表した八十句を加えた三百六十句からなる。編年体を避けて四季ごとに章題を付し、全編が一つのレトリックを構成する形をとる。句は平明で韜晦の趣すらあるが、安易に通俗的なメタファを許容しない硬質の叙情が感じられる。
 一方で時代の流れを見据えた鮮度の高い作品も多い。豊富な古典文学の知識を背景にして師・佐伯昭一の説く『造型俳句論』を実践した示唆に富む句集である。
 四月より現代俳句協会ジュニア研修部部長を務めることになったと聞く。更に幅広い活躍が期待される。   
饒舌な柿の芽があり目が痒い
   葱坊主嫁を呼ぶのはこそばゆい
   青潮へジャズのリズムの雨がいく
   不確かな父の座ぬるきビール飲む
   原罪が赦されそうな螢の夜
   小春日のチョークは軽く指にあり

飯村寿美子句集『化楽天』……加賀谷巳左男


 著者は「あかざ」主宰。横浜俳話会参与。『化楽天』は『露の髪』『花いかだ』につぐ第三句集。昭和六十三年以降の三六七句を収めている。
句集名『化楽天』は、「ここに生まれたものは、自ら楽しい境遇を作り楽しみ…」とあとがきにある。「句材に向き合っているひと時が『楽』の刻である」という著者の作句信念に敬服する。
 その意に添って鑑賞すると、納得出来る句が随所にあり、その完成度も高いと見た。自然界に気持を委ね、どの作品も常に新しみに満ちている句を代表して
   外灯の視界のほかは虫浄土
   今生の秋蝉啼かせいる一樹
   いつまでも無垢ではをれず白牡丹
を揚げたい。また著者の思い入れを、選び抜いた言葉で濃く投影している句として注目したのは
   梅漬けてをんなの齢さびしくす
   イヤリング外し身を解く梅雨畳
   枯れ葉踏む犬の重さの音が添ひ
著者には句集のほかに『太白堂孤月と相模国』という著書もあることを記憶に留めたい。何時も控え目の優しい声で大切な事を語る著者は、私には眩しく見える。

井上泰至著『子規の内なる江戸』……伊藤 眠


 著者は現在、防衛大学校准教授・日本伝統俳句協会常務理事、そして横浜俳話会幹事としてご活躍中である。江戸時代の文学をご専門とされ、『雨月物語』の研究者としても名高い。また「上智句会」・「若葉」にて俳句の実作を積まれている。本書は、長年のご研究を基に『俳句』誌に連載された稿に加筆し一冊に纏められたものである。
 注目すべきは、正岡子規の俳句革新の根底に江戸時代二六〇年の蓄積があるとする視点である。子規は新しい文学を生み出すために江戸俳諧を学びそれを土台としたと論述した上で、時代背景や生い立ち、又いかに古典から学んでいったのかを具体的に明らかにしてゆくことで丁寧に論証している。
 子規は蕪村より、「に」止めから生まれる様々な効果や色彩語の中七使用などの句法を学んだ事を基にして己の俳句を創り上げていったという。また子規俳句の「写生」の構図をなすパターンを蕪村の作品から論考してゆく。その中には俳句の実作をしている我々にとって参考となる点が多々あり、子規の俳句革新への道程を審らかにすると同時に、読者に子規俳句を分解してより解り易く提示してくれる。
 序に「革新」のドラマが『子規の内なる「江戸」を知ってこそ、真にドラマチックなものであったことが知れる。』とあるように、新たな視点で描かれた文学史を飾る一書と言えよう。

武田B子句集『大花野』……吉田克己


 『大花野』は著者の第三句集で、平成十八年から二十二年までの三五六句が収められている。春夏秋冬に旅の句をまとめた一章を加えた五章からなるが、全般に旅で出遭った海や山、花や小動物などを詠んだ句が多い。
   若布刈舟待つ大釜を滾らせて
   一握りほどの島抱き春の海
   立冬の空を弾ませぽんぽん船
   岬山へ押すな押すなの寒怒涛
   乙字忌や目玉ギョロリと回遊魚
特に第五章は立山、駒ケ岳、紀伊、西表島の旅の句で、
   高原へ声登りつめ大花野
   万緑を一刀で絶つ那智の滝
   大干潟一歩に百の蟹走る
著者は音楽大学で二十数年に亘って教える傍ら、演奏活動を続けたピアニストであるが、「ピアノの演奏で納得出来る表現を掴むことと、俳句を詠む上で一瞬の意外性を掴むこととは、感覚の上では全く同じ」で、今では俳句を生き甲斐と感じ、生きる支えだと言う。その故か意外性に富んだ句が随所に見られる。旅を愛し俳句を愛する著者の、更なるご健吟をお祈りします。

山本一歩句集『神楽面』……有馬五浪


 作者は「谺」主宰、横浜俳話会会長。『神楽面』(二〇一一年一月刊)は第四句集である。一歩主宰の岩手の家を幾度か訪ねたことがある。家には権現様(獅子頭)が置かれ、神楽面がかけられていた。
捕はれてゐるとは知らず兜虫
天の川仰ぎ見るときみな若し
雲は天才でありどこまでも花野
田起しのあとをどきどきして通る
その頬の辺りが父似神楽面
一歩主宰は早池峰山の麓で育ち、大償神楽とともに暮らしてきた。一歩俳句には、田んぼと山々に囲まれたふるさとの自然が刻み込まれていると思う。
吊されてなほ外套にある力み
いきいきと屑と呼ばれし金魚かな
診察を待つ冬帽をまだ脱がず
声出してしまへば淋し冬の鵙
蝌蚪に脚出て鯨にはもうなれぬ
 新しい角度から切り取られた句にしっかりと季感が据えられ、抒情に充ちた一歩俳句の深まりを感じてやまない句集である。

佐藤信句集『春の炉』……山本つぼみ


 佐藤信さんとはずっと前からの知り合いである。私が国立病院に務めていた頃、「医療を良くする会」の会合で何回もお目にかかっている。『俳句人』の箱根吟行に参加したとき、はじめて佐藤さんが俳句を作って居られることを知った。奥さんと娘さんが雅楽の楽人であることを知ったのはずっと後になってからのこと。〈その奥に雅楽流れる春の闇〉など、まるでやわらかな笙の音にのって平安の姫君があらわれるかのようだ。
どの句も愛情をこめて詠んでいてうつくしい。ー帯文の中の辻桃子氏の言葉通り、やさしさの滲み出るような句が多い。集中己の信条を吐露する句もあって、そこには私の知っている信さんの素顔が表現されているようである。
   誰も来ぬ会議の時刻春の宵
   桑の芽や大山道は絹の道
   みな戦死徐州徐州と父の夏
   ゲートルと戦闘帽も夏の市
   長靴のみな新品や毛見の衆
   母一人住みて家古る春暖炉
   笛を聴き笙を聞きたる神無月
   虐殺を獄中死とは多喜二の忌

勝又民樹句集『簡』……大関 洋


   簡にして夕日こぼせり鴉の巣
本句集名は掲句より採られた。著者はあとがきに「簡明ということは俳句にも人生にも大切なことだと思う」と書いているが、まさに簡にして明なる佳什の詰まった句集である。
著者は昭和二十一年前橋市生れ。鎌倉市在住。平成十四年に「新樹」を創刊し十六年より主宰。本著は平成十一年より二十一年迄の十一年間の第二句集である。
   小流れに別の水音梅咲けり
   川は川に近づいてゆく麦の秋
   日は水にとどきはじめて破れ蓮
   ひとまはり小さくなつて山眠る
 これらの自然詠にも対象を見る目に簡明にして暖かさ優しさが感じられる。
   冬の蠅体重計に止まりたる
   帽子屋を出るとき別の冬帽子
   掬はれて影を失ふ金魚かな
   裸木になつてこれから何をする
抑制された俳諧味があり、ふっと頬が緩むようである。著者の誠実な人柄がよく出ている句と思われる。

神野重子句集『梨花の郷』……池田栄子


句集『梨花の郷』は神野重子さんの第一句集で、昭和五十四年より三十余年に亘る四九八句が集録されている。
あとがきにもあるように、横浜市の郊外の通称「富士塚」と呼ばれているこの地は、春になると一面白い梨の花に包まれる。そのような環境の中で子育て、ご両親の介護など妻として母として、日常生活をそつなく過ごされた主婦の歳月である。
   野火打ちて髪の先まで火の匂ふ
   相模野や闇の深きに灯る梨花
   梨花明り酔余の夫の道しるべ
   義父母との同居間近や夕立雲
   をさな児の鬼に捕まり温かし
   間口小さきこの店が佳し柏餅
   東光庵の古図の賑はひ花芒
   山庫人形をんな追ひ行く月の路地
   梅林の逢魔が時の白さかな
「蘭」「秀」「千種」と共に歩んで来た三十余年。振り返れば初学の頃の吟行句が懐かしく思い浮かぶ。家族愛、郷土愛、誠実な人柄はそのまま句の随所に反映され、読後はほのぼのとした雰囲気に包み込まれる。

藤田昭句集『麦の旋律』……衣川次郎


  夏河や昭和ゆつくり流れ去る
  進むしかなかつた世代雲の峰
 昭和二年、朝鮮に生まれ、幼年期・少年期を朝鮮と佐渡で過ごした昭氏。昭和一桁世代として昭和の戦前・戦後の厳しさと繁栄を生き抜いてきた。
  仕事から抜け出たやうな春の月
  種袋振れば遠くに波の音
  海も人もやさしき町や花菜漬
 普段は物静かな人柄であるが、その温かさには芯としての勁さがある。結核で清瀬療養所で過ごされた経験からだろうか、諦観から抜け出した達観の域が感じられる。〈良寛のごとき枯木に会ひにけり〉はその結晶である。
  春キャベツきざみて老いを明るくす
  ほろ酔ひと涼風だけでよい余生
  美しく老いて毛虫に好かれをり
 決して欲張らず、少々の俳味を効かせ、時には自虐的に、それでいていつも優しく…その人間性・人柄を隠すことなく表出されるのが昭氏である。〈夢追つてみるか酢牡蠣がうまいゆゑ〉この心意気で『生きている証』を詠み続けてほしい。

朝倉洋子句集『雨岳』……山本つぼみ


 句集名『雨岳』は阿夫利嶺の別称である。
  青麦の穂の三四本雨岳館
 相州大山(雨降山ともいう)のことで、この地に住む者にとって「ふるさとの山」であり、又、自由民権結社「湘南社」の社長であった山口左七郎の雅号でもあった。山口家は大山路の途中にあり、建物、敷地、その他の所蔵資料等を公開目的として雨岳文庫が設立されている。掲出の句は、その雨岳館吟行の折りの一句である。
 朝倉洋子氏の俳句開眼は比較的遅かった。御主人に先立たれて悲嘆の二年余、そこからの句会参加である。
 亡夫への尽きぬ思い、風光明媚なふるさと愛甲郡田代への望郷の念、旅先の風物に触れて得た喜びー最愛の夫を見送ったのちの「彩なき日々」から、俳句を杖に再生し、新たな歩みを始めた著者の第一句集である。
  彩なき日凌ぎて今日の秋桜
  ふるさとは薪の炎色の冬至かな
  父恋し歳神に新巻吊りしこと
  北山杉へ飛ぶかはらけや霧流る
  亡夫の時計リユツクにあをき桜島
  ねがふとは叶はぬことか春の虹

秋場久雄句集『河川』……伊藤 眠


「海光」主宰、横浜俳話会副会長としてご活躍中の秋場久雄氏の句集。昭和四十二年より昨年までの約四十年間の句業が凝縮されている。あとがきに『河川』とは「自らの来し方、生活、そして俳句の根幹を成すものであり人間形成のすべてである、という意味合いから名付けた」とあるが、その意を充分に納得させてくれる句集である。
産みてなお頬拭うなし濃紫陽花
木枯に胸貸し生きる小商い
藁に雪母に呼ばれているような
万緑の夜は夜叉なるものを抱く
秋晴れや鳶が借り切る日本海
太穂逝く星の芽吹きを逆しまに
甲冑の眼と蟷螂の睨み合う
望郷や湖の流星頻りにて
水仙や闇引き入るる社員寮
現実の人生が丹念に記録されていると同時に、その時々に作者の心に広がった夢幻とも言うべき世界が、無理なく一句中に展開されている。また「自序」で語られる独自の定型論にも学ぶべき事が多く、今後も数多の弟子のご指導に注力され、更なる大きな河川を拓かれる事を期待させる。

吉田克己句集草』……武田B子


句集『三味線草』は、「扉」編集長・吉田克己さんの第一句集で、作句開始以来十六年間の成果をまとめたものである。吉田さんは編集長としての重責を見事に果たし、主宰はじめ会員の皆さんの信頼も厚く、俳句に対しても真摯な姿勢で対象を凝視し、鋭い感性で一句一句を作り上げている。「扉」前主宰・土生重次師の「一読句意明解」を基本に、一見平明な表現ながら味わうほどに心に響く句集である。集中どの句も詩情に富んだ佳句ばかりである。
沈丁花の風が知らせる曲り角
   啓蟄や少しゆるめの釦穴
   ふらここや互ひ違ひに風を切る
   敬老日少し派手目のシャツが好き
   腕白の泣かぬ子が好き牛膝
   三味線草風の爪弾く日和かな
また、吉田さんは水彩画を趣味とし、この句集では八章に分けた各章の中扉に作品が配されている。俳句と併せてカラフルな絵に出合えるのも楽しい。
煤逃げや無口に描く裸婦の像
   薔薇を描く風の小径に陣をとり
これからの吉田さんの益々のご健吟、ご活躍を祈りたい。

山本つぼみ随筆集『望郷・依知』……小沢真弓


『望郷・依知』は著者の一九九一年から六年間の、すなわち五十九歳から六十四歳までの随筆集で、俳誌『阿夫利嶺』を主宰する以前に発行していた(私の手書きによる)『あふり句会報』に発表されたものの抜粋である。改めて読んで見て、一誌を起こす前の沸々としたエネルギーに驚いた。それはタビムシとなって退職後の時間を駆り立ててゆく。信州・気仙沼・秋田・北陸・佐渡・松山・北海道・伊豆・小倉・奈良・京都等。しかしその旅はいつも親しい人達との旅であり、誰かに会いに行く人肌の旅なのである。特に北海道「アカシア」の俳句仲間との交流は濃密。同時に今生きている世の中へも目は鋭い。特に医療の荒廃に対しては握った拳を振り上げるエネルギーは充分持っている作者で随筆集の幅は広い。
この本の底辺を貫くものは言うまでもなく望郷である。今はない「依知村」という村落共同体の中で貧しいながら育っていく少女が描かれている。戦争で兄を奪われた少女の未だに消えない心の傷も。そして望郷は、故郷出身の俳人飛鳥田?無公を追い始める。宣伝されていない作家を辿ってゆく難しさが終章の〈望郷の依知〉に故郷の風景と絡み合いながら描かれていて魅力的である。

根岸たけを句集『光陰』……椙山昭三


句集『光陰』は道標俳句会特別同人根岸たけをさんの先に刊行された『獅子座』に次ぐ第二句集である。この句集には亡き古沢太穂師の唱えられた「句は平明清新、叙情と生活感に富むこと」との教旨を充分に消化され、加えてたけをさんのなかで熟成された滋味を全巻にあふれさせている。又属す結社ののぞむ社会性に富んだ句も随所に掲げられている。また日ごろの生活と現社会の生むもろもろの事象を詠まれた句風のなかから、たけをさんのもつ真に豊かな詩情を汲むことが出来る。
  蟻さ迷う梵海太穂居士の墓
  着ぶくれて眠る蓑虫アフガンは
  一石路句碑に似合いの大根畑
  パンジーの黒い目ぬっとイラクの子
  頻尿のまた覚む未明開戦日
  梅雨晴間「まあ」と笑顔の車椅子
  どくだみを干す妻と老い戦忌む
『獅子座』刊行から十年、その経年にもかかわらずますます句の柔軟さと若々しい詩情が育まれ保たれている。
これからのたけをさんの尚一層の発展を祈りたい。
  月下美人侍らせて酌む傘寿かな


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ