吟行会


泉の森吟行会


横浜俳話会吟行会のご案内

日時   五月十一日(木) 十時受付(雨天決行)
場所   「泉の森」自然観察センター会議室
アクセス 神奈川県大和市上草柳一七二八番地
      п@046-264-6633
・相鉄線相模大塚駅北口より、徒歩十五分もしくは
コミュニティバス「やまとんGО」乗車七分で到着。
☆「やまとんGО」は相模大塚駅を三十分毎に発車。
相模大塚駅九時十五分発→九時二十二分泉の森着
〃    九時四十五分発→九時五十二分泉の森着
・小田急線・相鉄線大和駅北口より徒歩三十分
 
会費  千円 (昼食は各自館外にてお願いします)
投句  二句   
投句〆切 十二時
開始  十二時
講演  梶原美邦 副会長 (約三十分)
選句  出席者全員
終了  十六時      ※懇親会は未定

担当幹事 堀江野茉莉 (044-222-3673)

大塚歳勝土遺跡公園・都筑民家園吟行記……堀江野茉莉


 平成二十八年四月二十八日(木)春の終りを告げんばかりの甚だしい雨の中、「横浜俳話会 日帰り吟行会」が横浜市歴史博物館に於て行われました。こんな大変な天候の上、ゴールデンウィーク前日でもあり、参加者はきっと少ないだろうと予想はしておりましたが二十五名の参加。雨も小降りになり、皆さんてんでに「大塚歳勝土遺跡公園」・「都筑民家園」を散策し句作を楽しまれた様でした。
今回は予定していたもう一つの吟行地「正覚寺」・「茅ヶ崎城址」(センター南駅)の方までは御案内出来ずに残念でしたが、行かれた方は「とても良い所だった」と言って下さり、本当に申し訳ございませんでした。天気のせいにして勘弁してください。当日の句をご紹介させていただきます。賞は一位から三位まで、あと五十音順とさせていただきました。
ひと粒の緑雨をもらふ眼鏡かな    山本  一歩
脱ぎきれぬものをまとひて今年竹   谷口 ふみ子
古民家の深き廂や柿若葉       島 かづえ
家古りて白まだ若き藤の花      麻生   明
青竹につやつやと降る春の雨     有馬  五浪
古代の地に生れ平成の今年竹     石原  清澄
質朴な弥生住居や花は葉に      一宮  英典
環濠のムラ覚ましけり木の芽雨    井出  佳子
黴匂ふ竪穴住居東向く        大木  典子
春の雨鉛筆立てたやうな柵      大関   洋
春の闇籠めてふくらむ弥生土器    加藤  房子
竪穴住居一戸一戸の若葉冷え     神野  重子
雨滴せる蕾菖蒲に手をそえる     北村 とおる
筍流し遺跡の窪み溢れしむ      窪田 ますみ
学習の広場は遺跡百千鳥       桑原 千穂子
盛大に降られて春の終りかな     斉藤 加代子
千年を突き通さんと今年竹      須川  菜生
命みな還る大地や花は葉に      惣野  圭子
とりどりの傘が遺跡へ弥生尽     根本  朋子
遺跡廻り新入生に混じりをり     浜谷  寛美
弥生へのタイムトンネル新樹雨    松本  凉子
竹皮を脱ぎて翼のうまれたる     山本  一葉
春惜む出土の皿に紅ほのか      ??野 美和子
墳丘の暮春の雨に烟りをり      渡辺  時子
春泥やねずみ返しといふ柱      堀江 野茉莉

ことしから吟行会の担当になり、初めてのこと色々至らぬことばかりで、皆様に御迷惑、御不自由をおかけ致しました。御協力ご指導いただきましたこと、本当に有難うございました。心より感謝申し上げます。おかげ様で無事に終了出来ました。和やかな一日をありがとうございました。

横浜俳話会吟行記(松永記念館)……脇本公子


平成二十七年度の横浜排話会の吟行は五月二十八日、小田原の松永記念館で行われた。ここは小田原から箱根登山鉄道で一駅の箱根板橋駅から徒歩十分、という横浜からかなり遠方であるため皆さん来て下さるか、少し心配だった。しかし、三十八名という多くの参加があって、係一同ほっとした。
十時半の受付後、広い庭園を散策する。かつて電力王と呼ばれた松永安左ヱ門(耳庵)が収集した古美術品を公開するために建てた記念館と晩年を過ごした自宅(老欅荘)、移築した茶室、古代の石造物等が点在する。会館前の広い池には睡蓮が、その脇の池には菖蒲が見ごろである。裏山へ通じる坂道の麓には見事な大欅が若葉豊かに枝を広げ、緑蔭の小道には実梅が落ちている。句材は豊富だ。
又、旧東海道沿いにある蔵造り風の内野邸と醤油工場跡地見学の小ツアーが企画され、当地在住の朝倉洋子さんがガイドをして下さった。参加者は二十六人。明治三十六年に四千四百六十円という巨費で建てられた防火建築の知恵と内部の家具建具に見られる見事な職人技の数々に感心しきりだった。屋敷の裏手には三十年ほど前まで使われていたという醤油樽、圧縮機などもあり、興味深い遺構だった。
十二時半に投句を終え、一時句会開始。有馬五浪幹事長より井伏鱒二の五七五調の日本語を活かした訳詩について等の俳話があり、選句、披講に移った。 

―当日作品―
大欅緑風の楽吹きおろす       加藤房子
睡蓮の葉をころがって風の道     麻生 明
緑蔭の大きな石を覆ひけり      有馬五浪
緑蔭の石に座れば眠し眠し      大関 洋
新緑の中に少しはある不安      苗村みち代
木漏れ日や長居の椅子に蟻走る   根本朋子
落梅を手に散策の一歩かな      桑原千穂子
貰ひたる地図の一日かぜ薫る     梶原美邦
葉隠れに梅の実たわわ耳庵邸    勝俣 輝
穀蔵に醤油の残香風薫る      太田良一
梅落ちて礎石の窪に坐りをり     北村とおる
溝川に囲まれ醤油蔵涼し      堀江野茉莉
薫風を入れて明治の文庫蔵    朝倉洋子
新樹光陰に日向に耳庵邸     酒寄悦子
蹲に涼しき佛彫られをり       鈴木フミ子
薫風のするり潜りし躙り口      桐畑佳永
青梅のころころころと六地蔵     浜谷寛美
大欅はるか相模の海五月      川本邦子
緑蔭に巨木欅を背負ふ石      遠山和子
薫風や築地の塀は寂びみせて    庵原敏典
麹黴古色に残る醤油桶       窪田ますみ
梅の実のころころ仏笑ひ出す     寺井とし子
薫風や耳庵憩ひし縁座敷      神野重子
青梅の転がる坂や老欅荘      一宮英典
睡蓮や人見て空みて欠伸して    池田恵美子
願ふなら酒に漬からむ実梅かな    佐竹和代
白昼へ鬱を出でたる未草       阿部天気
小さき輪のワルツのダンス水馬    清水多加子
蜘蛛の糸九重の塔を搦めをり    浅治さつき
醤油屋の本家は酒屋青葉光    土生依子
招かれて引き寄せられて夏座敷   山本みよ子
囀りや耳庵の自筆のびやかに     松本凉子
きっぱりと夏の来ている大欅     脇本公子

―当日高得点句―
一位 青葉影関守石の黙を解く    大木典子
二位 この町はどこも水音ユッカ咲く  谷口ふみ子
三位 体内の水がこぽりと木下闇   野木桃花
四位 緑蔭に忘れ去られしごとくゐる  山本一歩
五位 万緑になじんでゐたる畳かな   山本一葉

 

佃島吟行記……松本凉子


 横浜俳話会の吟行は平成二十六年五月二十一日、佃島にて開催された。「佃島は懐かしい場所なのでもう一度行ってみたいが高齢でも大丈夫ですか」との問い合せが数件あり、大丈夫です安心してご参加下さいと約束していたのに、当日は朝からの大雨で本当に申し訳なく残念でした。
それでも、その風雨のなか二十九名の参加者には役員一同心より感謝しました。十時に受付のあと、幹事の椙山昭三さんの案内で、朱の欄干の佃小橋、舟溜りに沈む猪牙舟、戦災を免れた路地、住吉神社、鰹塚、佃煮屋など散策し、昼食もすませ会場入り。有馬五浪幹事長より現在の俳話会の事、今後の事などの俳話をうかがい、一時より句会が始まった。
様々な悪条件を乗り切りながらも名句が生まれ、先生方の切り口をかえた講評を頂き、実りある句会となった。二次会の月島もんじゃ焼は全員に近い参加を得て大盛況であった。お味は賛否両論ではあったが、一度は食べてみたかったと大賑わいであった。
吟行にはいろいろアクシデントが伴うが、それもみな俳句として楽しみながら、来年も元気で再会出来ることを約束して散会となった。

★当日作品★
走り梅雨佃小橋を二度渡り         山本一歩
万緑や奥を灯して佃煮屋          谷口ふみ子
茉莉花の路地を匂はす雨なりし       有馬五浪
銀杏新樹雨あし隠し地蔵尊          椙山昭三
五月雨るる幾百の謎秘めし小路       野木桃花
銀杏茂りこの路地守りきる構へ       堀江野茉莉
針槐川に遅速のなき流れ           相川玖美子
かたつむり喜びそうな日となりぬ       加賀田せん翠
先頭の笑ひちぎるる青嵐            梶原美邦
その昔目高棲む川つくだ煮屋           浜谷寛美
さみだれや本家元祖の佃煮屋        太田良一
十薬や浪除稲荷のさざれ石          神野重子
江戸情緒伝へる町の緑雨かな         藤井元基
船溜り高層棟へ走り梅雨           桐畑佳永
路地裏に昭和が残る薄暑かな         鈴木 彪
青葦や佃の川の船溜り             窪田ますみ
青葉雨しとど不動の鰹塚           桑原千穂子
青梅や転がる先の鰹塚               苗村 みち代
走り梅雨佃の路地へ傘つぼめ           根本朋子
露地露地の昔話や走梅雨            油井恭子
店の娘の夏を色どるもんじゃ焼         加藤和夫
傘かしげ路地通り抜く青葉雨        金子きよ
つつじ落つ佃地下鉄工事中          阿部和己
大川を上る艀や青葉潮             一宮英典
卯の花や此れよりは海江戸灯台      山本みよ子
歳月はしょうゆの匂い走り梅雨       金子弓湖
路地ひとつ違へて出会ふ青蜥蜴       大木典子
走り梅雨佃小橋を小走りに          脇本公子
五月雨や傘傾げをり路地歩き        松本凉子

☆当日高得点者☆
一位   歳月はしょうゆの匂い走り梅雨    金子弓湖
二位   青葦や佃の川の舟溜り          窪田 ますみ
三位   青葉潮しとど不動の鰹塚       桑原千穂子



横浜関内周辺吟行記……脇本公子


(25年・No4)
 横浜俳話会春の吟行会は五月二十四日(金)横浜市関内周辺(横浜公園、キング・クイーン・ジャックの塔、象の鼻パーク等)を吟行地として開催された。
 当日は文字通りの五月晴れの眩しい晴天。句会場の横浜YWCAの玄関前には定刻の十時を待たずに参加者が集り、受付の後、思い思いの方向に散って行った。この辺りは横浜の中心地。ほとんどの人には見慣れた場所といえるだろうが、それでも青葉の輝く五月の青空の下では又新しい発見があるはず。十二時半の投句時間を楽しみに皆さんを見送った。
 参加者は三十七人。昨年には及ばなかったが、まずまずの参加を得てほっとする。かなり遠方からお出での方もあり、皆さんには横浜の古いところ、新しいところ、充分に楽しんでいただけたと思う。一時十五分投句〆切。YWCAの二階で句会が始まった。

☆当日作品(受付順)☆
広田 輝子  海よりの涼しさ通す大通り
北村とおる   縣廰と云ふ建物へ若葉風
吉居 珪子   三塔容れ銀杏大樹の緑蔭に
鈴木  彪    大正も明治も似合う街の初夏
中村重次郎    開港の安政遙か卯波寄す
桐畑 佳永   夏落葉水琴窟の手水鉢
金子 弓湖   キャンディーの棒もち歩く暑さかな
清水 瑛子   公園の立木の繁り夏は来ぬ
石坂 晴夫   緑蔭や三塔望む並木路
守屋 典子   階上窓あけて五月の裁判所
池田恵美子   南海風うけてすつくとジャックの塔
山本つぼみ   潮風や「くじらのせなか」行く日傘
尾崎 竹詩   充電するベンチが欲しい木下闇
渡辺 照子   白靴が鳩と話してをりにけり
白石 文男   海からの五月の匂ひ港町
麻生  明   噴水のついに届かぬ空の青
浜谷 寛美   薫風や小さき水輪の亀の首
松山  馨   新緑に心映して詩合せ
山本 一歩   青芝の匂へり海の匂へりき
川名 将義   くらげ浮くいつか死ぬ身の傘ひろげ
山本みよ子   大さん橋の先端にゐて夏の空
根本 朋子   万緑や風の匂いに潮の香
林  満子   海の色空より濃くて五月晴
脇本 公子   白シャツのあふれていたるスタジアム
穴水よね子   緑蔭や少女ひとりの手弁当
一宮 英典   汽車道のレールの錆や青葉潮
神野 重子   夏つばめ玄武・朱雀の門潜る
大関  洋    横浜の汽笛に育ち薔薇真紅
相川玖美子      レプリカのごとく亀いる樟青葉
松本 凉子    会えばすぐ日傘の中の内緒ごと
谷口ふみ子     教会の鐘が五月の空拡げ
鴫原さき子    すれ違う鎖骨は白し街薄暑
浅治さつき      発祥の碑巡る若葉風
大木 典子      風薫る今年元気なスタジアム
桑原千穂子     見はるかす港のみらい新樹光
加賀田せん翠    ジャックの塔確かめている夏帽子
野木 桃花   初夏の海を見たくて観覧車

☆当日高得点者☆
一位 九点 川名 将義   二位 七点 谷口ふみ子
三位 六点 林 満子    四位 五点 山本つぼみ
五位 五点 大関 洋


 私共が係りとなりましてから、津久井浜、野毛動物園、総持寺、関内と四回の吟行会を行うことができました。各回、それぞれに楽しんでいただけたこと、うれしく思っております。早くも来年はどこがいいか、思いを巡らしています。次回も元気でお会いできますように。

大本山 總持寺吟行……松本凉子


 横浜俳話会春の吟行会は四月二十七日(金)横浜市鶴見区にある、曹洞宗大本山總持寺にて開催された。
 鶴見といえば京浜工業地帯と言われるが、ここ鶴見ヶ丘の十五万坪の總持寺は千年の緑の森といわれ、昨日からの雨に青葉若葉が都会のオアシスとなり広がっていた。境内には三千人が座れる大本堂、数万坪の墓地、数多の雲水の修行で磨き込まれた百間廊下が輝きを放っていた。三門での受付け時間、十時近くにJR京浜東北線の事故の連絡が入り、果たしてどうなることやらと心配したが…。
 俳人は雨や事故など物ともせず四十五人の受付が終わった。寺院の内部を拝観するグループと、俳優、石原裕次郎氏の墓参グループに分かれ、各々連れ立って吟行し、食事も終え、一時から嘱目三句でこの句会が行われた。

☆当日作品(受付順)
禅刹の新樹に栄えし勅使門     藤井元基
三門も仰ぐ新樹も雨の中       斉藤ふさ子
春愁の観音菩薩雨に立つ       金澤正将
町騒を隔つ三門木の芽雨       北村とおる
未央柳ほろりほろりの墓碑の裏    椙山昭三
鶴見ヶ丘の七堂伽藍若葉雨     神野重子
座布並ぶ大僧堂や青葉雨      吉居珪子
惜春や案内の僧の頭にも       広田輝子
春風を袋に溜めし大黒天       桐畑佳永
その墓はビールと酒で洗いたし     鈴木 彪
百年の僧堂淑と余花の雨       相馬詩美子
逍遥や樹々のさゆらぐ春の寺      石坂晴夫
菜種梅雨沙弥の案内の堂暗し    山本つぼみ
惜春や廊踏んで知る木のぬくみ    石黒興平
仏心のありあり見ゆる松の芯      谷口ふみ子
みほとけも吾も足裏の春湿り      金子弓湖
銀杏一樹百の囀弾けをり        岡田貞子
総持寺は大黒様と草若葉        松山山登
三門に映えを競いし楠若葉       草野喜雄
春落葉修行を語る長廊下       豊田英臣
鐘ひとつひびけり春を惜しめとや    山本一歩
花の雨というて些か強かりし      山本一葉
大黒天へ陸奥献米春の闇      加藤房子
座布一つ持ちて入山花の雨     緑川みどり
春セーター雨はだんだん強くなり   山本みよ子
春落葉雨に濡れれば輝きて     渥美 文
大寺の参道長し春落葉       浅治さつき
大御堂桜蘂降るにはたづみ     大本 尚
結界に雨降りしきる松の花      渡辺時子
新緑の優柔不断の色が好き     堀江野茉莉
参道に桜しべ降る雨の降る      大関 洋
葉桜や金紋著き勅使門        阿部和子
寝て半畳起きて半畳若葉冷え    穴水よね子
先導の白足袋凛と青葉冷      加藤恵子
大屋根の反り煙らせて春の雨    根本朋子
百畳に百畳の闇春逝かす      塚田佳都子
惜しみなく楠の大樹の春落葉    桑原千穂子
千筋なす春雨樟の匂ふ寺      野木桃花
雨音の明るき春のエピローグ     白石文男
学僧の袂が拾ふ春の風        中村重次郎
緑雨来て大国主に会ひにけり     林 満子
花は葉に雨足強き仁王門       大木典子
春の寺けふまでの分懺悔して     渡辺照子
惜春の大講堂に僧一人        脇本公子
楠若葉雨もゆたけし禅の寺      松本凉子

 總持寺の總持とは「ご祈祷があらたか」という意味だそうです。一年間健康で吟行が出来ますように、神仏のご加護がありますように、役員一同心より祈念致しております。次回も元気でお会いしましょう!

野毛山吟行記……松本凉子


横浜俳話会の日帰り吟行は六月十日、野毛山動物園にて実施された。梅雨の時期と金曜日ということもあり、あまりの人出は無いものと考えていたが、子連れの親子、小学生の団体が二組程あり、それに我々のグループと、なかなかの賑わいであった。人は人生で何度位、動物園に足を運ぶものだろうか、俳句を通して、晩年幾度も通う自分の人生を不思議に思いつつ歩いてみた。三々五々吟行し、十二時出句締切、投句三句である。
☆当日作品(順不同)
夢を喰む麒麟の舌へ新樹光   谷口 ふみ子
薫風や我にたてがみ有るならば  大関   洋
千里駆く夢捨て駝鳥羽抜鳥     山本 つぼみ
黒南風を嗅ぎし駱駝の老い深し   加藤  房子
炎昼やごつごつ乾くらくだの背    野木  桃花
身を隠すとかげは彩を目に散らし  椙山  昭三
若葉食むキリンの親の長い舌    大本   尚
爪あるを忘れ猛獣園若葉     川島  典虎
すり足で歩く六月爬虫館   内藤 ちよみ
夏蝶のすんなり入る虎の檻   清水  瑛子
一枚の梅雨空使ふ白孔雀  伊藤  久生
園薄暑風鴇色にフラミンゴ   伊藤  方惠
初夏の園コンドル雄々しく羽搏けり  大林  もこ
頬杖のチンパンジーや薄暑光   國吉 ひろ子
百寿なるラクダに敬意風薫る   桑原 千穂子
門くぐり記憶をたどる夏帽子   根本  朋子
風薫るキリンの親子食事中   加藤  和夫
空っぽの獣舎を抜ける夏の風   田近  栄一
レース着てプリマとなりぬ孔雀かな  中山 佳代子
爬虫類館息つめて過ぐ溽暑かな   岡田  史女
猛獣の檻に入りたる夏の蝶   猪俣   孜
現世も鳥獣戯画や半夏生   浜谷  寛美
化石かとふたこぶらくだ合歓の花   北村 とおる
麒麟の首空に伸びきり緑さす   中村 重次郎
コンドルに異国の空の若葉風   金澤  正将
夏霞キリンの首は港向き    横田  正江
葉桜や尻から見えてくるキリン   麻生   明
木の股でレッサーパンダ三尺寝   劔物  劔二
万緑を飲込み獅子の大欠伸   石坂  晴夫
ふうわりと暑を拡げたる孔雀かな   川名  将義
六月の風を広げて孔雀の歩    西村  弘子
腕組みしチンパンジーや梅雨晴間  浅治 さつき
網を越す網目キリンの首青葉    相川 玖美子
野毛坂の汗ライオンに会うために   加賀田せん翠
時の日の日向溜りのフラミンゴ   小林  鱒一
丸々と獅子のふぐりや大昼寝    堀江 野茉莉
たかだかに人は百年楠若葉    鴫原 さき子
炎帝の尻だこ赤きマントヒヒ    鈴石  紫苑
眠るしかないライオンの大昼寝   塚田佳都子
 百獣の王の退屈梅雨晴れ間     大木 典子
コンドルの翼風生む梅雨晴間    脇本 公子
良く歩き良く見て汗の光りけり      松本 凉子
参加者は四十二名。全員に参加賞、一位から十八位まで賞品が渡された。谷口ふみ子副会長、大関洋幹事長はじめ、幹事の人達の懇切丁寧な講評がはじまり、新しい知識と博学に豊かな時間が広がって行った。一年に一度様々な結社の人達がお互いに胸を開いて、自由に学び合うという、貴重な一日であった。来年もまた元気で参加することを約束しつつ、雨の落ちて来ぬ間の散会であった。
☆当日高得点者
一位  万緑を飲込み獅子の大欠伸    石坂 晴夫
二位  炎昼やごつごつ乾くらくだの背  野木 桃花
三位  百獣の王の退屈梅雨晴れ間    大木 典子

津久井浜吟行記……松本凉子


横浜俳話会の日帰り吟行は、五月十七日(月)三浦半島津久井浜周辺にて実施された。
どの径を歩いても青葉若葉が美しく、広大な畑台地は太陽をほしいままに野菜が育っていた。遠く青葉潮の海と句材には事欠かない。三々五々連れ立って吟行し、一時から嘱目三句ということで句会を行った。

   当日作品(順不同)
薫風と潮の香ぶつかり合うてゐる  山本一歩
南瓜まだ幼き目玉海から風  秋場久雄
憂さすべて五月の海へ捨てむとす  谷口ふみ子
大寺の鴟尾吹き抜ける五月風  鈴木紫苑
土の音南瓜の花の弾けたる  村上チヨ子
鳶鳴きて捨葉の多きキヤベツかな  福田洽子
基地近き市井に棕櫚の花太る  山本つぼみ
夏来る大きく育つトマトかな  太田富子
日焼せし地蔵の貝の袈裟ごろも  渡辺照子
畑台地ときに老鶯啼きつのる  北村とおる
地境は麦の穂つんと立つあたり  大木典子
風薫る貝の袈裟鳴る舟地蔵  劔物劔二
花南瓜眼下に海の広がりぬ  清水瑛子
花かぼちゃ空が広くて眩しくて  野木桃花
声澄めり蜜柑の花の香に染まり  加藤房子
まっすぐに黒船の海南風吹く  上田フサ子
青葉かな此処は海抜五メートル  山本みよ子
夏の海寿司は回ってをりにけり  山本一葉
畑道の一歩に初夏の音がする  伊藤久生
青葉潮貝も小石も透けてくる  桑原千恵子
蚕豆の産毛少女の匂いかな  根本朋子
山門の龍の骨相サングラス  加賀谷巳左男
つつじ掃く影絵のように寺男  椙山昭三
甘藍の渦のかがやく三崎晴  鴫原さき子
足跡を消しに来る波夏めきぬ  大関 洋
花南瓜浦賀水道点の船  神野重子
五月空貝殻纏う船地蔵   浅治さつき
土匂う三浦の台地薄暑光  大本 尚
三角形に対きあう岬夏若し  須田紅楓
卯木咲く貝の首輪の辻仏  小林鱒一
太古よりこの畑台地夏雲雀  松本凉子

参加者は三十一名。全員に参加賞、一位から十位までは賞品が渡された。年に一度、結社の違う人達が集まって各々の句を披露し合い楽しむ。表現は様々でも目指すところはひとつ。中々意義のある一日でした。また来年も元気で参加することを約束しつつ散会となった。


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ