わが師(先輩)を語る


高橋流石


「海光」高橋流石先生を想いつつ     加賀田せん翠

 「海光」は昭和二十一年、小巻豆城氏が「うらなり」を横浜で創刊、百号に達したのを機に「海光」と改めた。昭和五十八年豆城氏の逝去に依り、流石先生が主宰になられた。
 流石先生との出会いは職場(富士通)の俳句部でした。数人の仲間と入会し指導を受けました。先生は優しくて几帳面、筆マメ、絵が得意(夢は画家だった様です)。そして歌が好きでユーモアがある。そうした人柄の先生のお陰で、俳句がどんどん好きになりました。その後、結婚・育児・仕事としばらくは俳句とは離れた生活でしたが、その間も先生からの絵葉書や賀状が届き、ずっと俳縁で繋がっていました。
 改めて「海光」に入会したのは平成四年。仕事一筋で突っ走っていた私に突然、俳句への想いが湧き上がったからです。先生の俳句に対する情熱は変る事なく深く、私は学ぶ楽しさを再び見つけ出しました。先生は、

地面を浅く掘った水は美味しくない。深く掘り下げて得た湧き水に真の水の味がある。と言われているが、俳句も手頃な浅い境地を詠んだものは、味が乏しく、心に響いて来ない。作者の深い思い、新しい水脈を掘り当てる意欲のこもる句には、俳句の真がある。力がある。平明淡白だが、句意深遠な秀句と言うのがある。究極にはそのような句を作りたいが、まだまだ地下の水脈は、深くて容易には探り得ない。いい作品と言うのは人生を感じる句ではないかと思う  ―以下略―
(『海光』誌掲載・「断片」より)

と、書かれた。私はこれこそが先生そのものとずっと思っている。その想いは平成十五年九月三十日(享年八十一才)に永眠する迄持ち続けた想いだったと感じています。
  ぶらんこの夜は詩人の座る椅子        流石
  子がなくて春田の月を肩ぐるま       流石
  窓に凍港火がよみがえる灰皿に       流石

 先生の句集『油彩水彩』は平成十三年度、横浜俳話会大賞特別賞に輝いた。出版パーティは横浜東急ホテルに於いて盛大に行われ、今は亡き「季節」の田辺香代子先生や四十雀先生と肩を組み、歌い、満面の笑みでタクトを振っていた姿がついこの間の事のように甦ります。
  充電をつづける壁の蝸牛           流石
  黄落やほったらかしの故郷あり       流石
 あれから既に十数年、私は流石先生に出会えた事に感謝し、俳句を心の糧としてこれからも心豊かに歩んで行こうと思っている。「海光」はその後、秋場久雄氏が主宰を引継がれたが、平成二十三年八月に他界された。指導者を失い乍らも「海光」は今、基本である通信句会を月一回発行し、妙蓮寺会館で月一回の句会を実施し俳句を楽しんでいる。

田口一穂


「花林」田口一穂           松本 凉子

 わが師、田口一穂は昭和四十九年「花林」を創刊した。初参加の日、先生は「俳句とは心を言葉に置きかえて詠う、生きる目的であり命の尊さである。」と語った。十二月の霙まじりの寒い日であったが、子育てを終えやや淋しさの中に居た私の心が、久しぶりの知的な時間に熱く火照って帰った事を今も鮮明に覚えている。
 とは言うものの先生の俳句は難しく、句集名も『褶曲』『繁霜』『白商』『泡影』と難しい漢語が並ぶように、漢語・和語を駆使されていた。さらに伝統の世界を句にする先生の俳句は平明な写生句の時代にはそぐわず、なかなか句友が集まらなかった。会の存続も危ぶまれる時期もあったが、先生の凄い所はそんな中でも「惚け防止のために俳句でも」などと言おうものなら、眼鏡の奥の目が鋭く光り、参加許さぬ旨を告げていた。
 武士は食わねど高楊枝、古武士のような先生は「何かを創造しようと思ったら爪先立ちでもいいから膨れ上がっていなさい、志を低くしてはいけない、本を読みなさい」と〈格物致知〉を説き、学ぶ事の楽しさを教えてくれた。
 俳句以外の事を多く語らない先生の若い頃の事を知ったのは『俳句四季』(平成十三年三月号)に「現代俳人の肖像」として田口一穂が八頁に渡って特集されたからである。ご両親との関係、戦争までの少年期、ご家族のことなどが書いてあり、あたたかい文面で俳人田口一穂が最も評価され輝いていた。先生がご逝去される一年前のことであった。
 晩年の先生の句は若い頃とは変り
    絵蝋燭購つてゐる間のたびら雪       一穂
    冬帽子眉まで下げて逆らはず         〃
    水澄めり余生十指のうちあたり        〃
 自己の内面を季語を介しながら探求し、人間の心の在り方、人間学ともいうべき文芸の本道を詠い上げていた。私の心に棲みついている一句は
    歳晩や淋しい顔のてれつくてん        一穂
 はじめ技巧の入った句とも思ったが、再々読しているうちに淋しい自分をもうひとりの自分が見つめているような「差し向いの淋しさ」という得体の知れない渇望と沈潜の如きものを五七五音でうまく搦めとっていて、「てれつくてん」が物悲しく胸に衝き上げてくる。
 先生は世に受け入れられない自分の感受性や感覚に自分の居場所を与えたいという気持から俳句と対面するようになったと言う。だが作句をしてもこれで満足という心境からは程遠く、何時も足元の覚束なさに苛まれると、結局文芸というものは虚栄の産物であり、また或る意味では、「やせ我慢」なのかも知れないと語った。
 古武士のような師の境地は深く遠く未だ理解出来ないでいるが、生きる目的、命の尊さを教えてくれる俳句の道へ導いていただいたことを心から感謝している。

青木千秋


(25年・No5)
青木千秋のこと            鈴木 句秋

 この度、会報編集長伊藤眠さんから、「わが俳友を語る」の企画により、青木千秋について何か書いて欲しいとの依頼があった。弟の事なので何でも気軽に書けると思ったのだが、過去を振り返ってみても、弟については特に採りあげるような記憶がなさそうである。つまり、何事もなく穏健に過ごして来たという事であろうか、その弟も昨年十二月に七回忌を修した。歳月の流れの早さに驚くばかりである。
 振り返ってみると、上京して一人住まいを始めたばかりの弟を、既に私が入会していた原田樹一主宰の「風鈴」を紹介、入会したのが昭和二十九年だった。私が中島斌雄主宰の「麦」と「風鈴」に在籍、二股をかけていたのに対し、弟は「風鈴」一筋に精進したのである。
 昭和三十年、弟が結婚のため住まいを購入する事になった。既に私は三年前に自宅を購入(田舎の実父より資金調達)して棲んでいたので、近くを探したら、隣の東六郷に新築中の手頃な家があったので購入(弟も田舎の父より資金調達)。弟が近くに住むようになってから、三十五年に私が横浜へ転居するまでの間、楽しく行き来する事ができた。私が至って口下手で内気なのに比べ、弟は社交的で、嫌いな人もなく、誰からも好かれていたようである。至って愚鈍な私にも、一度も逆らった事が無かったし、兄として仕え、よく応えてくれたと思う。私が云うのも照れるが、優しい可愛い弟だったのである。
 弟は勤めていた大田区の東京計器(株)が黒磯に移ったため、暫くの間通勤していて、その間、当地に於ける句会での収穫も大きかったようである。
 創刊主宰原田樹一が、数年前頃から体調を崩され治療の処、五十七年に惜しくも逝去、遺言により青木千秋が後任主宰となった。その直後に弟から、主宰になったとの電話を受けたが、直ぐに「おめでとう」とは、どうしても言えず、「主宰は大変だよ、先輩もいる事だし断ったら」と言ってしまった。今になってあの時何故、「おめでとう」と喜んで上げなかったのかと悔やんでいる。
 弟が主宰になってから何かと心配もしたが、会員も次第に増え、大会も盛会に催されるようになった。弟は、地方の支部句会にもよく出席して、遠い会員との繋がりを大事にしていたようである。時々電話すると、妻が出てきて「何処かの句会に、今出て行ったわよ」と、笑っていたのである。家に居る時でも、お茶を飲む時だけは妻の傍にいるが、直ぐに後姿を見せて何かを書き始めるという。パソコンなら楽だと思うが、手書きの方が好きだったようだ。
 時々二人だけで呑みたくなるらしく、盃を重ねる事もあった。そんな時、「風鈴」の事について批判めいた事を私が云っても、弟は只「うん、うん」と頷くだけであった。特に俳句を語るでもなく、お互い心を温め合うだけでも充分満足だったようである。
珍しく酔いし影かな盆の月        千秋
 弟が亡くなる前に家族で喜寿のお祝いをしたと云って写真を見せてくれたが、幸せそうで何よりだった。

藤田湘子


(25年・No4)
藤田 湘子           堀口 みゆき

  音楽を降らしめよ夥しき蝶に  藤田湘子
  雁ゆきてまた夕空をしたたらす  同
 二十代半ばだった私は湘子師の冒頭句に出会い、新鮮で抒情溢れる作品に強く惹かれた。昭和四十八年頃のことである。母と共に藤沢の句会で初めて指導を受けた時の 師は、その句の印象とは少し違っていた。若くして馬酔木の新鋭俳人を率いて新人会を作った師の人間像をそこに垣間見ることができた。
 今思うと、頑なまでの強い意思は敵も味方も多く、そのカリスマ的存在は、人の心を傷つけてしまうことがあったのかもしれない。繊細な感覚を持ちながら大きな野望を抱いていたことも事実ではなかったか。学生時代にT・S・エリオットの詩に魅せられていた私にとって当時の鷹の作風は心地良いものであった。句会では「風花や別の私のすれ違う」「花野いまつめたき炎かけめぐる」みゆき・・・といった今の鷹では通用しないような作品をとっていただけたのである。
 入会当時、飯島晴子を筆頭に有能な俳人たちが綺羅星のように連なっていた。若い集団として活気に満ち、吟行等、互いに切磋琢磨したと思う。昭和四十九年十月、鷹十周年記念パーティを目前に母が逝去、私たち親子の句も鷹合同句集に掲載されたので当時編集長だった永島靖子さんが生前間に合うようにとまだ誰も手にしていない本を送って下さった。当時の鷹の温かい側面を目にした。
 鷹に入会して三年目の昭和五十一年二月号で「冬の芹いくたびも鈴鳴らしけり」「着ぶくれの顔あつまりし鳥の家」みゆき 他三句により巻頭。五十三年に鷹同人に推薦された。ところがここから湘子の飴と鞭の指導が始まる。その厳しさ故、何度やめたくなった事か!「みゆきの句は甘い。今までと同じような句を作るな。しっかり物をよく見よ・・・」その頃、急成長をしていた東京の大手企業に通勤していた私にとって仕事と俳句の両立は困難極まりなかった。ある時、湘子師から「句集を出した方がよい」と言われ、昭和六十年五月に『楽章』を上梓。あえて辛口の序文にするからとの仰せのとおりのものだったが、塚本邦雄氏等二度にわたって毎日新聞に書評を書いてくださった。
 湘子師は生前に語っていたことの中で、「自分より上手な句の作り手はたくさんいると思う。しかし、私は句作に関して弟子の句を育て実力をつけることに関しては自信がある・・・」長い年月の間、湘子師の容赦ない厳しさゆえ、多くの有能な俳人たちが鷹を去って行った。しかし、各々は今しっかりと主宰者として俳壇の中心的存在として羽ばたいている。
 無季「死ぬ朝は野にあかがねの鐘鳴らむ」「億万年声は出さねど春の土」「われのゐぬところどころに地虫出づ」「草川の水の音頭も春祭」湘子
 湘子師の遺言により小川軽舟が主宰を継承し鷹は今、新主宰のもとで大きく育っている。

原田樹一


わが師 原田 樹一     石井 流花

 昭和二十一年の夏即ち終戦の翌年。往診の帰りの医師原田樹一に出合った。夏のこととて涼み台でボロンボロンと下手なギターを弾いていた私は、十七歳の旧制中学五年生。
 「君、君ギターもいいけれど俳句作ってみない、身の廻りの出来ごとを季節の言葉を入れて五七五に纏めればいいのよ。明日こうゆう所で夜七時頃から句会をやるからよかったら来てみない。」と誘われた。早速頭をひねり始めた。「子等去りて一人大の字涼み台」の一句を持って句会に行った。
 なんだ、じいさんばっかりじゃ、皆んな奇異な眼で私を見てなんだこの餓鬼は、という雰囲気。かの樹一先生は「よく来たね、こっちへ来なさい。」と招いてくれた。句会の中で「この句は正直でいいよ、涼み台の状景がよく表現されている。」と、ばかに褒めてくれる。十七歳は舞い上る。次の句会はいついつで場所はここだと教わると、もう待ち遠しくて仕方がない。そんなこんなで、いつの間にか俳句にのめり込んでしまったのである。
 先生は近所では赤ひげ先生として知られていた。診療費の払えない患者さんからは取らなかったらしく、往診先で酒瓶があれば「その酒一杯くれればいいよ。」とコップ一杯の酒で済ませてしまったそうである。十七歳の私に酒を、それも薬局から持ってきたエチールアルコールを水で薄めて飲ませ、自分も一緒に飲んでわいわい騒ぐ本当に悪い?先生であった。
 先生は真田病院の副院長だったので運転手付の車を使っていた。運転手さんも先生に感化されて句を作っていたらしい。ある句会で「夏痩せの妻包米粉抱えきし」という句が最高点になった。(ちなみに包米粉とは占領軍が放出した玉蜀黍粉のこと)運転手さんは点が入る度に「いたずらのつもりで出したのですが、すいません、すいません。」とペコペコと頭を下げる。例のじいさん達の白け振りは見事だった。愉快、愉快と喜んだのは先生と私だけ。その後、なぜか運転手さんは句を出さなくなった。
 先生は山形県の鶴岡の出身である。昭和四十四年頃の五月の連休に最上川の舟下りに行こうということになった。泊る旅館はみんな親戚。先生は最上川舟唄のレコードを買ってきて、「流花この唄を覚えてこい、そして舟の上で唄ってくれ。」ということになった。私は毎晩ヨーエサノマカショ、エンヤコラマーカセと猛練習をした。
 当日は五月雨ではなく五月晴であった。なぜか舟頭さんが芸者ワルツを歌い始めた。「流花!舟唄を唄ってくれ。」といわれて唄った。大喝采で他のお客さん達も喜んでくれた。変な顔をしていたのは舟頭さんだけ。今の様にまだ観光化されていなかったので舟も小さく三角波が恐かった。
最期に先生の人柄を偲ばせる一句を。

  病よき人診て帰る夜の梅   樹一

乾 鉄片子


天辺にも通ずる俳号〜その心意気…乾 鉄片子
                          望月 英男

 坊主頭の工業高校生が「人間味豊かな工業人」を目指せと云う校是に背中を押され、就職活動に心落ち着かぬ日々を送っていた昭和四十年の夏。気散じに親父の所属していた俳誌『あざみ』に初めて投句をしてみようと思い立った頃だった。
 投句先は、川崎市塚越居住の編集長・乾鉄片子宛。
此の「テッペンシ」=「鉄の欠けら」と云ういささか人の意表を衝く、ユニークな俳号に少なからず興味を持たされた私は親父の本棚から古い『あざみ』を引っ張り出し、作品と人となりを追い掛けてみたりしたものだ。
  工場風呂夕焼に毛穴までも染む     鉄片子 
  障子貼るや鉄削るやうにはゆかぬ      〃   
  風邪ひきし帰路起重機に頭を越され     〃 
  大寒の機械の臓腑あらためる        〃
  野分どき掌に新しい切子傷         〃 
 「家業の工場を戦災で失い、戦後間もない昭和二十四年にいすゞ自動車に入社。二十六年河野南畦の『あざみ』に参加すべく意を決して旧号の(池田朱暈)を捨て、(乾鉄片子)に生まれ替わった」のだと後年上梓された処女句集『浮輪』の中で呟いているが、掲句、南畦が評する様に「自己の映像を忠実に、克明に描写しようとする姿勢、慈しみと温かみが凝縮」したその頃の作品だ。製造現場に身を置き、汗水流す職業意識旺盛な工業人の矜恃というべきものが窺えて、世間知らずの高校生にも何かグサリと来る大切なものを教えてくれた様な気がして嬉しくなったのである
 さて、編集長と言えば主宰の次くらいに偉い人とあの頃は思っていた私だが「あざみ」内には南畦と「獺祭」時代からの兄弟弟子で巽巨詠子という創刊同人が既に存在していたから、南東を意味する「巽」の向こうを張って全く正反対の北西を指す「乾」を名乗ろうとするには余程の勇気を要したろうと思われるが、浅草生まれの血、江戸っ子の負けん気が騒いだのか、自分より古株の偉そうな存在には精一杯対抗する後発の心意気に、当の巨詠子自身が面白がって遇したと云うからお互い大正生れの好人物同士、不思議な出会いがそこにはあった。
  子が入りて見まはす蚊帳の吊りはじめ  鉄片子
  賜暇一と日懸けてぱらりと玉のれん      〃
  見事な夏妻ただよはせて借り浮輪       〃
  親子四人に海より青い浮輪ひとつ       〃
 親交のあった平柳青旦子は鉄片子の人と作品を「山の手ではなく下町の庶民性の中にある」と評した。
家族を慈しみ、多面的で飄逸で、そして洒脱で豪快な数多くの作品を示してくれた。私の中では先達の中の先達として、指を折りたい一人である。
    (文中敬称略)

清崎敏郎


清崎敏郎氏と私      大輪靖宏

 清崎敏郎氏と私は師弟の関係ではない。私が慶應義塾大学の国際センターの専任講師で、清崎敏郎氏が慶應高校教諭であったとき、共に文学部の兼任講師になった。それ以来、清崎氏と親しくなったのである。
 こういう関係だから、清崎氏は私を対等扱いして、大輪さんと、さん付けで呼んでくださっていた。しかし、大先輩であるから私の方は清崎先生と呼んでいた。というのも、清崎門下に私の親しい人が多く、彼らが皆、心からの敬意を込めて清崎先生と言っていたからである。
 当時の清崎門下には、鈴木貞雄(現・『若葉』主宰)、伊東肇(現・『若葉』編集長)、行方克己(現・『知音』代表)、西村和子(現・『知音』代表)、本井英(現・『夏潮』主宰)、三村純也(現・『山茶花』主宰)などがいて、皆、私の親しい友人であった。そんな関係で自ずと清崎氏と飲む機会なども増え、そのうちに、清崎氏から『若葉』に何か書いてくれと依頼されるようになった。『俳句に生かす至言』・『花鳥諷詠の論』など、後に本となった私の原稿のかなりが『若葉』に載ったものである。
 清崎氏は、高浜虚子門下として、富安風生門下として客観写生ということを大切にしていたから、その作風は地味だが、描写力は極めて的確である。
   目に止る速さに滝の落ちにけり
 まさしく滝は目で追うことができる速さで落ちるのだ。清崎氏の句は既存の概念で対象を捉えるのではなく、発見により対象そのものを正確に描写しているのだ。
   うすうすとしかもさだかに天の川
   一茎の危く支へチューリップ
   一握りとはこれほどのつくしんぼ
 こうした句を見ると、清崎氏の対象を捉える独自の目というものが感じられる。既成の概念で捉えることはせず、自分の目で感じ得たことで対象を把握しているのだ。
 したがって、こういう目で描き出された光景も見事だ。
   前山に日の当り来て時雨けり
   発電所雷雨の中に灯点れり
   山門を掘り出してある深雪かな
   蹤いてくるその足音も落葉踏む
 私は清崎氏から俳句の指導を受けたり、句会を共にする機会は持たなかったが、酒を飲みながら俳句論を交わすことはよくあった。いま思えばこれは貴重な体験で、研究者であった私が俳句にのめり込む原因でもあった。
 また、清崎氏は、大島民郎、楠本憲吉、宮脇白夜などと共に慶應出身の俳人の組織である「慶大俳句丘の会」を組織して、その初代会長となった。私は今、その会の第四代会長である。いろいろと清崎氏とは繋がりが深い。

石川桂郎


桂郎の裏がへる亀      高尾 峯人


 高校三年の時、知人の紹介で句会に出席させていただく事になった。そこで、先師石川桂郎と初めて出会ったのである。当日の出席者は主宰の石川桂郎、神蔵器(現「風土」主宰)、手塚美佐(現「琅?」主宰)、西川たがね、二本松輝久、鵜飼礼子といった方々で、その句会が「風土」生え抜きの主要同人の勉強会であった事は知る由もなかった。
 若気の至りというか、世間知らずというか、自信を持って出句したものの惨憺たる結果であった。当然、互選にも入らず、師の句評も終わって、師が私の句を拾うように批評、添削してくださった。その夜、私は悔しさで寝られなかった。無論、選に入らなかったという悔しさではなく、己の句と同人の方々との句のレベル差を思い知らされたからである。今考えてみれば当たり前のことで、たかが高校生の分際で何が出来るか、である。
 人づてに石川桂郎は短気で怖い人だと聞かされていたが、一度も怒られたことは無く、怒った姿なども見たことは無かった。寧ろ気配りの細やかな人という印象である。「峯人さんが結婚する時には俳句婚式をやりましょう」などと言われたが、恐縮するばかりであった。
鶴川の竹林の中にある通称七畳小屋(桂郎先生の一人住い兼編集室)に同年代の島谷征良や吉田木魂らと尋ね、編集の手伝い(?)、とは言っても素人の我々が出来ることは何も無くせいぜい小間使い。でも仕事の合間合間の師の話はとても面白かった。師の軽妙洒脱な文章は皆の知るところであるが、話術も文章以上である。特に波郷、三鬼の話は面白く、この紙面ではとても書けないような男同士の話は、何よりの思い出。師は生前、私は天国には行きたくない、なぜなら波郷や三鬼は到底天国には行けない、必ず地獄にいるはずで、波郷や三鬼のいない天国より地獄に行きたい、などと言っていた。
 昭和四十九年十一月、食道癌と告げられ、コバルトを照射し続けたが病状は好転しなかった。
  粕汁にあたたまりゆく命あり      桂郎
  裏がへる亀思ふべし鳴けるなり     桂郎
 二句目は翌年の作品。亀は裏返ってしまうと自力では起きられない。つまり、死を意味するわけで、まさに癌と告げられた石川桂郎の絶唱なのである。師は病床で、もう少し生きたいと言ったそうである。もう少し生きればもっと良い句ができると。昭和五十年十一月六日未明に永眠されました。
 山本健吉の弔文に「波郷の『軽み』は、あるいは虚子にまで遡ることが出来そうだ。虚子ー青畝ー波郷ー桂郎とつづく、一つの『軽み』の系譜をたどることが出来る」と。これを聞いたとき私事のように嬉しかった。

石塚友二


石塚友二「駒が出たるよ」   蓮見 勝朗


 「鶴」昭和四十一年八月号(第256号)入門号である。見開きの右に、石田波郷「水中花」と題して八句、左に石塚友二「白南風」と題し八句。
   寝返りても胸のドラムや水中花     波郷
   白南風や柳最も日を零し         友二
 友二、連載の「日遣番匠」には「ところ雨」と題して〃…地を接しながら或るところには降り、別のところでは降らぬ雨。…人間を不幸にするだけの、ところ雨的な事象が、地球のあちらこちらに生起したり続いていたりすることは情けない。各地の戦争や核実験の如きも然り…。〃と。
 (東京)青山で戦災にあい一週間ほど厄介になった宿舎の前で、責任者の安部能成の厚情に謝している。
 師の横光利一は評し、「友二の飄逸な淡白さと共に、すべてが、忍苦、人に勝つことを目的としている俗情がない。残酷無残に人に負けることを願う。この非凡な心境こそ何ものよりも氏の恐るべき資質。」と。
 この号に草間時彦は、「先生は挨拶句を即妙に成すが句帳にも留めず、個に執着せず作り捨てをしている。」と。
「鶴」の創刊は昭和十二年九月だが十・十一月は刊行されていない。担当者が不在となり、沙羅書店を営んでいた友二に半ば強引に委ねられ、十二月に第2号が発行された。爾来、しばしば三協印刷社長の侠気によって助けられ、時には生家を頼み「牛を売つて」発行に充てたとも。
波郷は昭和四十四年十一月に亡くなるが、初めから「鶴」を支えてきたのは友二である。
 横浜に支部をと、小林康治に託し昭和四十五年八月に関内駅前の酒販会館にて横浜句会が始まり、平成二十四年四月、五百回を迎えた。「鶴」はこの年二月に八百号の記念号を刊行。畏友、鈴木しげをは、友二の句会での様子を語る。
「師は句座にちよこんと座り、句稿を左手に立てて見る。きりつと結んだ口、ときどき低い咳払い。選に入つた句は「うん、まあいいんじやない。」あとで選句帳をみんなで見ると、余白に、「今日は俳句らしきもの非ず。」など記してあり。ああ。
 友二は大正十三年、叔父を頼りに横浜井土ヶ谷の濾水機工場(今もある)に住込むが文章を志す。戦前は東京、戦後は鎌倉を借間、借家を転々と。自称〃俳句に溺れて〃。
 昭和五五年「神奈川文化賞」。祝賀句会の建長寺で、
   瓢より駒が出たるよ茶立虫        友二
その建長寺を入って左手に昭和三十六年建立の句碑がある。
   好日やわけても杉の空澄む日      友二

 昭和六十一年二月八日横浜栄共済病院(現)にて七九歳で?。「横浜」に来て去った。神奈川に縁の深い人であった。

飯田蛇笏・龍太


師は二人         淺井 一志

 六十年にわたる俳句作りに影響を受けたのは、俳誌「雲母」を主宰した飯田蛇笏・飯田龍太父子であります。
 俳句との出会いは、愛媛松山出身の父「桑志」が、京城(現ソウル)に「雲母」の支社句会があり所属し、自宅が句会場の時勧められたのがはじまりです。昭和十七年の「雲母」に少年一志として掲載されています。
 昭和二十六年二十歳の時、西嶋麥南・石原舟月・松村蒼石・松澤楸江等蛇笏の高弟が毎月横須賀に指導に来られていましたので、必然的に雲母横須賀支社に入り、蛇笏先生に師事することになりました。昭和三十七年十月逝去されるまでの十年。そして逝去後はその子息飯田龍太先生に、平成四年「雲母」終刊までの三十年間。合わせて四十年間「雲母」一途に精進しました。
 俳句には師を選ぶということが、自らの方向を示すひとつの要素と考えていますが、私は蛇笏先生の選句の姿勢というものに絶対的なものを感じていました。
 さて、蛇笏・龍太父子について西嶋麥南さんは、龍太句集『百戸の谺』の跋文において、蛇笏は端厳、龍太は端正といっています。まことに言い得て妙です。
蛇笏先生は多くの方に、謹厳実直といわれ、涙などは見せないと言われていました。「戦死報秋の日暮れて来たりけり」の句は、ご長男の戦死にかかわる句ですが、本当のところ一人部屋では涙しておられたそうです。
 病で倒れられた後、ある日の句会で、龍太先生を頼むといわれた蛇笏先生の目に涙を見たことがあります。先生はまことに情の人であります。
 西嶋麥南さんの還暦の祝賀をしたいということにも、まわりの人は無理だというのをあえてお願いをしたところ、若手の気持もすぐに受け入れていただきました。
 山梨増富の吟行の際、句会の前に弟子の墓参りをされて参加され、心あたたかい師でありました。思い出すと涙が出ます。
 龍太先生は、はじめは蛇笏を意識しておられるという思いがあったかと思いますが、独自な踏まえ処をもって自らの句を確立してゆかれました。蛇笏先生と同じく広い視野をもって俳句を見ておられました。
 選句の確かさは、作者を勇気づけるとともに選評にとりあげられると、よろこびも大きかったことを思い出します。今日そうしたひたむきさや喜びを与えられる選者はなかなかいないものです。
 そして、飯田龍太先生もまた気くばりのある方でありました。何回も山廬に伺いましたが、客を迎える姿勢は人によって変るということはありませんでした。
 そうした処に惹れる飯田蛇笏・龍太父子であり、長く師として精進することが出来ましたのは喜びであります。

森 澄雄


森澄雄の「みつみつの声」   小林 鱒一

 「杉の作家は伝統を負いつつ各々己のいのちの根ざすところ、そこから最もひそやかに最も真率に、しかも深切清新な声を生み出してほしい」―これが昭和四十五年十月創刊した『杉』誌の森澄雄の最初の言葉ですが、その左第一頁には、「『杉』の出発おめでとう。若し私が若くて、これから大いに俳句を通して自分を確かめてみようという場合だったら、すぐ参加したくなっただろうと思う。云々」で始まる師楸邨の「杉」の出発に寄せて、の祝いの言葉が載っています。
 爾来四十年、昨平成二十二年十月「杉」は四十周年を記念する大会の準備を捗めていた矢先、遂に澄雄は帰らぬ人となり、記念大会は、「森澄雄を偲ぶ会」となってしまいました。終戦の翌年ボルネオから九死に一生を得て帰還した澄雄は、直ちに楸邨の「寒雷」に入り、以後「杉」創刊の翌年まで二十余年ずっと「寒雷」に依り、而もその大半を高校教師の傍ら、同誌の編集長として尽力し続けました。
 そんな慌ただしい時期に残る有名なエピソードがあります。それは昭和三十八年に出された、澄雄の第二句集『花眼』の中の次の一句に関わりがあります。
   胡桃割つてみつみつの声霜夜にて    澄雄
 この句は師の楸邨から頂いた一通の手紙の中にあった、
   声出さねば胡桃になるぞ霜夜にて    楸邨
 に対する返句として楸邨に書き送った一句なのでした。その澄雄に送った楸邨の手紙の一部を此処に書き写してみますと「森澄雄はまだ持ち物の何十分の一も生かしてはゐないと私はかねて考えているのですが、この機会に韻々と響き出してほしいと思います。私は自分の持たないものを秘めた人を最も信じてきましたが雅兄の中にまだ芽吹かぬそれがあります。一つこの年はそれに火を点して下さい。」と墨黒々と例の達筆で認められており、その後に右の一句が添えられていたのです。
 森澄雄は後の『山中通信』のなかで次のように書いています。「先生から一度だが身に沁みる激励のお手紙を頂いたことがある。しかも速達であった。後にも先にも僕の仕事の支えとなった、有難い貴重な手紙である」と。そしてその礼状の中に先の「みつみつの声」の一句を添えたのでした。
 何とも羨ましいばかりの師弟の心の交流ですが、その澄雄自らの言う、「みつみつの声」とは一体どんな声だったのでしょうか。それこそ所謂《時間の句集》『花眼』から《空間の句集》『浮?』へと続く、正に「龍太・澄雄の時代」の出発だったのでした。
 その森澄雄も逝かれて、この八月には早や三周忌を迎えます。           ―平成二十四年正月―

加藤楸邨


楸邨先生との距離       銀林 晴生

 〈距離は人を美しくする〉―私の好きなイギリスの詩人、テニソンの言葉である。
 どちらかというと、偶然にも加藤楸邨先生に近い距離にあった私には、楸邨俳句の真の深さや美しさが見えていなかったのではなかろうか。それは、先生の存在が余りにも大きく、高く、はかり知れないものがあったからである。先生のご逝去(平成五年七月三日)後、常に現在の自分との距離から実感としてようやく楸邨俳句の大きさ、深さ、美しさがわかりかけて来たように思う。
 顧みれば、私が教師への道を歩み始めたことが「寒雷」への契機となり、楸邨先生との出会いになった。
 昭和二三年、都立第十女子高等学校(現都立豊島高校)へ新任で赴任。同じ職場に先生の高弟の森澄雄(故人・「杉」主宰)や、先輩の青池秀二(故人・「雪嶺」主宰)の句会に参加。翌年「寒雷」に入会。「寒雷集」で先生の選を受け、句会で直接先生の選評を頂いた。以後、厳しい楸邨選で二回巻頭に入り、昭和三六年、寒雷同人に推挙された。
 飴山實は『俳壇』(平成5・10月号)の追悼文で〈楸邨は俳人でない人にもひろく親しまれる俳人だった。自分の生きるすべてをそこに投入していた俳人だったからだ〉と記している。先生は俳句を通して一人一人の心の奥にある生き方を見通しておられたと思う。
 九歳の頃、当時北海道庁立帯広中学校(現帯広柏葉高校)校長であった父(三十八歳)と死別した私は、この時父の姿を重ねていた。
 四十歳半ば過ぎて、私は父の遺志を継ぎ、教育管理職の道を選ぶべきか、更に専門職で研鑽すべきかの岐路に立ったとき、先生は、「教えるということは人を生かすことです。信ずる所に従い俳句より本業に専念するように」と助言してくださった。
 昭和五六年四月、都立松原高等学校長に昇任の折、先生に「良い校長になれよ」と励まして頂いた。その頃は多忙な毎日であったが、「寒雷」で何とか俳句を続けることが出来た。
 昭和五五年十月、焼津市で開かれた「寒雷創刊四十周年記念全国大会」で、〈飛鳥路を来て眠るまで天の川 晴生〉が先生の特選を頂き、再び句作に傾注した。
  蟇あるくときわが息の深くなる    楸邨
 掲句は、先生の多くの蟇の句の一句。ひたすらゆっくり歩く武骨な蟇との一体感が、深い息となり、振幅となる。先生に即かず離れず蟇のように歩んできた私に、「銀ちゃん、しっかり頼むよ」と言われているような先生の温顔が今も浮かんでくる―
 距離は師を高く美しくする。   (「寒雷」同人会長)

中島斌雄


抒情から人間探究へー中島斌雄
                     加賀谷巳左男

 私の直接の師は故飯島草炎氏なので、中島斌雄先生を語る資格はないような気がする。しかしながら、草炎氏が勤務しておられた石油会社に、私も務めていた関係でお知り合いになってから、そこの句会に度々参加していた。そこに斌雄先生がお見えになり、ご講評を拝聴しているし、その後、私も同人としての、いわゆる師系として繋がっていると考え「師を語る」ことにした。
 斌雄先生に関する評伝は、多くの方々が発表されているので、私が今更書くのも面映ゆい。したがって直接ご指導を受けた時のお話をさせて頂こうと思う。
 戦後、私は地方の会社に就職し、会社内の俳句グループを知り、俳句というジャンルに強い関心を持ち始めた。その後、横浜へ転勤し、草炎氏を知った。そこから氏が所属する「麦」の主宰中島斌雄先生を知り、その硬質な抒情句に深く魅せられた、そんなことで躊躇なく「麦」に入会したのだった。
 斌雄先生は大学教授として国語国文学、特に俳諧史教育に尽くされている。そして、もう一つの顔として俳句実作者の俳人斌雄がおられた。その豊かな思考を持ち、天分に恵まれている初期の作品のうち、私の好きな句。
  葬り果てて秋空深き坂下る        斌雄
  子へ買う焼栗(マロン)夜寒は夜の女らも  〃
  爆音や乾きて剛き麦の禾(のぎ)      〃

 私が同人となってから、初めて取り上げて頂いた句に
  露草や自画像へ描く父の眉       巳左男
がある。先生のもう一つの顔として、学生時代から油絵版画をなされていたと聞く。その画家としての目線で、この句に懇切な評を頂いた。私の思考をずばりと見抜いてくださり、納得し恐縮したことを覚えている。
 ちなみに、昭和四十年、五十年代の「麦」の表紙は、先生の絵で飾られていて、今も印象に残っている。
 後年、北軽井沢に「月士山房」という名の山荘を構えられ、そこを拠点として多くの評論を発表され、また新しみを求めた人間探究の句に挑戦されている。更に先生の理念を受け継ぐ数多くの俊秀を育てているのである。
 昭和六十三年斌雄先生は逝去された。しかし「麦」は連綿として発刊され、平成二十三年四月で通巻七〇〇号を達成し、また創刊六十五年の歴史を刻んでいる。
 余談になるが、平成二十年は先生の生誕百年という事で翌二十一年縁の軽井沢で「麦」全国大会を開催した。その時「月士山房」を訪れたが、憧れていた山荘の余りにも荒廃している姿に、皆声を失ってしまった。私も何か胸がいっぱいになった事を今も忘れない。
  山房の止まったメーター青蜥蜴     巳左男

八幡城太郎


ひとに蹤きー八幡城太郎(青芝)     山本つぼみ

銀杏の黄があとからあとから零れて来る晩秋、高校生だった私は、その日はじめて俳人八幡城太郎に目見えた。青柳寺の住職でもあった城太郎師は、青春時代の紆余曲折の中で日野草城に師事、同門の小寺正三、伊丹三樹彦、土岐錬太郎、桂信子らと交流。昭和二十八年九月、草城第二句集名『青芝』をそのまま冠した俳誌を創刊する。
俳誌「青芝」の最大の特長は創刊号より表紙裏に「青芝友の會」の会員の名がABC順に並んでいたことである。安住敦・秋元不死男・岩佐東一郎・角川源義・川上澄生・眞鍋呉夫・那須辰造・高木蒼梧・田中冬二・津軽照子・八十島稔ら計四十三名、いずれも当時から文人墨客として名を馳せていた人達である。一年に一度原稿を貰えると有難いのだがとの呟きも遠い思い出となった。
庫裡の土間は四月末と言ってもひんやりと冷たい。その土間に大きい順に並べられた掘ったばかりの筍。筍句会も果て一日俳人たちは高点者から順番でお土産の筍を選ぶ権利があるのだが、最高点をとっても、家は家内と二人だから小さいのでよろしいとか、大きなのをぶら下げて帰りたいなど、「たけのこ句会」は長年前記の文人たちの楽しみの天皇誕生日であった。
たけのこ句会
芹摘んできて落日に手を洗ふ    (昭和51)城太郎
木々芽吹くひとが見えねば歩をかへす(昭和54) 〃
昭和四十二年句集『念珠の手』を刊行。
「佛陀と共にあなたは粛々と歩んでいられる 法雨の道を 菩提樹の花ざかりの道を永劫の白のコスチュームで 田中冬二」
昭和十八年から四十年までの二九四句で、戦中、戦後の混乱からの立ち直りの中、病草城見舞をはじめとする旅は、人に会うために、そして人を迎える為にの人恋いの旅で、青柳寺は常に旅人の憩の宿ともなった。
昭和四十四年、不審火による本堂の炎上
四月二日、本堂炎上
焼け出され乞食柳に芽張られて         城太郎
火事以後のいつもねむたし罌粟坊主         〃
おたまじやくしうしろめたさのなほとれず    〃
昭和五十一年句集『まんだらげ』刊行。「十月廿九日本堂山門の落慶法要を厳修す。炎上以来三年有半、茲に完成を見たり。…略。三句」
    夢托しきれざるものへ唇寒し
    ひとに蹤きひとに蹤かるる稚児の秋
    天童のいろあざやかに芋の秋

昭和六十年一月四日、当時私の勤務していた国立相模原病院にて遷化。享年七十二歳。

篠田悌二郎


感性の篠田悌二郎    平柳草子


私の俳句のスタートは昭和十六年中学二年生の時であった。父(青陽・「馬醉木」一句組)を師に、母と兄(青旦子)と私の四人句会が炬燵に入り乍ら始まった。時に警戒警報のサイレンが鳴ると、電燈の笠に黒い布をかけ、明かりが外へ洩れないようにして句会を続行したりした。今考えれば呑気な戦時下であった。
こうした家内行事的な句作りが十五年間ほど続き、昭和三十一年、父のすすめで篠田悌二郎先生の「野火」に入会した。その頃会社では営業部に所属し、甲信越、北関東担当で週五日は出張、在京時は接待と忙しい日常で俳句から離れ勝ちであった。昭和四十年代は大阪支店勤務(七年間)があり、後半は本社勤務と環境が変わり、俳句不作期間になってしまった。
昭和五十一年、子会社への出向が決まり、一転して時間的余裕と行動上の自由の身となり、再び俳句への回帰路線に入った。「野火」の年一回の一泊吟行は福島、新潟、長野などが主で、それには必ず参加した。そうした際、悌二郎先生は「人事句より風景句の良さ」を主唱され、それは「野火」の主唱でもあった。私の脳中も風景句で満たされて行った。
ここに悌二郎先生の句を掲げると、

日のある梅うれひの梅も雲一朶
ささ鳴の後遙かより山の音
佐渡の方より一沫は渡り鳥
来てわれの一つ灯ふやす雪の谷

右の四句は全て吟行句で、細やかな感性の結晶である。そして句の底に流れる情感で裏打ちされている。先生の持ち味と言えよう。
「野火」の流れに戻ると、昭和五十年半ばに若手八名が選ばれて野火新人会が発足した。この会は一年という期限付きで、赤羽の先生のお宅で毎月一回行なわれた。全員嬉しくもあり真剣に取り組み、出句に対する先生の講評に聞き入った。中には福島から毎月参加の者も居た。
その新人会の一年が終り、会を共にした者を中心に、「火の会」を結成し、阿部誠文が結社内同人誌『火』の発行者となった。会規の中に「会員は野火の次代を担う作家とする」と記した。こうした活気ある行動も他の高齢会員との反りが合わず、『火』は十年間に五十五号まで発行して終刊し、「火の会」も解散した。
今振り返ってみると、前述の一年間の野火新人会で、直接悌二郎先生の薫陶を受けたことが、今の私が存在する大きな起爆剤であったと心底から感謝している。

佐伯昭市


学究俳人・・・ 佐伯昭市(檣 頭)   川辺幸一

 元横浜俳話会会長佐伯昭市先生は、昭和二年仙台市生まれ、俳句作家であるとともに俳諧を論ずる大学教授でもあった。元禄の俳諧を専門とし、芭蕉を中心に嵐雪、去来、来山、言水、才麿などに対する多くの論考があり、西行や定家の和歌も論じている。
 私が先生に初めて接したのは、中学三年の東北を巡る修学旅行だった。ご出身が仙台であることから引率教諭を引き受けられていたのだ。高校二年、三年と続いて担任となり、お宅を訪ねるうちに句会に誘われ、作句の手ほどきを受けることになった。年譜をみると私の高校在学中は東京大学大学院に籍を置かれていたことになる。博士課程を修了後、明治大学講師を兼任されている。
 その頃は間部隆の俳号で同人誌『炎群』の代表として高校生、大学生を指導していた。先生の師は仙台時代から続く「俳句饗宴」の永野孫柳、上京後は「暖流」の滝春一である。後に中島斌雄の「麦」に同人として参加している。その間に卒業論文を発展させた「つくる俳句」(緋衣)、「造型俳句序説」(暖流)、「造型俳句論」(俳句往来)などを発表し、俳句の進むべき方向を説いた。
 ご自身の俳句理念・造型俳句を実践すべく俳句結社「檣頭の会」を創設したのは昭和四十五年二月であった。俳号は本名の佐伯昭市とした。また、克子夫人とともに登山にも熱中され、その頃の作品は山岳俳句と旅吟が多い。
  来しは雪渓霧に鋭(と)く冷ゆとりかぶと (鹿島鑓)
  霧おし分く積石(ケルン)の列よ蒼く濡れ(爺岳山頂)
  湖は神話のはらわた夜涼湧き立たせ      (松江)
  聖堂のステンドグラス青嶺と海         (函館)
 やがて、七十年安保の嵐が大学にも押し寄せる。
  鎖す大学サルビア火の粉となっては枯れ
  乾ききった大学秋蝶地に下りぬ
 和光大学図書館長、文学科長等を歴任の後、昭和六十二年、定年を待たずに退職、名誉教授となる。作句活動と著述に専念なさるつもりであった。ところが平成九年九月、克子夫人が鳥海山で遭難死、その悲しみが癒えぬまま翌十年十月、脳溢血のため急逝された。
 相次ぐ悲報に『檣頭』は途方に暮れたが、後を継ごうとする者がなく廃刊となった。平成十七年、七回忌に集った檣頭同人たちから先生の俳句理念を継承したいとの声が挙がり、「海鳥の会」が発足する。生前、句集を上梓することがなかった先生の作品を纏めたいとの意見があって海鳥三周年に句集『佐伯昭市集』を出版する。これより先に佐伯ゼミの教え子たちによって論文と俳論『俳句の論―古典と現代―」が編まれた。ご夫妻のお墓には次の句が刻まれている。
  霧よりも白し白樺は眠らぬ木         克 子
  春愁や電池の切れし腕時計          昭 市

河野南畦


《八十八夜》の師弟…河野南畦(あざみ)   小野元夫

 私がはじめて河野南畦先生のお宅を訪ねたのは、私が十八歳になったばかりの五月初旬だった。このとき先生が大正二年五月二日生まれ、私は昭和二十三年五月二日生まれでともに《八十八夜》に生を享けたことを知った。そこに何か因縁めいたものを感じたものだ。南畦居のある横浜市港北区大倉山は当時まだ田園のなかにあって、その匂うが如き春の闇に蛙の声のみが喧しかった。私はかしこまって先生の温和な目元だけを見つめていた。
  田蛙の囃すよ我が師と決めしより   元夫
  五月二日師弟溶け合ふ誕生日     〃
 思えばこの日、私は「河野南畦」を生涯唯一の師と決めたのだ。
 先生は大学に入ったばかりの私に向かって、君は学校を出たら立派な社会人となり、いい家庭を築きなさい、と言われた。なぜか俳句の話は出なかった。そのことを鮮明に覚えている。のちに「都会派」と称された先生自身、大手都市銀行に勤め、マイホームと家族を大切にされ、スマートな手法で有為な弟子たちを結社内に育てた。私はときに「サラリーマン俳人」の先輩として、その処世を有意義に活用させて頂いた。また一方で先生は過去に横浜俳話会の設立に尽力するなど、なにより《横浜》が似合う俳人でもあった。野毛や伊勢佐木町での粋な飲み方を熟知されてもいた。
  ゲーテ座の昔冬木が風呼んで   南畦(昭50)
  秋風や鳥の眼にある異人墓地   〃  (昭51)
  ソ連船荷役荒ら語に雲炎えし    〃  (昭52)
 これらの作句工房の意識下には古沢太穂氏や秋元不死男氏ら、ともに横浜の街を愛し、横浜俳話会を盛り上げた郷土作家たちへの親愛の情や、ときに遠眼差しや、また或るときには意地さえ見せた。
 ところで…
  誕生日この一日の薔薇を買ふ     南畦
 昭和四十一年の作。痩身で寒がりの先生にとって五月は一年のうちで最も好きな季節だったようだ。そのせいか自祝の《誕生日俳句》も数々作っている。「生在ることを確かめた歓びに浸る一日でもある」(南畦著/随筆集『朝雲夕雲』)とも書いている。私は先生の薔薇好きをよく知っていたから、誕生日のたびに赤い薔薇の花束を持って私邸へお祝いに行った。男同士で花のプレゼントなんておかしいとも思ったが、それはまた私自身のバースデイへの楽しみ方でもあった。
  八十八夜南畦生を享けし夜       元夫
 平成二十一年八月号の「あざみ」で子息の河野薫主宰が雑詠巻頭に採ってくれた一句だ。

大野林火


林火先生の酒の句      松崎鉄之介

一合の酒剩しきく初蛙           昭和三二年
雨蛙不思議に酒の飲める夜や      昭和四二年

 この両句は自註現代俳句シリーズ『大野林火集』と小生の書いた脚註名句シリーズ『大野林火集』に共に載つている句である。一合の酒の句は林火先生が佐野俊夫より白幡南町の自宅を建てる為に借りた金が、『俳句』の編集を担当して角川書店より貰つた給料によつて完済出来たのを期に、当時「濱」の編集を担当していた私と、会計事務を担当していた田中灯京氏と二人が林火宅によばれて夕飯の御馳走を受けた時の事で、奥様の手料理と云つておられたが仕出し物であつた。亡くなられた時に厨を初めて見たが、手料理の出来る様な厨ではなかつた。仕出し物の突出しが来て手を付けようとした時、男三人で一本もなくては可笑しいというので、奥様に一本つけさせたのである。そして夕食が始まつたのであるが、三人共下戸なので、夫々杯に一〜二杯で終つてしまつたのである。やうやく暗くなつた頃、蛙の声を聞いて一合の酒の句が出来たのである。
 さて第二句目は同席していないが別の時にその体験をしている。楠本憲吉氏の世話で冬の柏原へ行つた時のことである。前日上田城を見て別所温泉泊りであつた。一行四名であつた。温泉へ入つて温まつても出ればすぐ寒くなり、三階の部屋へ入る迄に湯で使つたタオルが棒になつて凍つてしまうのである。食事しながらも背中がぞくぞくするのでつい酒に手が行つてしまうのである。四人で十五本程飲んだのである。小生も一本は飲んだであろうが酔わなかつた。先生も二本以上は飲まれたようであつた。考えて見れば私も役所に長く勤めていた間は飲む機会がしばしばあつた。秋から冬に掛けて、いつというきまりはないが、体と気温の状況によつては不思議に酒が飲める時があるのであつた。林火先生もその時は丁度そのチャンスであつたと思う。二句共に蛙が季語となつているのが面白い。
 先生は私との会話になるとおのずからべらんめえ口調となる。昭和十四年の春、入門の時の会話は忘れない。「お前(めえ)何を詠つてんだい。何がいいでえんだよ」この一語ですつかりどやし付けられたようで、血がいつぺんに頭へのぼつて顔が真赤になつてしまつた。帰りの市電の中でもいやしめられた悔しさがおさまらなかつた。よし一度この恥を挽回しようと思うようになり、毎週十句ほど書いて行つて見てもらつた。その後「何がいいてえんだよ」の言葉は聞かなくなつた。或る日「おめえ馬上杯という言葉知つてるか」と云われたので、王翰の「葡萄美酒夜光杯、欲レ飲琵琶馬上催」ですかと答えたら、「そんなものじゃねえやい。女の腹の上で酒を飲むことだよ」と云つた。それを聞いた途端に先生は若い頃には相当酒を飲んだのではないかと思つた。

古沢太穂


「おみなえし」の句に惹かれて    古沢太穂(道標)
                    須田 紅楓

戦後、俳句を始めて七年たった昭和二九年十月、炭鉱ではたらく若者の俳句仲間で吟行をした。私の住む三井美唄炭鉱の周りには「氷原帯」「アカシヤ」「寒雷」など多くの結社があって交流も活発であった。
この日私は書店で創刊間もない『俳句』誌を買った。見開きのページの古沢太穂の次の作品に惹かれてしまった。私の所属する『水明』とは違う新鮮な魂を感じた。

工場地帯に虻が先行く運河わたる
いわし雲食後横臥す眼鏡澄み
おみなえしは草にまぎれ咲き被爆地帯  (三渓園)

当時の炭鉱は合理化、閉山反対で長いストライキで闘ったがついに閉山となった。私は昭和三七年夏横浜で就職、四二年の秋、多摩湖で開かれていた「赤旗まつり」に参加した。そのとき投句箱をみつけ一句入れた。午後投句の結果はと見ると、丁度私の句が評されていた。その人が古沢太穂先生であった。そのときの太穂選の句。
  赤旗まつりへわが体内とぴたりの空       紅楓
この日が太穂先生とわが「思い」の出会いと成った記念日である。ここで太穂先生のほか、橋本夢道先生、石原沙人先生に会って、不思議に「わが体内とぴたりの空」になった。勿論この場で「道標」「俳句人」の一員となった。
間もなく先生指導の「鶴見金曜句会」に参加するようになり議論の中の一言一言を大切に学んだ。句会後も京急駅前の「萬屋酒店」の暖簾をくぐり、ここでも論評が続き、先生の高笑いのあと順々と評する姿はいつも印象に残った。また焼酎の味もこの時から覚えた。
こんな事もあった。道標賞選考のとき、須田紅楓は欠稿が多すぎる、これがないと賞がとれると評された。これが刺激となって翌年は欠稿無しで「道標賞」を受賞。昭和五七年であった。翌々年「同人賞」も。この時ほど師の励まし、教えの有難さを味わったことは前後にない。そして私の欠稿封じで本部道標句会の責任幹事を任された。今思うと先生のご配慮だったなぁと嬉しく反芻している。
昭和五七年十一月、青森県深浦町八森山公園に先生の句碑が建立され、そのお祝いには大勢で先生と句碑を囲んだ。
  怒濤まで四五枚の田が冬の旅          太穂
白神山地のブナ林、日本海の怒濤、太穂師の呵呵大笑と仲間の笑いがいまも懐かしく聞こえてくる。太穂六九歳。

上田五千石


   「もがり笛」と「眼前直覚」        松尾 隆信

先師上田五千石を知ったのは、昭和四十四年の『俳句』二月号の誌上であった。「第八回俳人協会賞決定発表」と表紙右下にタイトルがある。この賞の受賞者が上田五千石。記事としては、受賞作品「田園」抄(五十句)、選考経過と評を不死男、桂郎、吉男、稚魚、時彦、草田男、秋櫻子の選考評。鷹羽狩行による六頁に渡る上田五千石論「伝承の使者」。他に書評欄で高橋沐石、句評蘭で香西照雄が評をしており、上田五千石特集号と言える内容であった。
この時の五十句の中で、次の一句に、強く惹かれた。
 もがり笛風の又三郎やあーい       上田五千石
さっそくこの句を、当時自分でガリを切って出していた同人誌の編集後記に引用しました。
なお、この『俳句』二月号には、飯田龍太が、その代表句「一月の川一月の谷の中」以下三十句を巻頭に発表して、まさに俳壇の頂点に立ちつつある時代でした。
この『俳句』二月号は以来、私の座右に常に有り続けて、この文章もそれを見ながら書いています。
さて、私が五千石に出会い入門したのは、昭和五十一年八月と七年余りも後になります。飛騨高山で「氷海」鍛錬会の席で『畦』も頂きました。まだ薄く世にまだ知られていないささやかな雑誌でした。
この頃の五千石は、「田園」で俳人協会賞受賞のあとの大きなスランプをようやく脱したところでした。
  竹の声晶々と寒明くるべし        昭和五十年作
  開けたてのならぬ北窓ひらきけり    昭和五十年作
  和紙買うて荷嵩に足すよ鰯雲    昭和五十一年作
【眼前直覚】の言葉を昭和五十年の作句の体感から得て、ひとりおのれの俳句を鍛え直した句集『森林』の時代の姿勢を確立した頃の五千石に、私は入門したのでした。
 その後、神奈川県下の「畦」の人達を中心に、【眼前直覚】「いま・ここのわれを詠む」集団「さねさしのつどひ(五千石命名)」を創立し、隔月に五千石指導の吟行会を行いました。この会への五千石の毎回出席は、昭和六十二年まで続き、以後は年一回の主席となった。NHKテレビ俳句の講師出演以後、超多忙となったためである。この会のメンバーが、現在の「松の花」をささえる中核の人達である。

小林康治


小林康治……俳句と酒と
         山本一歩


師、小林康治に始めて会ったのは昭和五十三年の夏のことだ。当時職場の句会に飽き足らず、俳句雑誌数誌を読んでいた。偶然にもその中に、職場の句会の指導者、榊原康一さんが所属していた雑誌があったのである。
その雑誌「泉」の藤沢で行われていた湘南句会が康治先生との始めての出会いの場所だった。
どんな句を出したのかも覚えていないし、また点が入ったかどうかも覚えていない。ただ記憶に残っているのは、句会が終ったあとの蕎麦屋の二階でのやり取りのことである。
当時の句会の世話役であった津田汀々子さんが、
「始めて来たのだから先生の前に座りなさい」
と言ってくれたのであった。恐る恐る前に座ると先生は、
「山本君はお酒は好きかね」
と聞く。私は、
「好きかどうかはよくわかりませんが、飲めることは飲めます」
と応えたのだった。そうすると先生は、
「それは結構、大いに飲みなさい。大いに飲んで、自分は俳句がうまいのだと思うことだ。それを繰り返していればいつかきっとうまくなる」
と言うのだった。
先生も周りの人もみなお酒が強かった。お酒を飲みつつ俳句のことは意地を張り通す。これが世間一般にいう「俳人」なのだ、とそのときに意識させられたのであった。
当時私は二十四歳、仕事では半人前にもならない若造だったが、そんな話の仲間入りが出来たことが、なにか一人前になったようで嬉しかったのである。
以来、「泉」から「林」に先生の主宰誌は移り、先生の亡くなる平成四年まで指導をいただいたのだが、先生が句会の席で採った句を褒めることはほとんどなかった。
始めのころはそれが不思議で、あるとき直接聞いてみたことがあった。先生は平然として、
「いいたいことがあるから採ったんです」
というのだった。採ってもらった句がこれでは、採られなかった句は箸にも棒にもかからないということか、とがっかりしたことを覚えている。
先生との最後の酒席は平成四年一月二十六日のこと。この日、「林」で始めての同人会の句会が行われた。そして、「耳ふたつあればふたつの寒さかな 一歩」が康治選に入ったのであった。先生に褒めてもらったのはこのときが最初で最後である。
それから八日後、先生は帰らぬ人となったのである。

皆川白陀


皆川白陀(末黒野)    松本三千夫

「末黒野」しか知らない私にとって、わが師といえば最初の出会いである皆川白陀先生ということになる。
白陀先生は、俳誌「末黒野」の創刊主宰者である。私がその末黒野に入会したのは 昭和二十八年、二十四歳の時である。二十歳前後の頃は、よくあるように詩は島崎藤村、短歌は石川啄木が好きということで、啄木の真似をしては短歌を作っていた。俳句は韻文の中では一番遠い世界であった。それが勤務の関係で、教えるためには自分でも作ってみなくては話になるまいと思っていたところ、勤務先の警備員が俳句をやっていて、先生を紹介してくれるという。それが皆川白陀先生であった。
俳句の道はただ一つ、伝統俳句のみと思っていたので、先生のモットーである「伝統俳句に徹し、泥手で稲を育てる」が俳句の道であると信じ、何の疑いも持たなかった。偶然とはいえ今でもそれがよかったと思っている。
こうした偶然は、初めて買った句集にもあった。本屋の棚に並んだ句集のどれにしようかと何冊かをぱらぱらと捲っていたが、ふと目に留まったのが署名入り特製本「石田波郷編『水原秋桜子句集』」であった。この時に石田波郷の名前を知ったのであるが、後年、白陀先生の後を追うように、波郷先生の『鶴』に入会することになろうとは夢にも思っていなかった。
白陀先生は大正三年二月二十日、秋田県生まれ。したがって、私が末黒野に入会した頃は、先生はまだ三十九歳であった。その白陀先生の印象を「末黒野」七百号記念特集号に、次のように書かせていただいた。
   「この末黒野に脇目も振らずに付いてきたのは、主宰であった白陀先生の俳句に対する情熱と、その飾らない暖かな人柄のせいだと思っています。何しろ私が末黒野に入った頃の先生は、まだ四十歳前でしたから血気盛んな年代で、年の離れた兄さんといった感じでした。(以下略)」
こと俳句に対しては熱く燃え、波郷先生をして「野武士」と言わしめたのも、俳句に対する激しい情熱ゆえであろうと思う。俳句に対する自信の裏付けなくしては適わぬことであろう。その辺の事情は、「日矢」の主宰、清水基吉先生の次の言葉にも伺われる。
   「私はたくさんの俳句仲間を持ってきたが、どんな句会でも、選者の講評にもっとも熱心だったのは白陀君だった。熱が入るほどに、秋田訛りが出てくるのもご愛嬌だった。」(「桑」第三号より)
秋田訛りといえば、白陀先生の「秋田音頭」は絶品であった。有名であった。節回しは正調だが歌詞は艶っぽい替え歌で……。その先生が逝かれて今年は二十二年目、先生への思いは少しも色褪せることはない。

和知喜八


親父のような喜八先生……俳句は書き急ぐな、と
             三村凪彦

和知喜八先生との出会いは、今から三十五年ぐらい前の昭和四十一年頃、日本鋼管株式会社(現在のJFE)の俳句部に入部してすぐ宮崎筑子さん(横浜俳話会在籍―「街」同人)に連れられて、休刊中の「饗焔」の東京句会が初対面であった。たしか、神田三崎町の「窓」という喫茶店であった。当時の「饗焔」は同人誌で、在籍者は六十人前後で、女性は十名前後の男性ぽい句会だった。喜八先生の頭髪はまだ残っていて、往時の〈スッポン喜八〉の面影がかすかに残っていた。喜八先生は代表で句会を仕切っていた。直接指導をいただいた記憶がなく、何時も宮崎筑子さんからの指導だった。
この出会いの以前の、昭和三十一年四月十一日、秋元不死男ら三十八名を発起人とする「横浜俳話会」が華々しく発会していた。その発起人の中に、人付き合いの上手でない喜八先生がいた。おそらく、「寒雷」の仲間であった古沢太穂さんのすすめによるものであったろうか。
昭和三十三年十一月刊行の『横浜俳話会合同句集―第一句集』に〈腸詰俳句〉の名残を少し残した次のような作品十句を寄稿している。
  ?抜き舟へ鯉幟一本赤く躍る
  倉庫上屋に黒い学生達艦が沖へ
  霞んで赭い満月街娼と運河隠る
昭和四十三年「饗焔」が復刊して、三年後の四十六年頃から、宮崎筑子さんの誘導で、編集の実務を担当し、会誌「饗焔」を季刊刊行から隔月刊行を経て月刊誌への移行作業に関わった。その間、喜八先生も同人代表、会の主宰者へと変貌しつつ、その都度、指示をいただいた。
「饗焔」の復刊と機を一つにして、喜八の抒情俳句が完成したのである。すなわち
  分水嶺発しゆくもの柿に会え
  定年や山の蜜柑の顔があり
  錦鯉は夜がくるまでの雪女
  寝るときのこのでこぼこの夏蜜柑
  ささめ雪この樅消せばすべて消ゆ
「饗焔」に入会したばかりの一年生に、親しく声を掛けてくれるとは思われないが、内向的な先生が安定期に入ったばかりで、積極的な教導をもらった事も、他の先輩諸氏に対しても、手を取って教える事はしなかったように思う。しかし、今になって思い当たるのは、喜八先生の考え方、俳句作品、生活態度が、総て指導になっていたように思えるのだ。その一つに、吟行が好きで、日常作品が出来なくなると誰彼となく声を掛けて出かけていた。吟行地に行っても、俳句手帳も出さず、同行者と四方山話に打ち興じていた。「俳句は書き急ぐものではない」とつぶやいて、締切時間ぎりぎりの出句だった。


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ