横浜俳話会大賞


「横浜俳話会大賞……著作物の送付のお願い


1 対象作品  句集その他著作物(横浜俳話会会員に限る)

2 対象期間  本年4月から明年3月刊行のもの。

出版された片は、速やかに幹事長宛に送付方お願い致します。
大賞候補作品としてノミネートされます。

受賞作品


平成28年(第19回)
大賞  和田順子 句集『流砂』

平成27年(第18回)
大賞  井上泰至『子規から虚子へ 近代俳句の誕生』
特別賞 栗林 浩『新俳人探訪』

平成26年(第17回)
大賞  麻生 明『かなぶん』
     川名奨義『海嶺』
準賞  深沢曉子『深?』

平成25年(第16回)
特別賞 田中不鳴『傘壽』
奨励賞 高尾峯人『自然』
奨励賞 渡辺時子『初鏡』

平成24年(第15回)
大賞 大輪靖宏『大輪靖宏句集』
特別賞 井上泰至『子規の内なる江戸』

平成23年(第14回)
大賞 秋場久雄『河川』
準賞 和田順子『黄雀風』
    勝又民樹『簡』


平成22年(第13回)
特別賞 野木桃花『野木桃花の世界』
奨励賞 小沢真弓『菜々』

平成21年(第12回)
奨励賞 有馬五浪『鯊日和』
     川名将義『湾岸』

平成20年(第11回)
大賞 浅井一志『百景』
    山本つぼみ『依知』

平成19年(第10回)
大賞 小林鱒一『古余呂伎』
    山本一歩『一楽』
努力賞 武田B子『朴の花』

平成18年(第9回)
大賞 該当なし
努力賞 大橋一青『象の耳』
奨励賞 今岡昭栄『ゼームズ坂』

平成17年(第8回)
大賞 該当なし
特別賞 河野多希女『戀句流麗』
奨励賞 相川玖美子『冬の汽車』

平成16年(第7回)
大賞 北 登猛『雲の峰』

平成15年(第6回)
大賞 三村凪彦『男貌』
    銀林晴生『飛鳥』

平成14年(第5回)
大賞 該当なし
特別賞 小林三青『素秋』

平成13年(第4回)
大賞 該当なし
特別賞 高橋流石『油彩・水彩』

平成12年(第3回)
大賞 該当なし

平成11年(第2回)
大賞 牧石剛明『聲韻』

平成10年(第1回)
大賞 該当なし
特別賞 佐伯克子『風吹くばかり』
      庄司圭吾『夏野』

平成25年(第16回)


○横浜俳話会対象特別賞 自選二十句

句集『傘壽』 田中不鳴

     日本中逃げるつもりで羽抜鳥
     竹輪一本穴まで食べて冬に入る
     雪女村の誰もが遇っていて
     立雛の百年立ってまだ立って
     山蟻の黙っておれば肩まで来
     それとなく煽いでくれている団扇
     午後長し風鈴一度だけ鳴って
     もう誰も破らぬ障子貼っており
     立ち止り見廻し蟻の呟けり
     炎天の一本道曲がろうともしない
     落葉降るこの世の音をみな消して
     考える葦吹かれても吹かれても
     花菖蒲人間見飽きたかもしれず
     少しずつ空をはみ出し鰯雲
     古民家に日本の暗さ梅の花
     冬の幹押せば生命が押し返す
     地震来たる立ち上らんと虚を?み
     十本の冬木十本の孤独感
     冬満月つくづく一人ぼっちかな
     秋灯また坊ちゃんを読んでいる

○横浜俳話会対象奨励賞 自選二十句

句集『自然』 高尾峯人

     春といふ別の寒さの机かな
     涅槃図の外の赤子が泣いてをり
     あたたかや道をつついて靴を履く
     木の枝に靴を履かせて磯遊び
     月明やジュラ紀の影を守宮曳く
     無言館出てくしやくしやの夏帽子
     太陽の中より滝の落ちにけり
     川覗く人に加はる初秋かな
     稲雀一羽が違ふ方へ飛び
     羊羹のおいしい厚さ月祀る
     水の空深きところを雁渡る
     白昼の死角雀は蛤に
     障子貼るところどころで済ませけり
     思ひ出し笑ひのやうに返り花
     くつさめを田山花袋で押へけり
     大綿のうす日射すときひかり合ふ
     見えるもの寒し目つむりても寒し
     大年の郵便受を拭いてをり
     洗顔の肘に廻りし寒の水
     寒柝の打ち手替りし音ならむ

句集『初鏡』 渡辺時子

     群れ鳥の真つ白といふ淑気かな
     いつの間に夫の顔ある初鏡
     立春の水に放ちし菜のあをさ
     鳩時計鳴かなくなりて日の永し
     風が風生みかたかごの群生地
     梅花藻の花泡沫を抱きをり
     ゆたかなる春光水を奔らしむ
     落人の郷整然と田の植わり
     灯すごと三つ四つ花の糸瓜棚
     花は葉に眠つてばかりゐる駱駝
     海の日の海に真向かふ不安かな
     朝市の干物あがなふ海霧の中
     秋蝶を連れて街頭無言劇
     林檎の香背中合はせの駅の椅子
     大花野迷ひしことを楽しめり
     人形も腹話術師も赤い羽根
     馬柵に干す靴の大小霧晴るる
     大寒の真つ正直といふ寒さ
     雪を恋ひ雪を疎んじゐて母郷
     雪降るや糶場に鮫のよこたはり


平成24年(第15回)


○横浜俳話会大賞  自選二十句抄

『大輪靖宏句集』   大輪靖宏著 

風神の恋の吐息や春一番
棒きれで叩けば春の水光る
引越してまづ花種を蒔きにけり
生きるとは朧の中を歩むこと
光より薫りへ風の移りけり
江ノ電が曲がれば白帆夏の海
人の世をよそ事に見る金魚かな
魔女飛ぶをちらりと見たり星月夜
死といふは生者の儀式彼岸花
村の灯のさらに減りたる帰省かな
落葉踏む地球を浅くへこませて
時雨忌や我は七十五の童
ファラオの金クリムトの金初日の出
嘘つきの女の好きなソーダ水
天高し街まで二里の長寿村
蟷螂は怒り続けて枯れにけり
生きてゐる力を吐けば息白し
おやこんな小さな川に浮寝鳥
麒麟にもなれず老いけり駑馬の冬
恋の句を作りたしとて春を待つ

平成23年(第14回)


〇横浜俳話会大賞二十句抄    (大関洋抄出) 

『河川』     秋場 久雄
 
凍滝のぐいと迫りぬ父の胸
西方の明るき冬至南瓜かな
?田の無為の青さに出会いけり
ひとつずつ星を拭いぬ山清水
虹消ゆるまでは点さず山女宿
鰐の歯の見えて岬の冬灯
走り続けた男がひとり天の川
傾げたる内の燃えおり白日傘
流木にハンカチを敷く別れかな
そこらじゅう陽が跳ねまわり梅が咲く
十三夜一周遅れの僕が居て
空が落ちそうで冬帽子が脱げぬ
駅の鏡に春愁を捨てている
かなかなの木はたましいの集まる木
麦秋の眼鏡の縁を貨車巡る
コスモスと揺れて無職のベレー帽
遠花火わが腑を進む水のあり
明易の艇庫の闇を開け放つ
枯蓮に武士の一分確と見き
麦育つ背中ばかりを吹かれいて

〇横浜俳話会大賞準賞自選十句抄

『黄雀風』     和田 順子

春蘭の待たるることもなく咲けり
葉桜や馬の手入れは蹄より
けふは雨港に椎の花匂ひ
梅雨深みたり先生の鶴見駅
百間廊下涼し僧徒に足音なく
新涼の午餐は波を高く見て
木の葉一枚水引つぱつて流れをり
冬薔薇の赤きところへ車庫入れす
七里ヶ浜に忘れて来たり冬帽子
波消に人登りをり黄雀風

『簡』      勝又 民樹

日は水にとどきはじめて破れ蓮
簡にして夕日こぼせり鴉の巣
水買つてをり雁が帰りゆく
川は川に近づいてゆく麦の秋
先をゆく人とのあはひ冬日さす
日傘来るうれしきことのあるやうに
階段の途中で座る十三夜
円空の仏とゐたり初時雨
種豚は奥に寝てをり注連飾
ひとまはり小さくなつて山眠る

平成22年(第13回)


<特別賞>
  『野木桃花の世界』   野木  桃花

春の鴨風の動きを読んでをり
静かなる反戦運動百合咲いて
僧二人若葉の谷を縫ふやうに
文豪の恋の行方や梅雨の路地
どの道を行くも静まり田水沸く
こぼれ萩朝刊少し濡れてをり
流行こそ不易なるべし水の秋
満月の風が磨きぬ未来都市
蓑虫の蓑の中まで海のいろ
まさをなる空を自在に鷹よ鷹

<奨励賞>
句集『菜々』        小沢 真弓

雪から雨へコーヒーの濃き深夜勤
鉈跡も荒き仏や飛騨に雪
夜勤明け背伸びして冬輝かす
爆音に冬の日溜り切り裂かる
母らしきことなど粥を炊く晩夏
産声をあげて寒夜を輝かす
めぐりては阿修羅に戻る秋しぐれ
原爆忌ラムネの玉の落つる音
菜々卒園キラリと蝶になる仕草
故郷の駅や風花かと見上ぐ

平成21年(第12回)


<奨励賞>

『鯊日和』 有馬五浪

囀やていねいに靴磨きゐる
子供の日なんでも入る袋かな
ぽつかりと青空のあり滝の上
蜘蛛の囲を大きく張つて蜘蛛の留守
香水や一人となりし昇降機
鯊日和潜水艦の浮いて来し
繊細にして大胆に曼珠沙華
上野駅何処からとなく林檎の香
石頭やはらかくして牡嘱すする
氷張る鮒とその他眠らせて

『湾岸』 川名将義

雪解けの一滴海をこころざす
日は西に干潟は海に戻りけり
いくたびも砂噛む波の遅日かな
湾岸の灯を弓なりに金魚玉
風景の中より百合を剪り落す
長き夜やタイタニックをまた沈め
実むらさきいつしか空の早瀬なす
色鳥や切手はいまも祇めて貼る
捨てにゆく荒野のごとき古暦
雪の闇しらじらと雪まとひっく

 


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ