奇数月句会


2017年1月


劔物 劔二・報
一月十七日(火) 於・市民活動支援センター
        兼題「顔」・「振」 参加者二十八名(五十音順)

ちちははのなれそめ知らず歌かるた  青野草太
振り向いて人語を発す獅子頭    麻生 明
バット振る子の白息のふくらめる   有馬五浪
ぬばたまの闇のあるじは嫁が君   石坂晴夫
丹頂の顔埋めに来る夕渚      井出佳子
荒磯に日の出待つ間の淑気かな  一宮英典
年用意両目入りたるダルマ拭く   内田ゆり子
裸木や何も持たぬという覚悟    加賀田せん翆
何食はぬ顔百歳の年迎ふ     加藤房子
振袖を揺らす大股成人式     金澤一水
押しのけて又引き寄せる湯婆かな 神野重子
餅搗や杵を急かせる手八丁    桐畑佳永
振出しに戻る炬燵の長談義    桑原千穂子
つつがなく出揃ふ顔や初句会   劔物劔二
棄てられし町よ田畑よ初明り   坂  守
どんど焼き仕切る笑顔の長寿眉 惣野圭子
新年会病自慢となりにけり    竹下貞夫
凍星を入れてグラスにハイボール 苗村みち代
妻の座は日向にありて福寿草  中村重次郎
正月の顔して妻とすれちがう   西田みつを
この世よりあの世の話日向ぼこ  根本朋子
振り向かぬ人ほど恋し女正月  浜谷寛実
寒鰤の値札張り付く朝の市   平井伊佐子
追羽子にもて遊ばれて写楽顔  町野敦子
それぞれが順う天寿初山河   町田秋泉
吉と出て国語学べと初みくじ   吉居珪子
年迎ふ遺影と同じ顔をして    吉田善一
素ッピンの顔で笑って初鏡     辺初子

2016年11月


神野 重子・報
十一月十五日(火)  於・市民活動支援センター
  兼題「水」・「目」  参加者二十八名(五十音順)

水音のたえざる国の新豆腐     青野草太
道端に踞りたる濡れ落葉      阿部清明
目指すもの持ち続けたし冬銀河  有馬五浪
淑やかさ何時迄我慢七五三    石坂晴夫
文章を打つと云ふ子や文化の日  一宮英典
吹き消して燈心にほふ一葉忌    井出佳子
冬青空ペットボトルへ注ぐ聖水    内田ゆり子
混乱の世相うす目の浮寝鳥     加賀田せん翠
マドンナもにきびも遠し芋煮会    金澤一水
平安の秘伝を拝す神の留守     神野重子
綿虫や引力を抜け空に舞ふ     桐畑佳永
紅葉散るラストダンスは水の上    桑原千穂子
目の上の眼鏡をさがすちゃんちゃんこ 劔物劔二
四人目の孫は縮れ毛小春空     坂  守
木枯や番くるわせの選挙戦      惣野圭子
飼はれても失せぬ目力尾白鳥    谷口ふみ子
又一つ夢を見つけし冬紅葉      苗村みち代
夜の寒気汲み上げてゐる七つ星   中村重次郎
葛湯吹き真面目に老いてしまいけり 西田みつを
雨しとど二日続きの根深汁      根本朋子
しぐるるや枯山水の箒の目      浜谷寛実
火祭の誰の眼も炎色         平井伊佐子
平民と明治の戸籍赤のまま     町田秋泉
一杯の水につかえる冬の朝      町野敦子
紅葉寺鬼ころしある焔魔堂      吉居珪子
自由とはときに退屈障子貼る     吉田善一
石塊に目鼻もありし初時雨      吉野美和子
人肌の湧き水含み翁の忌       渡辺初子


2016年9月


浜谷 寛美・報

九月二十日(火)     於・市民活動支援センター
兼題「通」「売」     参加者二十六名(五十音順)

駅長の無骨が活けし女郎花      青野草太
人畜の通れぬ密度虫の闇       麻生 明
一点差九回裏のビール売り      阿部清明
秋祭意地と度胸の啖呵売       石坂晴夫
補聴器を外し虫の音だけ拾ふ     一宮英典
病む母の眠りおちたる良夜かな    井出佳子
筋力の目減り補う厄日かな      加賀田せん翆
通りやんせ故郷の小径の曼珠沙華 加藤房子
売ことば諍ひ避くる秋の蜂       金澤一水
秋ついり寛永通宝緑青殖ゆ     神野重子
しやべっても一方通行とろろ汁    桑原千穂子
よき風が吹き抜く通り秋夕焼     劔物劔二
新涼の影に濃淡ありにけり      坂  守
山こだま刻ためて鳴る鹿威し     惣野圭子
売り言葉買ふ人なくて夏終える   竹下貞夫
屈強な杣の提げきし通草の実   谷口ふみ子
真心を通い合わせて月見酒    苗村みち代
縄電車乗るも降りるも萩の道   中村重次郎
一行でおわる日記や通草の実   西田みつを
指させばみんな振り向く初もみじ  根本朋子
台風の予報聞く耳ふるさとへ    浜谷寛美
わがままを通して猛る秋出水    福原 暁
蓑虫が朝の匂においど振る     町田秋泉
売れ筋は地産地消の新豆腐   町野敦子
白球の吸い込まれゆく鰯雲    吉居珪子
横浜が終の住処や赤のまま    吉田善一

2016年7月


神野重子・報
七月十九日(火)     於・市民活動支援センター
   兼題「平」「赤」     参加者二十五名(五十音順)

利根川の水ごと目高売られけり   青野草太
平らかに生くる齢や蓮の花      朝倉洋子
赤腹を釣って田の風笑わせる    麻生 明
平坦な道の彼方に雲の峰      阿部清明
赤子泣き右往左往の夏座敷    有馬五浪
憎つくき蚊なれど打たずに払ひけり  一宮英典
あか赤と灯して冥し盆灯籠      井出佳子
平然と主役となりし冷奴       加賀田せん翆
平凡に生くるが良しと牛蛙      金澤一水
白南風や山寺に聴く平家琵琶    神野重子
赤心の政治家はどこ青葉闇     桐畑佳永
とんぼ遊ぶ源平池にテロはなし    劔物劔二
犬にしてこの燥ぎよう海開き      古柴和子
まだ何か役立つつもり草を刈る     惣野圭子
手花火へ集まってきし膝小僧     谷口ふみ子
焼茄子のこげ目確かめ話聴く     苗村みち代
赤富士を扇に書きて風おこす     中村重次郎
赤と黒ごちゃまぜにして金魚売    西田みつを
背伸びして向日葵畑通り抜け    根本朋子
九十の母の大好き薔薇真つ赤   浜谷寛美
シナトラの調べ平らな夜の秋     福原 暁
一隅に十一来たる一周忌      町 秋泉
雲の峰見慣れぬ側の大浅間     吉居珪子
夕立に打ちのめされてゐて平和   吉田善一
油照り衝動買いの赤いくつ     吉野美和子

2016年5月


浜谷 寛美・報
五月二十四日(火)     於・市民活動支援センター
   兼題「先」「生」      参加者十九名(五十音順)

夏蝶の貌は毛虫の時のまま       青野草太
大の字に生きとし生きる草いきれ    阿部清明
先のこと熟慮してゐるひきがへる    有馬五浪
来客に呆けにいいぞと新茶酌む     一宮英典
合鍵はほたる袋の中にあり      加賀田せん翆
夏帯へ揺るる街の灯先斗町       金澤一水
初鰹一時帰国の子と一献        神野重子
花茨ゴルフボールは奥の奥       桐畑佳永
石段の先は無住寺若葉風        劔物劔二
先陣を競ふ一閃鮎遡る         竹下貞夫
団欒の葉を積み重ね柏餅        谷口ふみ子
滴りや森の息吹を確と受く       苗村みち代
足あとのその先にある冷蔵庫      西田みつを
先生と呼ばれる吾子や夏燕       浜谷寛美
軒先を貧る八十八夜かな        福原 暁
父の日や子のお下がりは裾長し     町田秋泉
緑雨なか白を極めて孤高の木      吉居珪子
待つことは生きる知恵なり蟻地獄    吉田善一
青葉風書店に入れば新書の香      吉野美和子

2016年3月


劔物 劔二・報
三月十五日(火)     於・市民活動支援センター
   兼題「糸」「格」     参加者二十三名(五十音順)


 春ともし糸を歯で切る母の影       青野草太
 新婚の赤き糸かな春嵐          阿部天気
 あたたかし背広にのこるしつけ糸     有馬五浪
 龍天に登る岩甲羅干す亀         石坂晴夫
 廃校の門に村の名燕来る         一宮英典
 資料室の春の塵巻く糸車         神野重子
 三月や復興の地へ糸でんわ       加賀田せん翆
 春光の少女の笑ひ糸切歯         金澤一水
 醜聞の政権揺らす春の雷         桐畑佳永
 糸遊の果ての常世や呼ぶ声す       加藤房子
 風格と樹齢を誇る里桜          桑原千穂子
 つくづくし人格にじむ文字太し      劔物劔二
 春昼の鯉に吐息の泡ひとつ        谷口ふみ子
 徳利に袴をはかせ謝恩会         竹下貞夫
 鶯に聞きほれて今朝鍋こがす       苗村みち代
 糸口はきつとあるはず豆の花       西田みつを
 釣糸のぴくりと池の春動く        根本朋子
 目刺焼く河童の里の糸車         福原 暁
 烏にも格のあるらし春一番        浜谷寛美
 人の世の格差にうとし春の海       蛭田峯代
 ガリバーの指なり弾くつくしんぼ     町田秋泉
 糸舐めて針穴覗く四月馬鹿        吉田善一
 亀鳴くを聞き度く今日もまわり道     吉居珪子

2016年1月


浜谷 寛美・報

一月十九日(火)       於・市民活動支援センター
兼題 「上」 「夫」     参加者二十七名(五十音順)


小津流に座して夫婦の冬座敷      青野草太
喪中にしてどこか華やぐ大晦日     麻生 明
凍蝶や夫に過ぎたる美人妻       阿部天気
母癒えよ左義長の焔を高くして     有馬五浪
紛争の絶えぬ地球に心凍つ       石坂晴夫
のびやかな墨書八十路の師の賀状    一宮英典
大寒の息まつすぐに女車夫       井出佳子
生きるもの皆上を向く春隣      加賀田せん翆
女正月酌みたる果ての想夫恋      加藤房子
金婚の夫婦の名前祝箸         金澤一水
真っ新なカンバス頭上初御空      桐畑佳永
目いっぱい生きた証の大枯野      桑原千穂子
でこぼこの夫婦坂なり恵方なり     劔物劔二
駅伝の届かぬたすき冬木影       坂  守
花時計針の先より春兆す        惣野圭子
にこにこと終の話や薬喰        竹下貞夫
年移る地上に闇を積もらせて      谷口ふみ子
凍鶴に孤高の僧の姿あり        苗村みち代
筆勢に元気読み取る賀状かな      中村重次郎
春愁やきのうとおなじドア開けて    西田みつを
寒の水ごくりと上上生命線       根本朋子
炙り餅夫の好みし焦げめつけ      浜谷寛美
一番に夫の名記す祝箸         蛭田峯代
年の厄遠に越え来て初日かな      町田秋泉
一月の畑へ下る梯子段         守屋典子
読み初めや近くて遠き韓国史      吉居珪子
新聞を大きく広げ春を待つ       吉田善一

2015年11月


浜谷 寛美・報
十一月十七日(火)    於・市民活動支援センター
兼題 「砂」 「高」    参加者二十六名(五十音順)

湯たんぽのあたたかきまま母逝けり   青野草太
五年間胸の高鳴る新日記        阿部天気
落葉掻く音のうしろに落葉して     有馬五浪
鵙高音富士に掛かりし雲払ふ      一宮英典
箒目の砂に菊師の足のあと       井出佳子
小春日の赤子の靴の落としもの    加賀田せん翆
高砂を謡ふ傘寿の喉仏         加藤房子
大砂丘愁思誘ふ風の紋         金澤一水
袴着の子の覗きゐる砂時計       神野重子
ラグビーのタックル噛ます泥と砂    桐畑佳永
砂利ひとつ袂に隠し七五三       桑原千穂子
乗り継ぎて砂町に立つ波郷の忌     劔物劔二
ぬか漬けは八百屋のおまけ冬隣     坂  守
金賞の風格のまま菊枯るる       惣野 圭子
茸汁つつつと逃げる卓の上       竹下貞夫
一鳥を翔たせてしまふ大嚏       谷口ふみ子
高尚な趣味につき合う夜長かな     苗村みち代
好きなだけ歩く幸せ紅葉狩り      中村重次郎
空室の目立つ団地や返り花       鍋島武彦
綿虫を胸の高さで連れ歩く       西田みつを
全開の裏門石蕗の花咲けり       根本朋子
小春日や高座に満つる高笑ひ      浜谷寛美
枯れ葉舞ふ駐輪場の放置傘       蛭田峯代
道祖神菊一輪とワンカップ       町田秋泉
砂時計音なく落ちる愁思かな      吉居珪子
砂山の砂を鳴かせて秋惜しむ      吉田善一

2015年9月


劔物劔二・報
九月十五日(火)  於・市民活動支援センター
兼題「馬」「中」 参加者名二十六名(五十音順)

茄子紺の馬美しく母の盆       青野草太
肩馬の高さの記憶秋の天       朝倉洋子
満天を駆ける天馬に星流る      阿部天気
抱きかかへ案山子の脚を洗ひけり   有馬五浪
白露や万の声満つ古戦場       井出佳子
漁火の中へ溶込む流れ星       石坂晴夫
秋出水水引かぬ田を見る農夫     一宮英典
大野分九死越え来しものの声     加藤房子
戦争の声背負ひゆく穴まどひ      金澤一水
ゆうべより数新しき曼珠沙華      加賀田せん翠
ふるさとの景の一変秋出水       神野 重子
憂国へ馬耳もて応じ秋の陣       桐畑佳永
宵闇や馬車道曲り地下酒場      劔物劔二
桃食うて母六人の子を産みし      坂 守
語りつぐ戦中戦後長き夜        惣野圭子
秋の波跳んで因幡の白うさぎ      苗村みち代
火の国へすべり落ちたる竈馬      西田みつを
稲妻が切り裂いてゆく濁世かな     中村重次郎
秋夕焼けムンクの叫ぶ声のして     竹下貞夫
馬駆くる花野の果てやオホーツク    鍋島武彦
ときどきは忘れ上手に秋茗荷      町田秋泉
手拭ひを握り直しぬ運動会       守屋典子
ゐのこづち付けて帰りし岬馬      谷口ふみ子
秋出水国境のなき救ひの手      浜谷寛美
水澄めばわが胸中も澄みにけり    吉田善一
野馬追や故郷の絆断ちがたく     吉居珪子

2015年7月


神野 重子・報
七月二十一日(火)  於・市民活動支援センター
  兼題「雨」「声」 参加者名二十一名(五十音順)

上からの視線に慣れぬ水中花      青野草太
みんみんや違憲の声に耳かさず     有馬五浪
長くねえとすぐ云ふ奴と鰻喰ふ     一宮英典
白南風や鴉にもある変声期       井出佳子
海の日の海のにおいのするカレー   加賀田せん翠
声援に乗るホームラン麦の秋      金澤一水
阻むもの体よく躱し浮いてこい     神野重子
韋駄天で走り込む駅白雨来る      桐畑佳永
帰省子の耳慣れし声はや他人      劔物劔二
干し魚口開けてゐる暑さかな      坂 守
初?の一声張れり空真青        惣野圭子
あてのなき旅へ出てゆく夏帽子     谷口ふみ子
濡れる度大胆になり水鉄砲       苗村みち代
縁先の闇を花火に譲りけり       中村重次郎
夏の雨無声映画のように降る      西田みつを
陶枕に耳を澄ませり雨の音       浜谷寛美
手花火の一瞬にして過去を断つ     蛭田峯代
雨上がるさてと思案の青蛙       町田秋泉
アレ・ソレで足りて酷暑のひと日暮れ  吉居珪子
頑として口つぐみゐる暑さかな     吉田善一
遠くなるものに父の忌胡瓜揉み     吉野美和子

2015年5月


神野 重子・報
五月十九日(火)  於・市民活動支援センター
  兼題「従」 「水」 参加者名二十三名(五十音順)

川にゐて川底知らぬ水馬       青野草太
苔が濾す清水や島に深き刻      朝倉洋子
男衆を従へて来る白日傘       有馬五浪
まくなぎの水面に群れて玉となる   石坂晴夫
居場所伏せ電話商談木下闇      一宮英典
ぽろろんと鳴りさう雨後の蜘蛛の糸  井出佳子
父の日に好物見つけ摘み食い     太田 修
カーテンは水玉もよう走り梅雨    加賀田せん翆
水割りの揺れてグラスの夏めきぬ   金澤一水
服従の母で在りしよ冷し酒      神野重子
遺されること真つ平の花卯木     桐 佳永
配水管作業なかばの三尺寝      劔物劔二
薫風や歩けば江戸は水の町      坂  守
子離れも節目の一つ今年竹      惣野圭子
肥後弁の従兄弟はとこや青嵐     竹下貞夫
水鉄砲をんな先生狙ひ打ち      谷口ふみ子
藤棚に小さな空の穴一つ       苗村みち代
うけとりし湯上りの嬰菖蒲の香    中村重次郎
筍や子は食ひ盛り伸び盛り      鍋島武彦
留年を問わず聞かずの泥鰌鍋     西田みつを
初夏や五体に入れる水素水      浜谷寛美
母よりに居て酌む父へ菖蒲酒     町田秋泉
軽鳧の子に流るる力浮く力      守屋典子

2015年3月


浜谷寛美・報
三月十七日(火)  於・市民活動支援センター
      兼題「文」 「野」 参加者名二十二名(五十音順)

漣の一文字でたる春の水       青野草太
桜貝遠き日のこと詫びられず     朝倉洋子
野暮用を忘る蛙の目借時       有馬五浪
脳味噌は未だ春眠旦かな       石坂晴夫
啓蟄やATMに人の列        一宮英典
春うららぴょんぴょん跳ねている手足 加賀田せん翆
目刺焼くむだな抵抗せぬ積り     金澤一水
遠雪崩シュレッダーに掛けし文    神野重子
野のひかりみんな集めて花菜畑    木野和歌子
のびのびと文武両道葱坊主      劔物劔二
涅槃西風野良着のひとに道を聞く   古柴和子
うりずんの復路の速き牛車かな    坂 守
癖つ毛に赤いリボンの入園児     竹下貞夫
鶴引きしあとは山河のあるばかり   谷口ふみ子
妻癒えて赤きワインや月朧      中村重次郎
熾る火を追うて追はるる野焼かな   鍋島武彦
春の野に降らせてならぬ鉄の雨    苗村みち代
たんぽぽのどれに触れても笑いだす  西田みつを
野放途の身となり日ごと野に遊ぶ   浜谷寛美
盲目の友は指にて梅を観る      町田秋泉
すかんぽやかの日の土手の青き恋   吉居珪子
野遊びや寝ぬる形の石舞台      守屋 典子

2015年1月


浜谷 寛美・報
一月二十日(火)  於・市民活動支援センター
      兼題「三」 「良」  参加者二十八名 (五十音順)

寒三日月身に余るもの削ぎすてて    朝倉洋子
俎板にのんびりしたる大海鼠      有馬五浪
霜踏みて大地答へる旦かな       石坂晴夫
寒三日月切つ先立てて雲を裂く    一宮英典
 三従の昔ありけり雪中花        井出佳子
初春やおいらの評価優良可            太田 修
返し手に餅つく音の従へり        太田良一
水仙のいつも気になる方に向く    加賀田せん翠
川止めの三途の川や松の内       加藤房子
不器用に生きて今宵の年湯かな     金澤正将
読初の論語の教へ身ほとりに      神野重子
古里は老人と猫三平汁         劔物劔二
山眠る古きホテルに読書室       坂  守
三世佛おわす御堂や灯冴ゆる      惣野圭子
ひと言で三言戻るや女正月       竹下貞夫
三日はや女手に釘打つてをり      谷口ふみ子
ソクラテスの面差し醸す初烏      苗村みち代
孫曾孫どれが誰れの子お年玉      中村重次郎
良寛忌ミルクに浸すパンの耳      西田みつを
ちやんちやんこ善良さうに着てをりぬ  浜谷寛美
寒泳や水より痛き風の刺す       蛭田峯代
三角の頂き遥か冬の富士        福原 暁
三寒の涯の岬の波の花         町田秋泉
寒卵赤道あたり当てて割る       守屋典子
良き声と言はれて歌留多読まさるる   山本一歩
叩かれて三頭身の雪だるま       山本みよ子
口紅をひかず三日目風邪籠り      吉居珪子
良薬の夜の一錠寒に入る        吉野美和子

2014年11月


神野 重子・報
十一月十八日(火)  於・市民活動支援センター
      兼題「懐」 「緊」  参加者二十三名 (五十音順)

恋文の煙となりぬ庭焚火       有馬五浪
知らぬ間に懐寂し神無月       石坂晴夫
難解なカタカナ語増ゆ文化の日    一宮英典
山眠るマグマ一つを懐に       井出佳子
懐かしさ旧交ふかむ小六月      太田 修
夫の忌の落葉のことば拾いけり    加賀田せん翠
落葉して総身光る御神木       加藤房子
小春日や懐紙にまろぶ金平糖     神野重子
SLの深きため息冬に入る      木野歌子
清張の懐手から闇うまる       桐畑佳永
懐から焼芋ちらり路線バス      劔物劔二
腕白の緊張愛し七五三        惣野圭子
病む父に嘘のひとつや桐一葉     竹下貞夫
懐に鳥を眠らせ大冬木        谷口ふみ子
御嶽も冬帝の威に鎮もれり      中村重次郎
立ち枯れの多き里山夕時雨      鍋島武彦
吊革の黙って揺れる漱石忌      西田みつを
緊張の結果を待たず薬喰       浜谷寛美
柿すだれ女の吐息も吊しおり     蛭田峯代
寒昴ひとりのための山上湖      福原 暁
その昔ロマンスグレー冬帽子     町田秋泉
褒め上手おだて上手や残る菊     守屋典子
木の実降る踏む子拾う子蹴飛ばす子  吉居珪子

2014年9月


浜谷 寛美・報
九月十六日(火)    於・市民活動支援センター
      兼題「手」 「足」   参加者二十四名 (五十音順)

落城の石に添ひたる曼珠沙華        朝倉洋子
冬瓜を撫でて手のひらふつくらす   有馬五浪
ひぐらしや終日電話なく暮るる    一宮英典
足るを知る年金暮しとろろ汁     井出佳子
手かざしの無駄となりたる無月かな  太田良一
敬老日ひときわ手拍子足拍子     加賀田せん翆
秋扇手持無沙汰に開きけり      神野重子
天の川野外映画の丹下左膳      金澤正将
秋の蚊や上京中止と姉の声      木和歌子
足腰を鍛へ百まで生身魂       桐畑佳永
新蕎麦に命ふきこむ手の捌き     劔物劔二
嫁ぐ子に言葉つぎ足す良夜かな    惣野圭子
秋めくや手首に白き時計跡      竹下貞夫
蛇穴に入るやとぐろを巻くホース   谷口ふみ子
手話の児が十指で語る月今宵     中村重次郎
二円切手貼るを忘るる残暑かな    鍋島武彦
河童の子目玉ぬらして西瓜食ふ    西田みつを
重陽のひと日を母と居りにけり    浜谷寛美
母の手は千手の御手なり蓮の飯    蛭田峯代
横浜はすでに秋です昭三さん     福原 暁
虫の音も付いて廻り来回覧板     藤田 昭
追想の手に遊ばせる吾亦紅      町田秋泉
墓石一行父のため空け鰯雲      守屋典子
練り上げし手前味噌の香衣被     吉居珪子

2014年7月


劔物劔二・報
七月十五日(火) 於・市民活動支援センター
      兼題「表」 「寛」   参加者二十二名 (五十音順)

朝もやに日矢の一条蓮の花      朝倉洋子
蛍火の彼の世と此の世点しけり    有馬五浪
暑ツ暑ツと騒ぐ奴来て暑くなり    一宮英典
昼顏や表のかおと裏の顏       太田 修
角隠し表門より蝸牛         太田良一
旗持の忽と逝きたる梅雨の底     神野重子
寛容とは忘れ去ること沙羅の花    金澤正将
月下美人ひきとめたくて描きけり   木野和歌子
夏まつり訛一緒に跳ねており     加賀田せん翆
表裏ある後めたさかサングラス    桐畑佳永
表札のまた新しく夏館        劔物劔二
みどり児の表へ裏へ天瓜粉      谷口ふみ子
新盆や表札すでに子の名前      鍋島武彦
微笑みはゆたかな言葉金魚草     中村重次郎
遠雷や寝ても動きし猫の耳      竹下貞夫
表札の兜太の文字にかたつむり    西田みつを
遠雷や耳聾の父と寛げり       浜谷寛美
表替して夏座敷広くあり       蛭田峯代
ゴビの夜の星に寛ぐ夏帽子      福原 暁
梅焼酎表の顏と裏の貌        町田秋泉
鬼灯市均一価格表掲げ        守屋典子
表書きパソコンの世の落し文     吉居珪子

2014年5月


神野 重子・報
五月二十日(火)    於・市民活動支援センター
兼題「東」「二」     参加者・二十三名(五十音順)

明けの鐘二の丸跡の楠若葉       朝倉洋子
手にのせて豆腐切りをり夕薄暑     有馬五浪
高齢者増えし団地や鯉幟        一宮英典
毛虫焼く女にありし二心        井出佳子
二の腕の種痘の痕や更衣        太田 修
平穏のくらしの色の新茶かな      加賀田せん翠
濃く淹れし古茶の苦味も傘寿こそ    加藤房子
馬耳東風に生きて見やうか心太     神野重子
葉桜や東京暮し少し慣れ         桐畑佳永
落し文二円切手の役どころ       劔物劔二
東天に懸る半月沖縄忌         椙山昭三
苗植える青い地球の一隅に       惣野圭子
腰痛は生きてる証鰻食う        竹下貞夫
アンコール二度に答へて夏芝居     谷口ふみ子
男ゐて薫風しきり東慶寺        中村重次郎
夏場所や人気の東四枚目        鍋島武彦
つるりんと茄子は尻から暮れてゆく   西田みつを
指二本応ふ子ほめて柏餅        浜谷寛美
短夜の浜に寝転ぶ二合瓶        福原 暁
山水の一幅に合ふ夏料理        藤田 昭
天辺は伐られ万緑丸くせり       町田秋泉
ポスターを剥げばポスター迎へ梅雨   守屋典子
夏場所や東白鵬西遠藤         吉居珪子

2014年3月


神野 重子・報
三月十八日(火)    於・市民活動支援センター
兼題「町」「輪」     参加者・二十三名(五十音順)

春塵を拭き春塵を招きけり       有馬五浪
春風に押されて千歩延ばしけり     一宮英典
犬ふぐり帰化して町の隅にいて     太田 修
あたたかや掘出し物の赤い靴      加賀田せん翠
囀の絡まってゐる搭九輪        加藤房子
過ぎし日の輪番停電木の芽張る     神野重子
知らぬ町されど懐かし沈丁花      木野和歌子
春駒や阿蘇外輪の山の裾         桐畑佳永
年輪てふ雛顔の中さくら餅       劔物劔二
つばめ来る渡舟の残る川の町        小林鱒一
ぽっくり死口癖にして日向ぼこ     椙山昭三
蓬餅ずしりと重き母の味        竹下貞夫
落椿樹下の昏がり抜けだせぬ      谷口ふみ子
江ノ島は鳶の輪のなか木の芽風     中村重次郎
北窓を開き町騒楽しめり        鍋島武彦
春一番少女ひらりと逆上がり      西田みつを
蝌蚪の紐音なき音を揺らしをり     浜谷寛美
春雪が手ぶらで見舞う坂の街      福原 暁
行く春の流れに浮かぶ紙コップ     藤田 昭
腹掛は真新弥生の女車夫        町田秋泉
鉄骨の叩かれて音涅槃西風       守屋典子
「車輪の下」ヘッセは遠き春霞     吉居珪子
地の底を水走らせて山笑ふ       吉田善一

2014年1月


浜谷 寛美・報
一月二十一日(火)    於・市民活動支援センター
兼題「口」「竹」     参加者・二十七名(五十音順)

青竹を叩けば寒の谺かな        有馬五浪
誰しもの真正面や初日の出       一宮英典
時として猪口に零るる初音かな     井出佳子
口伝する奥義を会得寒稽古       太田 修
大寒の水ゆっくりと生きるため     加賀田せん翠
高階の窓百千の初日影         梶原美邦
神苑や竜の口より凍て始む       加藤房子
田の神にかろく一礼若菜摘む      神野重子
お隣は禁酒教室初句会         桐畑佳永
口だけは壮年まさり寒に老ゆ      劔物劔二
いとけなき唇に紅点しちゃっきらこ    小林鱒一
爆竹の谺背らに年明くる        椙山昭三
衰へぬ卒寿の気迫師の賀状       惣野圭子
筆太の便りは父の寒見舞        竹下貞夫
口重き人へ山茶花散るばかり      谷口ふみ子
冬牡丹玉の命の開き初む        中村重次郎
熱燗や恋の歌など口遊み        鍋島武彦
寒夕焼善良そうなコロッケパン     西田みつを
鏡との程良きあはひ女正月       浜谷寛美
不器用な初音のくぐる躙り口      福原 暁
寒梅に涙のやうな露一つ        藤田 昭
しばらくは初雪へ傘惜みけり      町田秋泉
馬子唄の間合ひに生れて雪ぼたる    守屋典子
竹馬に託せし夢を片しけり       山本つぼみ
鰤なます加賀の生まれの母の味     吉居珪子
徒口にあらざり餅の焼けてをり     吉田善一
米を研ぐ五指に皺ふえ寒の水      吉野美和子

2013年11月


椙山 昭三・報
十一月十九日(火)   於・市民活動支援センター
兼題「谷」「宮」       参加者十五名(五十音順)

郷土紙に包まれ大根届きけり      一宮英典
山寺に平家の琵琶や冬隣        加賀田せん翠
紅葉散る隠し銀山坑の谷        加藤房子
谷町の芸妓もう来ぬ博多場所      桐畑佳永
谷紅葉吊橋渡るときひとり       劔物劔二
目瞑れば阿弥陀となるぞ冬日向     小林鱒一
柿の木残り鉄砲水に荒れし谷      椙山昭三
葛城の谷戸の夕暮れ七竈        竹下貞夫
はずみでていろ深めけり竜の玉     谷口ふみ子
谷住むや青首大根見て老ゆる      西田みつを
女生徒に智恵子の空の谿紅葉      浜谷寛美
遷宮の秋を深める五十鈴川       福原 暁
冬紅葉映えて傘寿の多き村       町田秋泉
枯れいそぐ一村谷間より人声      山本つぼみ
冬霧の晴れゆく地獄谷深し       吉田善一

2013年9月


神野 重子・報
九月十七日(月)  於・市民活動支援センター
兼題「有」「無」         参加者二十名(五十音順)

蟷螂を跨ぎ蟷螂知らぬ顔           有馬  五浪
書くほどの自分史有らず曼珠沙華     一宮  英典
秋暑し声の大きな訪問者         加賀田せん翠
のんびりと朝湯してをり台風来      神野  重子
今風と張り合ひへのへ案山子立つ     桐畑  佳永
露けしやさながら古代有馬の湯      劔物  劔二
天地の荒(すさ)びや人間無力の秋    小林  鱒一
涼しさや水を離るる絹一丁        椙山  昭三
仏壇の姉はおかっぱ吾亦紅        竹下  貞夫
秋茄子をきしきし泣かす夕厨       谷口 ふみ子
震災忌我が家に残る古箪笥        鍋島  武彦
不眠症ジャズすべり込むざくろの実    西田 みつを
底紅の紅の有耶無耶ひと日終ふ      浜谷  寛美
着飾った鼠と遊ぶ星月夜         福原   暁
唄に酔ひ情に酔ひぬ風の盆        藤田   昭
さりげなく脇役通す男郎花        町田  秋泉
きりぎりす水玉模様の裏は無地        守屋    典子
相容れぬもの有りし黙いわし雲      山本 つぼみ
小海線無賃乗車の秋茜           吉居  珪子
化粧水手にころがして秋の夕       吉野 美和子

2013年7月


椙山 昭三・報
七月一日(月)        於・市民活動支援センター
兼題「今」「歩」         参加者二十名(五十音順)

赴任地も今やふるさとさくらんぼ     一宮  英典
曖昧なことばのままに海月浮く      加賀田せん翠
考へが梅雨の歩幅となつてくる      梶原  美邦 
天罰の今ありとせば蟻地獄        加藤  房子
歩行(おさ)虫の這ひし腕の硬直す    神野  重子
麦秋や未来は今の積み重ね        桐畑  佳永
万歩計に誉めらるるため片蔭ゆく     劔物  劔二
その撓みわが身に欲しや今年竹      小林  鱒一
歩を進めがたし除染地夕焼て       椙山  昭三
なめくじら厨に宇宙人の文字   鈴木  彪
まず一歩からのリハビリ日の盛り     竹下  貞夫
ことごとにつまづきし日の冷し酒     谷口 ふみ子
ひまわりや箪笥の奥に帰還兵       西田 みつを
記念日の地酒に酔うて行々子       浜谷  寛美
ただ漠と水中歩行する夕べ        福原   暁
梅熟るる遠き山脈引寄せて        町田  秋泉
四葩咲く門へ一枚歩み板           守屋    典子
臆病に終への歩測梅雨の月        山本 つぼみ
歩み寄る児は噴水の虹の中         吉居  珪子
今はただ歩くばかりや羽抜鳥       吉田  善一

2013年5月


加賀田せん翠・報
五月十四日(火)     於・市民活動支援センター
兼題「本」「葉」       参加者・二十名(五十音順)

泥鰌鍋女が先に酔いにけり       石井流花
葉桜ややっと本気の予備校生     一宮英典
若葉風浴びて心を軽くする       加賀田せん翠
さくらんぼ振る遠き日が駈けてくる    梶原美邦 
春惜しむふわと綿毛の風来坊     加藤房子
日の本に生き存へり初鰹        神野重子
前の夜はギャル達担ぐ神田祭     桐畑佳永
母の日や五人の男子みな母乳    劔物劔二
舌が出てその嘘本音棕櫚の花    小林鱒一
線量値問わず語らず春田打つ    椙山昭三
襟元の光る社章や風薫る       竹下貞夫
牡丹にすこし離れて椅子があり    谷口ふみ子
蕗の葉や新刊本の紐栞        西田みつを
ラファエロの聖母子像や蓮浮葉    浜谷寛美
転んでも起きても大地牛蛙       福原 暁
干物に家族が見える初夏の路地   藤田 昭
眠る児は胸に真新(まさら)な祭足袋 町田秋泉
黄金週間アラン・ドロンの若過ぎる  守屋典子
言の葉を雲に送りぬ籐寝椅子    山岸壯吉
新茶古茶ついに本音は聞き出せず 吉居珪子

2013年3月


神野 重子・報
三月十九日(火)     於・市民活動支援センター
兼題「入」「証」       参加者・二十四名(五十音順)

行方不明の卒業証書ワイン抜く      石井流花
箱入りの娘も三十路八重桜        一宮英典
風だけが入る真昼の若布小屋       加賀田せん翠
待ち合はす証に廻す春日傘        梶原美邦 
風に散るつらつら椿睡らせよ       加藤房子
シュレッダーに掛けたき過去や鳥雲に   神野重子
春泥や悪童ら攻め敵陣地         桐畑佳永
世話好きな父は入婿春炬燵        劔物劔二
生きてゐる証し浅蜊が汐を吹く      小林鱒一
円椎芽吹風入れ縄文趾          椙山昭三
花菜漬妻の機嫌の塩加減         竹下貞夫
鳥雲に入るや石工は石刻む        谷口ふみ子
蝶追ひし少年の日よ故郷(ふるさと)よ  中村重次郎
町裏は昔花街恋の猫           鍋島武彦
風船に本音の息をそっと入れ       西田みつを
春嵐列島まるごとゆさぶらる       浜谷寛美
菜の花や鈍行でゆく一人旅        藤田 昭
寄せ返す波の音階桜貝          町田秋泉
花曇り鶏小屋に置く贋卵         守屋典子
想ひ出をさそふ苦みや蕗の薹       山岸壯吉
主語のなき夫婦の会話草萌ゆる      山岸友子
幻聴に入相の鐘春惜しむ         山本つぼみ
譲り度き姪の名も入れ雛納む       吉居珪子
ただ訪うて沖を見てゐる彼岸かな     吉田善一

2013年1月


椙山 昭三・報
一月十五日(火)  於・横浜市市民活動支援センター
兼題「一」「会」      参加者・二十一名(五十音順)

一舟もなき軍港のお正月    石井流花
初鏡白髪疎まず紅を引く    一宮英典
初空へ鐘一つつく喪明かな   加賀田せん翠
振袖に会釈なきまで雪の霏々 加藤房子
初春や衣桁に夫の一張羅   神野重子
成人式誓ひを述べる頬の張り 桐畑佳永
一枚の賀状に潜む虚栄心   劔物劔二
貉との一期一会や姥子の湯  小林鱒一
初春の吹雪のみそぎ潔よし   椙山昭三
足裏より命ひろごる初湯かな  関根洋子
大根を引き抜く地球へこませて 谷口ふみ子
巻き尺のしゅるっと戻り春近し  西田みつを
雪踏みて煩悩の音遥かなり   浜谷寛美
背なに声掛けていろりの霰粥  町田秋泉
一月や鍛冶が竈に火を入るる  守屋典子
記憶より狭き落葉の通学路  山岸友子
陸奥や駅舎を飾る干大根   山岸壯吉
天地を一つに雪の降りしきる  山本一歩
勝ち独楽となりて空気を尖らする   山本一葉
読み初めや寂聴卆寿の書き下ろし  吉居珪子
一徹や餅美しく焼けて来し    吉田善一

2012年11月


加賀田せん翠・報
十一月十三日(火)  於・市民活動支援センター
兼題「続」「間」     参加者・二十名(五十音順)

船霊に二礼二拍手新走         石井流花
神の留守監督天を仰ぐのみ      一宮英典
知らぬ間に漢方薬の効く小春      加賀田せん翠
日本書紀日本紀続紀(ショクキ)小春かな 加藤房子
冬もみじ鉄砲狭間の今むかし      神野重子
日本海背に莚張る冬構         桐畑佳永
地震続く国の原子炉冬に入る      劔物劔二
一生(ひとよ)また瞬きの間ぞ黄落す   小林鱒一
南京豆尖閣・独島(ドクト)論じつつ   椙山昭三
神迎へ鏡の間より能楽師        関根洋子
継続は力燈下の夜学塾         竹澤みゑ
料亭の百畳の間の畳替         谷口ふみ子
焚かぬ炉の匂ふ古民家冬隣り      中村重次郎
獺祭忌蒸饅頭に箸の穴         西田みつを
小春日や九十の母の爪の色       浜谷寛美
吾が影も落葉に混ぜて掃きにけり    藤田 昭
別れしな女(ひと)の空間初しぐれ    町田秋泉
余生とは天への助走秋夕焼       山岸壯吉
とろとろと命のスープ蕪煮こむ     吉居珪子
静けさも染めて箱根の夕もみじ     吉野美和子

2012年9月


神野重子・報
九月十一日(火)  於・市民活動支援センター
兼題「欲」「得」   参加者・十九名(五十音順) 

持ち家得て地元史を読む夜長かな    一宮英典
得策を考えている案山子かな      加賀田せん翠
遠花火五欲うすれし身を細く      加藤房子
納得をさせるは難儀新酒酌む      神野重子
三尺寝車の窓より足二本        川島典虎
得意気に演歌一曲敬老日        劔物劔二
瓢棚もうこれ以上欲ばるな       小林鱒一
山の影山に重ねて厄日過ぐ       椙山昭三
せつかちな性は母より鉦叩       関根洋子
大向日葵得心の笑み満面に       竹澤みゑ
職退きて五欲失せたる夏の果      竹下貞夫
利き酒に足を取られし生身魂      谷口ふみ子
雨を得て九月のピカソ微熱めく     西田みつを
秋暑し片耳ばかり残りをり       浜谷寛美
流木を浜に残して夏終る        藤田 昭
嘘らしく本音さらりと秋扇       町田秋泉
座禅組む無念の果ての白桔梗      吉居珪子
月を得て俯きくせの直りけり      吉田善一
脱げぬわけ蓑虫にあり欲の皮      吉野美和子

2012年7月


椙山昭三・報
七月十六日(月)  於・市民活動支援センター
兼題「海」「行」   参加者・二十名(五十音順) 

卵焼きれいに巻いて星祭        今井昌子
白南風やテニスボールの音弾む     一宮英典
まず呼吸整えている海開き       加賀田せん翠
人の逝く煙見送り髪洗ふ        加藤房子
紫陽花の昨日(きそ)の人出に疲れをり 神野重子
飛魚や海面は座席より高し       川島典虎
原発の恐れひとまづ海開き       劔物劔二
残る生(よ)の片陰拾ひ行くばかり   小林鱒一
夕空へ飛ぶ態見せて羽抜鶏       椙山昭三
海底に眠る幼帝沙羅の花        関根洋子
新任の教師つく町海市たつ       竹澤みゑ
婆ひとり守る雑貨屋海紅豆       谷口ふみ子
充分に生きて眺める大夕焼       中村重次郎
枇杷の種ころんと皿に詩が生まる    西田みつを
雲の峰クレーン小さきくの字かな    浜谷寛美
人影の泉揺らして現はるる       山本一歩
空も人もみんな的なる水鉄砲      山本一葉
八月の沖を見据ゑし海難碑       山本つぼみ
延命措置望まずケセラパリー祭     吉居珪子
サングラスかけて行先かくしけり    吉田善一

2012年5月


加賀田せん翠・報
五月十五日(火)    於・市民活動支援センター
兼題「走」「生」     参加者・十四名(五十音順) 

砂時計考えながら落ちて夏       加賀田せん翠
苔の花寡婦も湿生花のひとつ     加藤房子
アマリリス少女等笑ひよく食べる      神野重子
生き方に至つて不器用豆の飯     劔物劔二
長生きをおのれ諾ひ大朝寝      小林鱒一
つばくらや人は土打つ生くるため      椙山昭三
菖蒲湯のあをき刃に刺されけり      関根洋子
風吹かばいよいよ無頼奴凧       竹下貞夫
生国を問はれてをりしサングラス     谷口ふみ子
八十路とて余花満開の余生かな     中村重次郎
すと立ちて国歌斉唱葱坊主       西田光男
生涯の友惜しむ日や五月闇        町田秋泉
夜桜や突然走る太郎冠者          山岸壯吉
徒競走負けて隠れし蝸牛         吉居珪子

2012年3月


三月十七日(土)   於・市民活動支援センター
兼題「度」「守」   参加者・二十三名(五十音順)

梅三分寄席を見に行く誕生日       今井昌子
度外れの男の背中あたたかし       大関 洋
ほどほどの悩み三寒四温かな       加賀田せん翠
春雷の喝や得度の少年に         加藤房子
さはさはと鎮守の杜の芽吹きかな     神野重子
ランドセルに赤きお守り入学す      川島典虎
度し難き国会議員さへづれり       劔物劔二
このごろの度忘れ頻り亀鳴くか        小林鱒一
凍て雲のたたみて厚き震災忌       椙山昭三
梅東風や深呼吸せる阿吽像        関根洋子
味噌味の妻は尾張の花粉症         竹下貞夫
霾ると象は度々足を上げ         谷内レイ子
海光にちりちり乾く桜蝦         谷口ふみ子
昭和史の闇の深さや春の雪        中村重次郎
春一番鮭の切り身が塩辛い        西田光男
三百六十分の一度春動く          浜谷寛美
盃に夢を浮べて花を待つ         藤田 昭
奔放に生きをり蝌蚪を驚かす       町田秋泉
鉄棒の着地の決まり巣立鳥         守屋典子
守るほどの家にはあらず桑を解く     山本一歩
守られてゐて窮屈や蝌蚪生るる       山本一葉
春の虹淡し幾度仰ぎても          山本つぼみ
芽起しの雨に遠山紅さしぬ         吉居珪子


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ