みなとみらい俳句賞


募集要項


第4回 みなとみらい俳句賞募集

横浜俳話会独自の賞である「みなとみらい俳句賞」
を実施致します。奮ってご応募下さい。

応募資格  横浜俳話会会員(役員及び大会選者を除く)
応募費    無料
応募作品  未発表作品20句(季は問わない)
応募要領  A4判400字詰原稿用紙(2枚)
☆1枚目 タイトル・住所・氏名・年齢
☆2枚目 作品20句及び欄外にタイトル

締切 平成26年7月31日
顕彰 みなとみらい賞(表彰状及び3万円)
   準賞(表彰状及び1万円)
     横浜俳句大会にて顕彰します。
選者 横浜俳話会会長、副会長、幹事長、副幹事長

送り先  〒236-0057 横浜市金沢区能見台3--51-1 F-1004
      中島俊二 方「みなとみらい俳句賞」係

平成28年(第5回)


応募作品 29編

第五回みなとみらい俳句賞
    「冬桜」       井出佳子(白馬会)
春めくや杖より伝ふ地の鼓動
光背の闇深まれり春灯
夕汐の満ちくる入江葦の牙
わらわらと猫生まれたる春の宵
花菜咲く段畑の空傾けて
水音のつき来る小径山法師
晩学のいちにち一歩かたつむり
蟻の列中だるみしてをりにけり
老鶯や無になりきれぬ座禅の身
わたつみの供華は貝がら雲の峰
いつの間に消えし駄菓子屋鳳仙花
体温計微かに鳴れる良夜かな
閑けさの間合をためて添水鳴る
防人の眠れる岬鳥渡る
名石に流転の窪み秋深む
?田の詮なき丈を揃へけり
冬桜うたかたの色泛べたる
短日や足湯に迫る山の影
あれそれで通じる会話日短
冬ぬくし椨千年の息づかひ

第五回みなとみらい俳句賞準賞
 「タワービル」     佐藤廣枝(海鳥)
深爪の親指があり大試験
タワービル今日は左に朧月
大吟醸ふたつに見えるおぼろ月
引力のゆるむ一刻花吹雪
花のもとあんぱん分け合う二人です
桜蘂降るくすぐったい土踏まず
春の雷録画の中の地震情報
羽衣の衣ずれの音春夕焼
星々のつながる全天遠蛙
陽炎へ近づきすぎて見失う
さくらんぼ距離が生れる二親等
レストランのおひとりさま席窓若葉
若葉光卓の木目が動き出す
窓若葉荷が出たあとのがらんどう
散策の絵地図をかざす薄暑かな
街薄暑とっさに出ない英会話
より高く平和祈願の笹飾り
青嵐脱皮始まる鼻の先
明易し耳から覚める山の宿
星月夜かすかな風の子守歌

平成26年(第4回)


応募総数31編

<予選通過者>
北野清一、加藤健一、井出佳子、島 杜桃、西田みつを
清水善和、惣野圭子、梅津大八、久里枕流、三浦たかし
本間満美、渡辺時子、山本一葉、表 邦彦、織本瑞子

・第四回みなとみらい俳句賞

  「赤」        山本一葉(谺)
転がつて踏みとどまつてトマトの赤
潔く麦酒を干して帰りけり
てのひらを濡らして去りぬ蛍の火
夏蝶の迷ひし道を楽しめる
ともかくも素足となりぬ軽くなりぬ
梅雨晴の土に遊んでもらひけり
蜥蜴の尾置いていかれて戸惑へる
金魚ゆらゆら涙こらへる子に優し
大いなる吐息をひとつ滴れる
片蔭の土産物屋に入りけり
寝てをれば暑さ腹這ひつつ迫る
浴衣着て遊んでくれぬ子となりぬ
中指の目立つてゐたる暑さかな
そそくさと客の来て去る土用かな
噴水の音かろやかに聞くベンチ
夕焼がしたたつてくる小学校
バス行つて片蔭なくなつてしまふ
風涼し上手に本音隠すとき
大西日を受け止めてゐる野球場
籐椅子が離してくれないので眠る

・第四回みなとみらい俳句賞準賞

  「手鏡」       渡辺時子(谺)
たんぽぽは摘みたくなつてしまふ花
たまゆらの風にたぢろぐ雀の子
手鏡の少しくもりし花疲れ
花屑の遊びてゐたる滑り台
亀鳴くを信じて亀を買うてみる
二階より見下ろす泰山木の花
淋しらに人懐つこき蛍来て
昆布干す帯を広げるやうに干す
争ひはぜつたい嫌ひかたつむり
招き猫古びてをりし滝見茶屋
大昼寝夢のつづきは又あした
真清水のあをきが喉をとほりけり
夏雲をがばりと呑みし河馬の口
たまさかに下谷にをりし露伴の忌
鼠花火わたしばかりが追はれけり
ポタージュを冷しゐる間に大昼寝
被りてみる夫の残せし登山帽
大きさの揃はぬ月見団子かな
朴の葉のばさりばさりと散りにけり
瞬けば綿虫ふゆる波郷の忌

・第四回みなとみらい俳句賞準賞

  「水」        表 邦彦(あかざ)
虹といふあやふやな脚立ちにけり
青しぐれ水の平を驚かす
百選の水足してある金魚かな
青葉風テナーの声の裏返る
風鈴や沖に雲湧く無人駅
夾竹桃空に深みのひとところ
空蝉をのせて水面のへこみたる
天瓜粉匂ひて時のはるかまで
不可思議な呪文のやうにところてん
凌霄花の吐き出す昼といふ媚薬
日の暮るるまでに間のあり山法師
待つまでの水はすべすべ蛍の夜
身の内に満ちて晩夏の波の音
闇あればこそ流灯の生き生きと
さざ波に銀河のかけら紛れけり
水槽に水の断面いなびかり
人体は聖なる器水の秋
流木のひときは白き焚火跡
折れさうなこころに島の花便り
堰の水落花をとどめ落ちにけり

平成24年(第3回)


応募総数21編
<予選通過者>
吉里良夫、久里枕流、関根洋子、吉居珪子、吉田善一
島 杜桃、清水善和、油井恭子、松塚大地、守屋典子
山本一葉、斉藤加代子、梅津大八

・みなとみらい俳句賞

「朝曇」     斉藤加代子(谺)

紫陽花の白に惹かるる齢かな
羅をまとへば水のささやきぬ
サングラス外すやたうたう笑ひ出す
朝の星ひとつ糸瓜の花三つ
矛杉を仰ぐ夏帽胸に当て
青柿の落ちて弾みし歌枕
蜜豆や雨は暫く待てば止む
旅の傘乾かしてゐる扇風機
横長の海をうしろに立葵
両端に海のはみ出す葭簀かな
舟虫のいづこに散るも淋しかり
我武者羅な塩とんぼ乗る山の駅
カンカン帽忘れてありぬ水呑み場
黒揚羽好きでもなくて好かれをり
手花火や風除けに父坐らせて
夏青空ポプラに迷ひなかりけり
火の色の酸漿すこし冷たかり
出来栄えを褒めてなすびを貰ひたり
掻き混ぜる納豆重し朝曇
七夕の飾りも海も雨のなか

・みなとみらい俳句賞準賞

「逃げる」     山本一葉(谺)

きれいな目を隠してしまふサングラス
ひらがなのどかりと暑中見舞くる
梅干の皺をのばせば笑ひけり
飲むときのきらめきありしソーダ水
泳いでゐるつもり浮輪に連れられて
砲丸に似し飴玉が蟻の前
裏切りのあとの冷酒苦かりし
白玉の甘さは優しさと思ふ
本当の願ひはひみつ星まつり
天の川指一本の橋わたす
無視されて海月ひらべつたく泳ぐ
冷房を効かせ鬣いきいきす
風鈴に心やさしき音もらふ
気まづさと一対一の金魚かな
づかづかと来るのもよろし心太
行儀よき小さな客へメロンかな
ほどけゆくときの恥らひ水中花
誰も居ぬ砂浜焦がし夕焼くる
片蔭のゆつくりゆつくりと逃げる
蝉声に襲はれてゐるひとりかな

平成22年(第2回)


・みなとみらい俳句賞
「海の蛍」  高尾峯人(谺)

やはらかきもの踏んでゐる春の闇
鷹鳩と化してしやつくり止まりけり
蟇跳んだつもりが跳べてゐず
簗番に朝刊届け替はりけり
出格子に山車の手筈を伝へけり
梅雨長し立つ脚替へて鷺眠る
睡蓮を見てゐる顔の揺れてをり
象の足どすんと梅雨の明けにけり
糸とんぼ風の隙間を進みゐる
寝言でも怒鳴つてゐたる三尺寝
片蔭に肩を縮めて入りにけり
真つ先に海風くぐる茅の輪かな
ライターの炎の縮こまる大暑かな
粥腹の浅き眠りや不死男の忌
涼しさや木の衣を被て木の仏
手拭を振られてゐたる帰省かな
累々と海の蛍や敗戦忌
酒飲みに山下りて来て威し銃
茄子の馬転げやすきは母に似て
尻餅のなんと大きな生御魂

・準賞
「冬薔薇」  染瀬一枝(無所属)

乳飲み子のまあるい欠伸梅真白
父と子の顔がゆらゆら水草生ふ
日時計に初蝶翅をやすめをり
春風やぱたりぱたりと象の耳
去り際に雉子がまた鳴くとのぐもり
店先に酒樽坐るさくらどき
濃淡のむらさきほどく花菖蒲
どんぐりのかすかなぬくみひろひけり
刈りのこす葦の一群空真青
冬薔薇せつなきまでに空蒼し

・準賞
「蛇の衣」  大本 尚(あすか)

遅桜吃水浅き渡し船
廃線の錆浮くレール余寒なほ
鰐口の響き重たし梅雨の空
夏草や丘に遺構の赤煉瓦
木洩れ日の崖に吹かれて蛇の衣
日盛や旧街道の休み石
つくばひの音をこぼして昼の虫
無造作に舫ふ釣舟小春空
覚えある民具の匂ひ寒夕焼
耳奥に残る霜夜の遠汽笛

平成21年(第1回)


・みなとみらい俳句賞
「初つばめ」 鴫原さき子

万匠の火入れの輔朝の蝉
?若葉夜空に風の巣のありて
守宮といる昔話のようにいる
山姥の吐きたる霧の盆地なる
鷹の眼の涯なきものを見つめおり
初つばめ相伝秘伝の蕎麦を打つ
雪解水ときに獣の声上ぐる

・準賞
「春夕べ」 原島叔子

髪切つて春風に身をゆだねをり
通過するバス停二つ桃の花
唐三彩のらくだ上向く春夕べ
折りかへす服の袖口走り梅雨
ぐい呑は琉球ガラス梅雨明くる
小鋏の切れ味にぶき残暑かな
木の葉散る森のくるくるすべり台

・準賞
「何も無し」 高尾峯人

蓴舟に乗せてあげると言はれても
ケルン積むただいま雲の通過中
月明の大雪渓を渡りけり
荒縄に乳房喰はせて昆布負ふ
海豹に見られて昆布拾ひけり
何も無し鰊番屋の夏座敷
鰊番屋裏で西瓜を咲かせゐる

 


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ