偶数月句会


2016年12月


川島 由美子・報
十二月二十一日(水) 於・市民活動支援センター
    兼題「選」        参加者十六名(五十音順)

恰幅で選ばれ今年またサンタ    野草太
漂着のサンダル赤し冬鴎      麻生 明
中華街極彩色にしぐれけり     庵原敏典
富士遠く離れ冬至の夕日かな   一宮英典
船笛に船笛応へクリスマス      大関 洋
うりざねの顔を選びて羽子板市   尾澤慧璃
コンビニのおでんを選ぶ冬至かな  鹿又英一
百選の水と飲む酒年忘れ      川島由美子
十二月親父の髭がなくなる日    北村とおる
酒仙らの選びし地酒冬の旅     劔物劔二
着ぶくれて可燃と不燃選り分ける  坂  守
わが投句いつも選外年果てる    鍋島武彦
冬諾えりドアノブの静電気      蓮見勝朗
寄せ鍋は恋の話の途中から     浜谷寛美
選択はふたつにひとつ冬の鵙     堀江野茉莉
年用意黒豆のきず選り分ける    渡辺時子

2016年10月


川島由美子 ・報
十月十九日(水)  於 市民活動支援センター
   兼題「旗」     参加者十七名(五十音順)

ジャム壜に青き旗たつ文化の日     野草太
犬吠のまるき海境いわし雲       庵原敏典
秋天に張り渡したる万国旗       池田恵美子
バス停はどっちだったかすすきの野    宮英典
てにをはの一字入れ替へ秋惜しむ   大関 洋
鈴虫や灯りの下に点字本        尾澤慧璃
丹沢の水潜らせる新豆腐        鹿又英一
十三夜丸い袂の竹人形         川島由美子
紅葉狩水は谷へと行きたがり      北村とおる
菊人形六文銭の旗のもと        劔物劒二
残照や檸檬を灯す青果台       佐藤 久
万国旗対角線に秋澄みぬ       坂  守
鳥渡るしきりに零す日の雫       鍋島武彦
うしろより渋柿と声掛りけり       蓮見勝朗
秋祭空をなだめてゐたるかな      堀江野茉莉
大漁旗今は昔や秋刀魚食ぶ     吉居珪子
天高しガイドの旗について行く     渡辺時子

2016年8月


川島 由美子 ・報

八月十七日(水) 於・市民活動支援センター
 兼題「近」    参加者十五名(五十音順)

全力を爪に残して蝉の殻        野草太
ジャズ野外コンサート待つ蝉時雨    阿部清明
天草干す鄙の港の漁師老い      庵原敏典
恋までは至近距離なり涼新た     池田恵美子
両の手に買い物の荷や夕立雲    一宮英典
繭籠るやうに台風やり過ごす      大関 洋
近道のひとつは海へ秋薊        鹿又英一
水を打ち今日をきちんと締めくくる   川島由美子
王将に近づく桂馬夕涼み        劔物劒二
雪渓の消え行く処より銀河       佐藤 久
一っ風呂浴びて一気のビールかな    鍋島武彦
秋夕焼近ごろ聞かぬ神隠し       蓮見勝朗
八月のなむあみだぶつなみだ佛     堀江野茉莉
近寄ればかつて美男子水を打つ     吉居珪子
ご近所にもらふ秋刀魚の匂ひかな    渡辺時子

2016年6月


川島 由美子 ・報

六月十五日(水)  於 市民活動支援センター
   兼題「散」     参加者十五名(五十音順)

高飛車な選者の選評ところてん    野草太
建売の迫る畑地や麦の秋       庵原敏典
わが道を行くが王道かたつむり     宮英典
切れ味の鈍き包丁梅雨に入る    大関 洋
万緑を手押し車の歩ききる      尾澤慧璃
少年の嘘にころんとラムネ玉      鹿又英一
梅雨晴や水車の音へ息合わす    川島由美子
夏の蜂脚をたたんで朝の枝      北村とおる
気動車の臭ひのホーム梅雨に入る  坂 守
スケッチの人てんてんとあめんぼう    佐藤 久
腕白も真顔で並び山車を引く     苗村みち代
利根川の膨らんでゐる麦の秋     鍋島武彦
車前草の花踏まれても踏まれても   蓮見勝朗
風鈴の風を選りゐる夕べかな      浜谷寛美
梅雨晴やひときは高き発車ベル     渡辺時子

2016年4月


川島 由美子 ・報
四月二十日(水)        於 市民活動支援センター
兼題「散」             参加者十五名(五十音順)

散骨は海へと決めて蛸の飯        野草太
春潮を蹴立ててシーバス駈けて来る    庵原敏典
山頂のトイレに列や山笑ふ        一宮英典
三歳の子が猫の子の名付親        大関 洋
貝寄風やシール重なる旅鞄        尾澤慧璃
散髪の鏡に映る花疲れ          鹿又英一
持ち時間延びる気がする豆の花      川島由美子
古民家の池を縁取る雪柳         北村とおる
韻文も散文も駄目万愚節         劔物劒二
病室のカーテン薄し三月尽        坂  守
花の下皆んな七十七歳に         蓮見勝朗
クレーン車のくの字の増えて花は葉に   浜谷寛美
忘れゐしやうにひとひら花散り来     堀江野茉莉
散る花の軽きは海へ出でにけり      吉田善一
わすれな草十六歳の朝の空        渡辺時子

2016年2月


庵原 敏典・報
二月十七日(水)     於・市民活動支援センター
兼題「鳴」           参加者十六名(五十音順)

たらの芽やふつと闘志に似たるもの    麻生 明
着ぶくれて猪首三代まぎれなし     青野草太
風尖る熱海梅林三分咲         庵原 敏典
あたたかやそろそろ剃るか無精髭    一宮英典
料峭や鶯張りの長廊下         大関 洋
さざなみの洗う小石やあたたかし    尾澤慧璃
春光やボートの恋の揺れてゐる     鹿又英一
菜の花の色の濃くなる潮目かな     川島由美子
朝靄の野苑に鳴きし孕み鹿       北村とおる
恋猫の鳴きわめく闇救急車       劒物劒二
初天神ひとつ覚えし京言葉       坂 守
観覧車港に春の来りけり        蓮見勝朗
北窓を開けて寂しさ増しにけり     浜谷寛美
春の雷ひとつ鳴かせて犬逝けり     堀江野茉利
春一番雪駄鳴らして力士来る      吉田善一

2015年12月


庵原 敏典・報
十二月十六日(水)     於・市民活動支援センター
兼題「渦」           参加者十六名(五十音順)

呆けたる母が主役の年用意         青野草太
新妻の炎に触れし古日記           阿部天気
城跡の土塁の寂びや散紅葉          庵原敏典
日向ぼこする場へ盆栽移しけり       一宮英典
煤逃げが一番風呂を貰ひけり      大関 洋
湯上りの柚子の匂へる過食症      鹿又英一
冬紅葉時計のいらぬ宿にいる      川島由美子
仰向けに寝そべる熊の小春かな     北村とおる
過労死の記事一面に年の暮       劒物劒二
隣席に冷えしセーター坐りけり     坂  守
ままならぬ身過ぎ世過ぎや年の暮    鍋島武彦
寒昴過ぎし日は皆珠玉のごと      苗村みち代
黒板のランチメニューや時雨過ぐ    蓮見勝朗
硯海に過ぎたる水や冬の月       浜谷寛美
片付けて散らかして年惜しみけり    吉田善一
過不足の無かりし日記果てにけり    渡辺時子

2015年10月


庵原 敏典・報
十月二十一日(水)   於・市民活動支援センター
兼題「押」         参加者十五名(五十音順)

押し競饅頭昔はみんな洟垂れて     青野草太
野放途に小庭狭むる萩の花       庵原敏典
違ふ道教へ後追ふ秋の暮        一宮英典
蟷螂を怒らせてをり埒も無し      大関 洋
柿の昼隣の嫁はよく喋る                鹿又英一
秋ともし押鮨の具の光り出す             川島由美子
堤押す流れの力秋出水                   北村とおる
押しやられ主役は若手竹の春             劔物劔二
棒立ちのスナツプ写真秋澄みぬ           坂  守
押入れに母のへそくりちちろ鳴く         苗村みち代
上弦の月を押し上ぐ小路かな             浜谷寛美
本棚を出たがらぬ本秋深し               山本一歩
父と娘に押問答や夜の長し               山本みよ子
秋晴や絵具三色押しつぶす               吉田善一
爽やかや呼び鈴押せばすぐ応ふ           渡辺時子

2015年8月


劔物劔二・報
八月十九日(水) 於・市民活動支援センター
兼題「引く」    参加者十六名(五十音順)

引くドアを押して入りぬ敗戦忌    青野草太
梅雨滂沱水の柱の鎖樋       庵原敏典
弱そうなものから先に草を引く     一宮英典
台風の進路の三日先にゐる     大関 洋
水尾太く引くタンカーや終戦日    鹿又英一
百日紅女にもある腕っぷし      川島由美子
学習に戦車引せる甲虫        北村とおる
原ぺこの小三八月十五日       劔物劔二
次の世は亀もよいかと生身魂     坂 守
ペチャペチャと水飲む犬の原爆忌   苗村みち代
尾根道や霧の中から鈴の音     鍋島武彦
引く波の砂こそばゆき跣かな     蓮見勝朗
引力に逆らはずゐて秋暑し      浜谷寛美
盆過ぎの提灯ともされぬまゝに    堀江野茉莉
唐突に声ふりしぼる秋の蝉      吉田善一
椅子を引く音の重なる休暇明    渡辺時子

2015年6月


劔物劔二・報
   六月十七日(水) 於・市民活動支援センター
   兼題「人」    参加者18名(五十音順)

道草を叱りつつ突くところてん     青野草太
泰山木咲くや四方を睥睨し       庵原敏典
夏草や山頂間近の遭難碑        一宮英典
蟻地獄人声ばかり通り過ぐ       大関 洋
夕立あと人がやさしくなつてゐる    鹿又英一
風が生まれる千本の芥子坊主      川島由美子
羅を豊かにつけて時差出勤       北村とおる
人見知りせざる笑顔やさくらんぼ    劔物劔二
植田風一つ家に住む馬と人       坂 守
子燕や飛ぶ子飛ばぬ子飛べない子    苗村みち代
時の日や思はず知らず急ぎ足      鍋島武彦
郭公や出羽三山の鳥瞰図        蓮見勝朗
紫陽花の?より多し人の垣       浜谷寛美
子の手足散らばり放題夏座敷      堀江野茉莉
夕焼が好きで西日は嫌ひなる      山本一歩
薄暑かな人体模型動きさう       山本みよ子
夏季大学将棋名人口ごもる       吉田善一
灯点せば光となりてめだか散る     渡辺時子

2015年4月


劔物 劔二・報
四月十五日(水)   於・市民活動支援センター
  兼題「地」       参加者十六名(五十音順)

夜桜や仄と屋台のうすあかり     庵原敏典
初夏の手づかみで盛る生野菜     青野草太
入学やどの児も夢のある名前     一宮英典
つばめ来る知らぬ人住む本籍地    大関 洋
ままごとの椀を零るる春の水     鹿又英一
春暁や海の重さの地引網       川島由美子
春寒や地球一周遅れがち       北村とおる
食前に先づ千切りの春キャベツ    劔物劔二
春灯や裏町かつて映画街       坂  守
花の酒染むる地の味人の味      鍋島武彦
遠足の前と後ろに女子教師      蓮見勝朗
地均しの跡に怖づ怖づ地虫出づ    浜谷寛美
地を曳かれ来て御柱神となる     堀江野茉莉
春惜しみけりたつぷりと食べてから  山本一歩
花吹雪地蔵に金平糖一つ       山本みよ子
水辺から春たけなはとなりにけり   渡辺時子

2015年2月


劔物 劔二・報
二月十八日(水)   於・市民活動支援センター
      兼題「空」       参加者十六名(五十音順)

まんさくのひとり勝なる雑木山      庵原敏典
春帽子浅く冠りて待合す        一宮英典
空よりも海の明るく二月来る      大関 洋
春暁や馬を曳きたる調教師       鹿又英一
さびしさに空の泣き出す遍路笠     川名将義
空海の山ゆつくりと春になる      川島由美子
空の碧気を置き去りに暦ゆく      北村とおる
ふつくらと白き真空餅膨む       劔物劔二
春陰の空家いくつか坂の町       坂 守
風を呑み夜を踊りぬどんどの火     鍋島武彦
春ショール灯点るころは雪といふ    蓮見勝朗
日向ぼこしてゐるだけの仲となり    浜谷寛美
泣きさうな空なり鶴の帰るなり     堀江野茉莉
山焼の終へたり腹の空いてをり     山本一歩
ポケットを空つぽにして雨水かな    山本みよ子
SLの煙やかりがね帰る空       吉田善一

2014年12月


劔物 劔二・報
十二月十日(水)     於・市民活動支援センター
兼題「絵」         参加者・十六名(五十音順)

しぐるるや認知テストの帰り道          庵原敏典
眼鏡どこだおでこよ日向ぼこ二人   一宮英典
枯芦の水にも枯れの及びけれ      大関 洋
折鶴のみな尖りゐて十二月       鹿又英一
冬ともし影絵のような黒い猫      川島由美子
マスクしてゐても多弁な人なりし    川名将義
冬至梅仏間の床にふくらみぬ      北村とおる
白日にあぶな絵さらす畳替       劔物劔二
銀杏落葉降り積む町や絵画館      鍋島武彦
大津絵の鬼の褌十二月         蓮見勝朗
ヴィーナスのごと三浦大根寝かされし  浜谷寛美
あれもこれも絵空事なり町師走     堀江野茉莉
橋の上をすこし使うて年の市      山本一歩
着ぶくれてジャングルジムのてつぺんに 山本一葉
切干の庇まぶしき山暮し        吉田善一
銀杏落葉踏まねば行けぬ絵画館     渡辺時子

2014年10月


劔物 劔二・報
十月八日(水)        於・市民活動支援センター
兼題「爪」           参加者・十五名(五十音順)

水口を閉ざしてよりや稲の花      庵原敏典
マニュキアの爪艶やかや秋扇      一宮英典
いごつそうと肥後もつこすと榠?の実  大関 洋
爪紅の弾ければ翔つ雀どち       鹿又英一
祝ぎごとを重ね鬼灯赤く赤く      川島由美子
どこまでも行く秋晴のスニーカー    川名将義
風の勢木椅子に秋を坐らせる      北村とおる
「爪」唄ふペギー葉山か寒露かな    劔物劔二
ほぞかんで爪を噛みをり男郎花     鍋島武彦
だまし絵に騙されきつて天高し     浜谷寛美
大雨に風に磨かれ十三夜        堀江野茉莉
爪を切ることに始まる夜長かな     山本一歩
秋刀魚焼く猫の爪先立ちてをり     山本みよ子
十月や透きとほりゐる爪の色      吉田善一
停車場と言ひたき駅舎くずあらし    渡辺時子

2014年8月


堀江野茉莉・報
八月十三日(水)    於・市民活動支援センター
兼題「場」         参加者・十六名(五十音順)

やっちゃ場の午後の静寂や秋暑し    庵原敏典
昼寝覚む「散髪終り」と笑む床屋    一宮英典
門火焚く小さき膝の交ざりゐて     大関 洋
新秋の剣道場に立ちにけり       鹿又英一
かき氷その場凌ぎの嘘を言う      川島由美子
盆の月大きく事件現場かな       川名将義
父祖の墓蝉の屍も眠りをり       北村とおる
場違ひの香水の座す講習会       劔物劔二
ハグすれば子らに夏日の匂ひかな    関谷廸弘
霧の道この山越えて秘湯まで      苗村みち代
デカダンを気取り場末の冷し酒     鍋島武彦
板場衆の一服の火の立涼み       蓮見勝朗
姥百合の群れて淋しき木蔭かな     蓮見澄男
場所取りの禁の貼り紙大花火      浜谷寛美
飛行場まで鰯雲いわし雲        堀江野茉莉
名古屋場所終へかなかなの鳴き初むる  渡辺時子

2014年6月


劔物 劔二・報
六月十一日(水)    於・市民活動支援センター
兼題「残」         参加者・十五名

栗の花憂い残して阿修羅像       相川玖美子
玻璃ゆがむ明治名残りの夏座敷     庵原敏典
水筒の残り水捨て清水汲む       一宮英典
風鈴や昭和の残る写真館        大関 洋
荒梅雨の郵便受を確認す        鹿又英一
石畳膝が笑つている薄暑        川島由美子
地下鉄に永劫の闇ありて夏至      川名将義
草笛をホームで吹いて回顧禄      北村とおる
売れ残りし金魚のふびん買ひにけり   劔物劔二
皆同じ建売り十戸梅雨じめり      鍋島武彦
梅雨夕焼場末に残るキネマ館      蓮見勝朗
風入れて独りに余る夏座敷       蓮見澄男
美味さうな匂ひの髪を洗ひけり     堀江野茉莉
鍛冶町は鍛冶屋の名残西日濃し     吉田善一
髪切つて涼し過ぎたる首残る      渡辺時子

2014年4月


劔物 劔二・報
四月九日(水)      於・市民活動支援センター
兼題「首」         参加者名十七名

夕ざくら風の運びし遠汽笛       庵原敏典
世界遺産の和食の匂ひ目刺焼く     一宮英典
人体に壺のいくつや万愚節       大関 洋
芽柳の日暮の色を塗り変へる      鹿又英一
春の雨機首の先には滑走路       川島由美子
部首ばかり引き続けゐる日永かな    川名将義
チューリップ咲いて横浜物語      北村とおる
首太き父の花見の肩ぐるま        竹下裕子
職退きし友の首途や花の宴       鍋島武彦
亀鳴けり伎芸天女の首の疵       野木桃花
花まつり僧の手首の金時計       蓮見勝朗
首長く待つて短かき花盛り       蓮見澄男
いよよ首もたげて来たる蝮蛇草     堀江野茉莉
自転車も人も横たふ草萌に       吉田善一
知恵の輪の抜けて首尾よく進級す    脇本公子
首根つこ咥へ仔猫を見せにくる     渡辺時子
訓示述ぶ猪首の社長入社式       劔物劔二


2014年2月


劔物 劔二・報
二月十二日(水)     於・市民活動支援センター
兼題「下」          参加者十三名

バス待ちの列しんがりや冴返る     一宮英典
地下鉄へ春一番のついて来し      大関 洋
話下手二個目のみかん頬ばりぬ     川島由美子
底冷や歯科診療の固い椅子       北村とおる
泥ねぎの一皮下の余寒かな       竹下裕子
沿線の梅の盛りや途中下車       鍋島武彦
春の雪旅の夜なれど下戸の夫      堀江野茉莉
元町の帽子屋に春来りけり       蓮見勝朗
鬼やらふ面を大事に下校の子      蓮見澄男
雪掻きの音して雪を掻き始む      浜谷寛美
鶯の近くて半歩下がりけり       吉田善一
雛壇の下に並べてぬひぐるみ      渡辺時子
迷ひ猫居つく下町のどかなり      劔物劔二

2013年12月


相川玖美子・報
十二月十一日(水)    於・市民活動支援センター
兼題「脱」           参加者二十名

大根を煮て家中をあたたむる      山本一歩
振り向くな後にきっと雪女       大関 洋
友逝きし雪の遠嶺や脱帽す       鍋島武彦
セーターの腕のたれたる脱衣籠     渡辺時子
パジャマ脱ぎあとの一日着ぶくれる   竹下裕子
冬帽子脱ぐや一日を脱ぐやうに     吉田善一
成らざりしことは忘れて年用意     一宮英典
浮寝鳥人は流されつつ生きる      川名将義
浅漬けの糠を脱ぎたる白さかな     山本みよ子
脱がれある赤きブーツとぽっくりと   堀江野茉莉
蒲団からまたも脱け出す子の寝息    蓮見澄男
林道の幅を拡げて冬に入る       北村とおる
脱色の少女ふかぶか毛糸帽       野木桃花
どっちみち脱線ばかり煤払ひ       脇本 公子
脱ぎ捨てしコートにひそむ風の歌     劔物劔二
枯すすむ遠い空より脱色す       相川玖美子
窓磨く口約束や十二月         蓮見勝朗
何にでも順位をつける年の内       浜谷寛美

2013年10月


相川玖美子・報
十月九日(水)   於・市民活動支援センター
兼題「水」                      参加者十六名

新豆腐ゆつくり水を脱ぎにけり       吉田 善一
水飴のくるくる秋を練り込んで       山本みよ子
水音の淋しくなりぬ崩れ簗         大関  洋
進水のマーチ高らか菊日和         渡辺 時子
初紅葉水は渓へとゆきたがり        北村とおる
さはやかな空やなかなかバスの来ず     山本 一歩
暗がりのジャズが秋思を運び来る      竹下 貞夫
雨降り出す芋の煮染めを作らうか      堀江野茉莉
井戸水で顔を清めて墓洗ふ         劔物 劔二      
休田の豆の実りや豊の秋          鍋島 武彦
魚沼の水の光れる今年米          浜谷 寛美
露座仏の御手の水かき秋の蝶        竹下 裕子
亡き友のメールは消さず法師蝉       一宮 英典
中天の月にカーテン開けておく       脇本 公子
菱の実にいくばくか花残りをり       蓮見 勝朗
水澄みて足るを知りたり寺の鐘       相川玖美子

2013年8月


堀江野茉莉・報
八月十四日(水)       於・市民活動支援センター
兼題「戸」            参加者十三名

お互ひの横着許す残暑かな         一宮 英典
家中を暗闇にして遠花火          浜谷 寛美
盆の月十戸ばかりが肩寄せて        大関  洋
格子戸を磨き苧殻を焚きにけり       渡辺 時子
せせらぎに秋の声聞く橋の上        鍋島 武彦
夕凪はすこし焦げたる味がする       吉田 善一
油蝉破れ網戸にへばりつく         劔物 劔二
墓道へ案内のやうに赤とんぼ        蓮見 澄男
忘れゆくなかの忘れぬ敗戦日        川名 将義
戸を閉めず熟睡もなき夜の暑さ       北村とおる
苧殻焚きをればケイタイデンワ鳴る     蓮見 勝朗
無言館の裸婦像未完八月来         関谷 廸弘
新酒酌む笑ひ上戸に泣き上戸        堀江野茉莉

2013年6月


相川玖美子・報
六月十二日(水)  於・市民活動支援センター
兼題「口」     参加者十九名

軋みゐる戸口も梅雨の重さかな     堀江野茉莉
さくらんぼ口遅き子の喋りだす      大関 洋
水が水押し噴水となりにけり       山本一歩
くらげぷかり無口のままで生き通す    脇本公子
甕の水あふれて夏日こぼしけり      家田あつ子
目も口も耳も前向き朴の花        相川玖美子
切り口に雫をためて花菖蒲        渡辺時子
口応へするほど暑さ増しにけり      川名将義
「草々」の文字ていねいに夏便り     蓮見澄男
門口に実梅の臨時即売所        蓮見勝朗
冷奴甘し醤油はうす口で         吉田善一
新聞紙にて風鈴を口止めす       山本一葉
冷し酒ますますうける減らず口      劔物劔二
非常口のあをを灯され夏フェスタ     浜谷寛美
口に合ふ青水無月の伏流水       野木桃花
登山口のしばし華やぎ山ガール      鍋島武彦
夏つばめ草書の筆致示すかに       一宮英典
決め技は序の口がよい夏相撲       北村とおる
歳上のひと逝き今朝の鉄線花       関谷みちひろ

2013年4月


伊藤  眠・報
四月十日(水)  於・市民活動支援センター
兼題「甲」    参加者二十名

うぐひすの声に甲乙付けにけり       山本一歩
手の甲にちょんと味見の木の芽和      渡辺時子
手の甲は口拭くところ万愚節        大関 洋
桜漬貴船いづこも水の音          谷口ふみ子
世が世なら甲種合格春祭り         堀江野茉莉
日常の積もりて藤の房の丈         脇本公子
甲斐駒を治めきつたる朧かな        伊藤 眠
甲高き声野にあふる凧日和         蓮見澄男
散る花にやけに好かれてゐる眼鏡      山本一葉
甲冑の集まってくる花の山         野木桃花
かけがへのなき世と思ふ夕ざくら      川名将義
傷痕のひとつふたつや鳥の恋        相川玖美子
水温みフラミンゴ脚下ろしけり       吉田善一
逆さ富士浮ぶ水田や甲斐の春        鍋島武彦
蟇穴出で二重瞼かな            蓮見勝朗
鳶の輪や残雪光る甲斐の嶺         一宮英典
逃げ水の向かう甲冑の騎士立てり      劔物劔二
甲乙丙いま丸印の新入生          浜谷寛美
たんぽぽの石割って咲き大埠頭       北村とおる
受験子の夢に妖怪亀の甲          加藤房子

2013年2月


相川玖美子・報
二月十三日(水)於・横浜市市民活動支援センター
兼題「時」               参加者・十六名

春愁やまた裏返す砂時計     大関 洋
屋根の上に時間たつぷり猫の恋   山本みよ子
早春や手水きらめかせて使ふ    山本一歩
ほろ酔うて帰れば鬼は外の豆    鍋島武彦
捻子を巻く時計が好み春眠し   渡辺時子
鳴く時はいつも遠くにゐて蛙     吉田善一
きさらぎや夜をらんらんと大時計   相川玖美子
結界の杭冴返る時の鐘       野木桃花
春一番動き出したる古時計     加賀田せん翠
雪折れの孟宗竹や喜寿のうつ    関谷みちひろ
春光や一枚脱ぎて一万歩     一宮英典
囀りの一時たかし朝日の出      蓮見澄男
奈良の冷え円空仏に鑿のあと     北村とおる
海に放つ空砲建国記念の日      堀江野茉莉
甲高き子供歌舞伎や雪解ける     浜谷寛美
梅が香や深夜便聴く午前四時     劔物劔二

2012年12月


堀江野茉莉・報
十二月十二日(水) 於・市民活動支援センター
兼題「泡」                参加者・十五名

河豚鍋や発泡酒では物足りぬ       渡辺時子
悩みなど無くて鮟鱇泡ぽかり       山本みよ子
木の影のすこしかかりて干布団      山本一歩
着ぶくれて時代に置かれゆくも佳し    川名将義
泡銭つかむ好機や年の暮         吉田善一
ずわいがに泡もろともに茹でらるる    脇本公子
師走なりけりよく回る泡立器       大関 洋
口角に泡飛ぶ売り子歳の市       一宮英典
クリスマスリース病室の入口に      蓮見勝朗
丹沢の山並み指呼に冬うらら       蓮見澄男
泡までがパックされたりずわい蟹     劔物劔二
言の葉の水泡となりて海鼠噛む      浜谷寛美        
日溜りは軒を駈けゆく十二月       北村とおる
包丁研ぎ屋確か来るはず十二月      大島幸一
柿届く大きな笑顔にて届く        堀江野茉莉

2012年10月


相川玖美子・報
十月十日(水) 於・市民活動支援センター
兼題「高」            参加者・十四名

鰡飛んであくまで天の高きかな     堀江野茉莉
ビニールの傘干してゐる文化の日    川名将義
鵙高音ゆふべの空を切り裂いて     大関 洋
何もない公園背高泡立草        野木桃花
高階に棲み鯖雲と対峙せり       渡辺時子
鶏頭の高さに子らの声のあり      相川玖美子
ラジオ体操幼児も真似て天高し     蓮見澄男
凡飛球落して仰ぐ天高し       一宮英典
燈火親し僧の高話にみちびかれ     吉田善一
札下げて薬草園のとりかぶと      蓮見勝朗
きちきちの頻に跳ぶ日棚田晴      北村とおる
背伸びして赤とんぼうの仲間入り    脇本公子
敬老日昭和の好きな人の増ゆ      浜谷寛美
甲高きフルートを聴き秋惜しむ     劔物劔二

2012年8月


伊藤 眠・報
八月八日(水) 於・市民活動支援センター
兼題「美」           参加者・二十一名

噴水に素直な高さありにけり      脇本公子
葬送の讃美歌と蝉しぐれかな      大関 洋
夏草や昭和の美田荒るるまま      一宮英典
桃剥くや指美しく使ひては       山本一歩
夾竹桃校舎補強の鉄の音        北村とおる
美しく崩るるドミノ蝉時雨       吉田善一
蜩の声を褒美に日暮れけり       伊藤 眠
ソーダ水泡美しく弾みけり       渡辺時子
遠花火開きて音の届かざり       蓮見勝朗
謄本に父母の名や晩夏光        関谷みちひろ
目薬は注すもの秋の湖碧し       相川玖美子
吾が影を踏んで日傘の中にかな     堀江野茉莉
福耳の五百羅漢や秋の蝉        劔物劔二
夕雲の色美しき魂送り         蓮見澄男
校正の活字の歪む秋暑かな       野木桃花
一見さん受け入れ祇園鱧料理      吉居珪子
余生とは徒食に似たり冷奴       川名将義
美しき茜浮かべて夏終る        高尾峯人
新米の美味し故郷の尚更に       山本みよ子
暮れ泥み吟醸透かす江戸切子      浜谷寛美
西日いざなう葉影大きくスリガラス   須田紅楓

2012年6月


相川玖美子・報
六月十三日(水)    於・市民活動支援センター
兼題「甘」                 参加者・十七名

青き星なり六月の水甘き           山本みよ子
プールまだ人のをらざる青さかな       山本一歩
切れ味の甘き包丁梅雨に入る       大関 洋
時の日や弛みしままの靴の紐       麻生 明
梅雨寒や振つて濁らす水薬        蓮見勝朗
甘言に耳を貸さざる螢なり        川名将義
さなぶりや甘党辛党ゐて楽し       蓮見澄男
その色を闇に沈めて立葵         井上泰至
農ごよみ死者に持たせる芒種かな    渡辺時子
玉葱は甘し涙は塩辛し          吉田善一
苺煮て厨に甘さ充満す          北村とおる
代掻の甘く均して学校田         野木桃花
花槐甘いことばに誘われて        相川玖美子
手土産はぬれ甘納豆帰省せり     劔物劔二
母の忌の膳に杉箸梅雨に入る     関谷みちひろ
湧き水の夢の音して芹覆う夏      須田紅楓
落し文甘言なぞは無きにふし      浜谷寛美

2012年4月


四月十一日(水)   於・市民活動支援センター
兼題「棒」      参加者・十六名

鞦韆に月光のほか乗つて居ず       川名将義
鉄棒にひらりとかけて花衣        渡辺時子
野火叩く棒もて人を払いけり       相川玖美子
亀鳴くを待ちて一日棒に振る       脇本公子
花冷や丘に海抜標示板          北村とおる
鉄棒に凭りて春愁深くせり        大関  洋
つちふるや国労支部の古看板       関谷みちひろ
もうひとりの私日永の影法師       堀江野茉莉
談笑や灯して暗き花の山         野木桃花
足が棒になるといふ嘘四月馬鹿      山本一歩
寡黙なる家に小さき巣箱かな       小澤直美
花泥棒知りても追はぬ桜守        劔物劔二
棒読みの告知満開の桜かな        山本みよ子
花篝料亭街のやや昏し          吉田善一
臆病も病の内や蝶生れ          蓮見勝朗
六尺棒とるや遠くに春の雲        伊藤 眠

2012年2月


二月八日(水)  於・市民活動支援センター
   兼題「綿」    参加者・十五名

未だ子に従ひ難しちやんちやんこ     蓮見澄男
鮟鱇鍋しどろもどろを食らひけり     山本一歩
着ぶくれてをり連綿と昭和なり      川名将義
そはそはとしてをり初音聞きしより    大関 洋
綿棒の耳をくすぐる朧かな        渡辺 時子
つくばひに風の痕跡薄氷         野木桃花
綿打ちの夫唱婦随に春の雪        山本みよ子
鬼役のいない追儺となりにけり      麻生 明
いつしかに綿菓子の子の大試験      吉田善一
看護婦の指の確かさ春隣る        関谷みちひろ
丸首のセーターぷいと遠出せり      劔物劔二
吊し雛綿まるめてはまるめては      堀江野茉莉
春を待つ銚子電鉄ぬれ煎餅        脇本公子
初風呂や綿綿和する喜寿米寿       北村とおる
梅固し父子のメリーゴーランド      相川玖美子

<次回>
日時  四月十一日(水) 午後五時半〜
内容  雑詠三句(内兼題「棒」一句含む)
会場  横浜市市民活動支援センター四階
会費  五百円
幹事  堀江野茉莉・須田紅楓・相川玖美子・脇本公子


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ