思い出の一句


依知といふ沃野はろけし夕焼くる  山本つぼみ


二〇〇七年十二月発刊の第五句集『依知』よりの抽出。平成十八年の作である。依知は「えち」と読む。俳句を習いたての頃、北海道の土岐錬太郎先生からよくおはがきを頂いた。「神奈川県愛甲郡依知村金田七三四・井上つぼみ様」と。四角いあたたかな味のある独特の字体のそれを待ち焦がれたものである。さらに村内に日蓮宗の名刹妙純寺があったこともあって、同宗の僧侶であった八幡城太郎師からも流麗な筆致のおはがきが、依知村金田で届けられた。『依知』のあとがきに「望郷の念止みがたいふるさとは、厚木市に合併された時点で由緒ある村名を失った。阿夫利嶺を望む相模川、中津川にはさまれたこの依知村は、昭和のはじめに生まれた者の〈銃後〉であり、敗戦前後は、二毛作の田圃や桑畑に緑が美しい大地であった。…略…故郷を出てからの年月は、その倍以上を他郷に住んで、なおかつ望郷に幼い日の山や川、母親の笑顔がある」と記している。いまでも受け継れている村中の迎え火、送り火に知った顔も少なくなり、実家を訪うたびに村人や幼馴染の訃報があって、歳月を感じる後期高齢者である。阿夫利嶺への日没は、春夏秋冬それぞれに華麗だが、何故か儚い。

風は疎に梅密に在り母の故郷  小園葉舟


掲句は第三句集『谷戸風韻』の中の一句である。雪深い北国は、春の気配が立ち上って来ると、一斉に花芽をふくらませる。先立って咲き出すのは梅の花であり、故郷の家の小さな庭にもその香を満たす。
その梅は、母が植えたもので、毎年多くの花を付けてたまに帰郷する私をなぐさめてくれている。母は出羽富士と呼ばれている鳥海山から流れる子吉川が海へ注ぐ河口の街で一生を終えた。この地は母の故郷であると同時に私の故郷でもある。その地から出て鎌倉の地へ来て五十八年になった。鎌倉が躬に育っているのであろうが、我が躬に流れる北国の血が何かあると舌頭にするのは、その血が成せるものかも知れない。
母は、梅の実を梅漬け(梅干しではない)にして帰郷した私の食卓に出してくれていた。北国の風景と梅漬けが、母の思い出の中から生れた句である。この句は「母恋い句であると俳友から言われている。異論はないけれど〃母なる国〃であり「産土」の地でもあるのだ。
海の砂防林となっている松林からの風がまばらになって多くの花を付け梅を揺らしている。そこが私の国であり、俳句と出合った地でもあるのだ。

早苗饗衆土間を泥田にして酌めり  宮田硯水


私が思うところあって立ち上げた『白鷺俳句会』が未だよちよち歩きの頃、小手調べとばかり神奈川新聞の俳句欄に投句したものが当時選者だった古沢太穂先生の眼に止まり入選。その後幸いにも年度賞二席となった句である。この句の景は当時実際に見たものではないが、遠い少年時代の昔、母の実家(農業)に遊びに行った時の夕方に実見した一つである。折柄の梅雨期で長雨続きの田圃で稲の苗を共同体の「結(ゆい)」の人達と一緒に植え終り、その労に謝する饗応の宴だと云うことを、その家の伯母に訊いて知った。当時の雨除けは未だ蓑が主で、土間の壁に掛けた蓑や合羽から雨がぼとぼと落ち、乾いた土間がグチャグチャ。料理の匂い、酒の臭い、体臭や大声の対話の騒など、町場で育った私には無論初めての光景であり、相当なショックだったのか今でも鮮明に記憶している。この句の眼目は「異相転換」の技法を採り、田植作業の場がその侭家の土間に繋ってしまったとの面白さを狙ったもの。
俳句は『写生に始まり、写生に終る』とも謂われるが、この句の視点のように純な子供の目で凝縮された集中シーンは、俳句の窮極的理念である『真の描写』に通じ、得難い体験だったと今でも思うところである。


呼び合へば答へる谺花わさび  川島典虎


平成一年四月山梨の実家へ行った時、中富町(今は身延町)に町おこしの為の句碑の里が出来る話を聞いた。早速問い合わせてみたら、今ならぎりぎり間に合うと、中富で漉いた大判の和紙を送って下さった。郷里へ建てるなら兄弟の思い出の俳句がよいと思った。父の作った山葵田へ行った時、はぐれてしまって呼び合った事を思い出した。申し込み番号は一六六番だった。
中富の人達の考えた句碑の里は、芸術性の追求ではなく、俳句を好きな人の「憩の場」提供であって、初めて詠んだ句でも一句にこめられた人それぞれの思いを大切にしたいから、一字も違えず今もそれは続いている。今や中国の碑林の数を越え千百八十八基となった。
発会式は平成一年六月十日、やなぎ句会の永六輔さん小沢昭一さんはじめ、多くの方が出席して下さり盛況だった。勿論やなぎ句会の方達の立派な句碑は、いの一番にある。私も自分の字で句碑が出来たのを見て感無量だった。句碑の後ろにはそれぞれに町の木の南天が植えてある。それから毎年「俳ジャック」と称し、山梨から出て来て吟行会をやっている。目黒なら「目黒ハイジャック」。私も出来る限り出席して交流を楽しんでいる。

日本丸沖へ帆を張る朝桜  谷口ふみ子


昭和六十一年上梓のわたしの句集『霧笛』に収録され、俳句雑誌「俳句とエッセイ」にも掲載された句である。
昭和四十八年頃俳句をはじめて、十年目ぐらいの昭和五十八年頃、横浜のみなとを訪れて作った句で、自分の持ち句の中では比較的に明るいほうの句といえる。
いまでは、句作の方向として、できるだけ「重くれ」を目ざしているため、この句については、いまから思うとやや幼稚とさえ思えてくる。次の句は近作である。

  人いれて枯山枯れを押しとほす
  目つぶれば馬老いやすし神無月

 「人いれて」は、よく行く中津川のほとりにある修験者の山「八菅山」での作で、「目つぶれば」は、信州にある神津牧場での作品である。この神津牧場は、老いた競走馬の終焉の地として、老馬を手厚く養っているところである。
 年ごとに、人間が生長するように、俳句も生長してゆかなければならない。顧みて、わたしを含め指導している会員の成長を見るとき、わたしは無常の喜びを感じる。


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ