シンポジウム


第15回 横浜俳話会シンポジウム


横浜俳話会シンポジウムのご案内

日時  平成二十九年七月六日(木) 十四時〜十六時十分
会場  かながわ県民センター二階ホール
講師  片山由美子 先生(俳人協会理事、「狩」副主宰)
聞き手 井上泰至 俳話会幹事(防衛大学校教授、日本伝統俳句協会常務理事)

☆テーマ 「俳句のリズム」
俳句はなぜ五七五なのか?俳句のリズムの基本からスタートして、いい字余り・句またがりと、悪いそれとの区別など、その俳句にあった調べとはどういうものか、縦横に話し合います。
☆当日の予定  1400開始
1405 講師紹介
1410 片山氏からお話
1430 井上氏と対談
1510 休憩と質問用紙回収
1525 フロアからの質問に答える

会場整理費   千円
担当幹事    鹿又英一(045-491-5745)
          太田良一(045-832-4247)

第14回シンポジウム


創立六十周年記念 第十四回俳句シンポジューム

テーマ 『神奈川の俳句とこれから』
          ―俳句の方向性を探る―
来年度、横浜俳話会が六十周年を迎えるにあたり、神奈川で活躍した俳人とその作品を検証し、地域の特性とこれからの神奈川の俳句の方向性を探る。
コーディネーターは江戸文学の気鋭の研究者で子規研究でも知られる井上泰至氏が担当する。

日時     七月二十五日(土) 午後一時三十分
受付開始  午後一時(終了後、懇親会を予定)
場所  かながわ県民センター рO45-312-1121
参加費   500円(会場整理費)
司 会             有馬 五浪(谺)
コーディネーター   井上泰至(上智句会・若葉)
パネリスト        谷口ふみ子(船・山暦)
                 加藤房子(千種)
                 鹿又英一(蛮・豈)
              衣川次郎(港)
参加  70名

主催   横浜俳話会
事務局 梶原美邦・秋吉斉・井上泰至・鹿又英一・大関洋
連絡先 042-745-1752  梶原美邦

第13回シンポジウム


テーマ 「女性が詠む俳句」

場所  横浜市市従会館
     横浜市西区宮崎町25
日時  平成25年6月15日(土)
受付  午後1時
参加費(会場整理費) 500円

司会  有馬五浪(谺)
子0ディネータ〜
    井上泰至(上智句会)

パネリスト
    伊藤 眠(雲)
    阪西敦子(ホトトギス)
    松本凉子(花林)
    峯尾文世(銀化)

事務局
 麻生 明  電話045-921-5918
 

第12回シンポジウム


テーマ  『食を詠む』
――「食」との関わりに新しい発見を神奈川の精鋭俳人がその鍵を探る――

日時   平成23年8月1日(月)
      13時30分〜16時
受付開始 12時30分 (終了後、懇親会を予定)
場所   かながわ県民センター2F 大ホール
      横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
      п@045(312)1121 
会費   500円(会場整理費)

コーディネータ 田村ひろじ(道標・現代俳句協会)
パネリスト 井上泰至(上智句会・日本伝統俳句協会)
      鹿又英一(蛮・現代俳句協会)
      高尾峯人(谺・俳人協会)
      西野洋司(夢・現代俳句協会)
      野木桃花(あすか・現代俳句協会) 
司会    麻生 明(海鳥・現代俳句協会)

主催   横浜俳話会シンポジウム事務局  
担当幹事 秋場久雄・有馬五浪・井上泰至・麻生明
連絡先  045(921)5918 麻生明

第11回シンポジウム


テーマ  「俳句に於ける新しさ・若さ」


日  時  平成21年7月25日(土)午後1時30分
受  付  12時30分
場  所  かながわ県民センター 402会議室
会  費  500円(会場整理費)
コーディネーター  田中不鳴(現代俳句協会)
パネリスト   大輪靖宏(日本伝統俳句協会)
         小野元夫(あざみ)
         衣川次郎(港)
         永方裕子(梛)
司 会       有馬五浪(谺)

                    
※ 皆様お誘い合せの上ご出席ください。
担当幹事  秋場久雄、麻生 明、有馬五浪、飯村寿美子

第10回シンポジウム


テーマ 「横浜俳話会五十年」 ―いま、結社を超えて―
平成18年7月29日開催 参加51人
コーディネーター  山本一歩
パネリスト 勝又民樹、銀林晴生、三村凪彦、山本つぼみ

第9回シンポジウム


テーマ 「なぜ俳句か」
平成17年7月30日開催 参加74人
コーディネーター  銀林晴生
パネリスト 伊藤 眠、川辺幸一、小林鱒一、田村ひろじ

第8回シンポジウム


テーマ 「魅力ある俳句を」 −私の工房ー
16年7月24日開催 参加96人
コーディネーター  銀林晴生
パネリスト 秋場久雄、勝又民樹、永方裕子、野木桃花

第7回シンポジウム


テーマ 「今をどう詠むか」 −私の作句姿勢ー
平成15年7月26日 参加54人
コーディネーター  銀林晴生
パネリスト 須田紅楓、福原瑛子、大関 洋、堀江野茉莉 松本三千夫

第6回シンポジウム


テーマ 「新しい俳句」
平成14年7月27日開催 参加75人
コーディネーター  銀林晴生
パネリスト 相川玖美子、有馬五浪、飯村寿美子、三村凪彦

第5回シンポジウム


テーマ 「俳句は生き残れるか」
平成13年8月25日開催 参加70人
コーディネーター  平柳草子
パネリスト 石井流花、銀林晴生、小枝秀穂女、後藤和郎

第4回シンポジウム


テーマ 「俳句の出発は写生か」
平成12年7月30日開催 参加103人
コーディネーター  後藤和郎
パネリスト 麻生 明、池谷治代、鈴木句秋、山本つぼみ

第3回シンポジウム


テーマ 「類想・類型の周辺」
平成11年7月31日開催
コーディネーター  森田緑郎
パネリスト 加藤房子、衣川次郎、三村凪彦、山本一歩

第2回シンポジウム


テーマ 「季語の在り方を考える」
平成10年6月27日開催 参加70人
コーディネーター  森田緑郎
パネリスト 大関 洋、谷口ふみ子、津田 渡、野木桃花

第1回シンポジウム


テーマ 「私にとって俳句形式とは」
平成9年1月25日開催 参加82人
コーディネーター  森田緑郎
パネリスト 秋場久雄、荻田礼子、佐伯克子、平柳草子、山本一歩


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ