三渓園観梅俳句大会


第41回 三渓園観梅俳句大会のご案内


日時  平成29年2月26日〈日〉
場所     三渓園内「鶴翔閣」
受付  10時30分より
開会  12時30分
席題  園内嘱目一句
投句締切  12時
会費     千円(但し、入園料五百円は自己負担です。)
選者     横浜俳話会役員、他
賞品     横浜市長賞、三渓園賞、俳話会賞ほか多数

当日、投句箱俳句入賞者の表彰を行います。
一般の方の参加を歓迎します。

第40回三渓園俳句大会


日時  平成28年3月27日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者 96名

☆「投句箱」俳句入賞者

横浜市長賞
飛び石の歩幅の合はぬ残暑かな   加藤文子

三溪園理事長賞
石よりも水の静かに寒の入り     林 満子

横浜俳話会会長賞
下萌や命あるもの光り合ふ     清水純一

三溪園園長賞
白梅も紅梅もよき風の中      西川肇子

三溪園賞
機嫌よき夏うぐひすに迎へらる   沙海 悠

三溪園賞
何色の余生といはむ雪柳      朝倉水木

三溪園賞
目薬をさせば澄みたる虫の声    高尾峯人

横浜俳話会賞
虚子句碑の下五をおほひ乱れ萩   桑本螢生

横浜俳話会賞
戦ひの終りし如き破蓮       吉川幸子

横浜俳話会賞
母つれてさくらさくらの中に入る  松井鶴子

☆青少年の部入選作品
夕焼けに三重塔光ってる     (小学生)能登谷心咲
うぐいすの声と輪唱風の音    (小学生)川島 千枝
かめとこい橋の下にてまちあわせ (小学生)公手創太郎
はすの花ピンク色したおよめさん (小学生)今井 みゆ

☆当日吟行句

横浜市長賞
曳く水脈のなくて捨て舟さくら冷え   正谷民夫

三溪園理事長賞
池広くひろくつかひて残る鴨        吉田善一

横浜俳話会会長賞
水辺には水辺の世界猫柳        堀江野茉莉

三溪園園長賞
すぐくもる眼鏡桜が咲いたから      福原瑛子

朝日新聞社賞
花三分まだ核心にはふれられず    加賀田せん翆

神奈川新聞社賞
やはらかな風吹いてゐる菖蒲の芽   西川肇子

産経新聞社賞
追憶の又薄れゆく桜かな        白石文男

毎日新聞社賞
人ごゑの集まつてゐる桜かな      岡田史女

読売新聞社賞
山笑ふその頂に塔のあり       長濱 旭

文学の森賞
花の宴風呂敷ほどの指定席     吉野美和子

第39回三渓園観梅俳句大会


日時  平成27年2月22日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者 119名

<「投句箱」俳句入選句>
秋声を聴けり土橋を渡るとき    渡辺 時子

三渓園理事長賞
万緑の中石棺の黙深き   渡辺みね子

横浜俳話会会長賞
かなかなのさざ波となり暮れにけり    鈴木基之

三渓園園長賞
一塔を浮べてをりぬ梅千本   清水純一

三渓園賞
手品めく投句箱より秋の蝶   加藤正守

三渓園賞
古民家の足裏涼しき急階段   伊藤とく

三渓園賞
木の実落つ園の小径の観世音   古賀敦子

横浜俳話会賞
堂塔を見てをり梅の匂ひをり   吉田善一

横浜俳話会賞
観梅の一句残して逝かれけり   内藤庫江

横浜俳話会賞
梅の枝かき分けてくるランドセル   梅津大八


☆青少年の部入選作品
蓮の花葉っぱのかげからのぞいてる    (小)岩田 渚
あぢさゐの近くの水のリングかな     (小)川島 千枝
こどもの日ただただ寒いこいのぼり    (中)宗田あずさ


<当日吟行句>
横浜市長賞
雨が研ぎ風が研ぎたる梅ま白   谷口ふみ子

三渓園理事長賞
ふるまいは男手茶屋のあたたかし   名和美知子

横浜俳話会会長賞
咲くものに果てゆくものに春の雨   相 道生

三渓園園長賞
臥龍梅まだ肩の荷を下ろせない   梅津大八

朝日新聞社賞
老梅や生きねばならぬ服を着て   和田草治

神奈川新聞社賞
いつしかに一人ひとりの梅見かな   吉田善一

産経新聞社賞
約束の出来る仕合せ臥竜梅   根本朋子

毎日新聞社賞
白梅の咲いて厠の混み合へる   山本一歩

読売新聞社賞
梅東風や茶屋の古釜火の舐めて   松本三千夫

文学の森賞
雨を来し靴の余寒が並びをり   梶原美邦

第38回三渓園観梅俳句大会


日時  平成26年2月23日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者 138名

<「投句箱」俳句入選句>

横浜市長賞
梅東風の出入り気儘に初音茶屋    渡辺 時子

三渓園理事長賞
開け放つ古民家の土間昼の虫   大木 尚

横浜俳話会会長賞
大池の余白を埋めに鴨来る   橋本青草

三渓園園長賞
肩ぐるまして梅の香とふれ行ける   安達節子

三渓園賞
花嫁のあとさきに舞ふ揚羽蝶   小林不二子

三渓園賞
雛の間に静脈ほどの光り射す   松澤ふさ子

三渓園賞
落椿よけて押されし車椅子   八幡 操

三渓園賞
今年まだ杖に頼らず梅の径   穴水よね子

横浜俳話会賞
出不精に三渓園の梅便り   一宮英典

横浜俳話会賞
日向ぼこ猫にもありし指定席   鈴木幸子

横浜俳話会賞
観梅やいくたび渡る寒霞橋   高尾峯人

横浜俳話会賞
花嫁に出会ひし今日の桜かな   吉川幸子

横浜俳話会賞
また一つ星の流れて野外能   小林 知


・☆青少年の部入選作品

あきだからこいががつがつたべにくる   (五歳) なかにしたつみ
そよかぜでうちかけゆれるまぶしいな   (小三) 石野 礼愛
ふじだなはひとがいっぱいすずしいな     (小三) 山本幸多舞
さんけいえんひっそりとさくねこやなぎ    (小四) 川島千枝
キラキラと水のむこうに春の花         (小四) 柳下大地
さんけいえん自然いっぱいきれいだな     (小五) 金子美鈴
寒空に点々と咲く梅の花            (小六) 小松優太
風の中ほのかに感じる梅の匂い         (中一) 柳下航大


<当日吟行句>

横浜市長賞
春寒し水のとがりし手水鉢   鈴木和代

三渓園理事長賞
梅の香を連れて割り込む囲炉裏端   麻生 明

横浜俳話会会長賞
また同じ青年と会ふ臥竜梅   林 満子

三渓園園長賞
大池に春を吸い込む鯉の口   石坂晴夫

俳話会賞
梅ひらくころに始まる遠目癖   土生依子

朝日新聞社賞
梅の昼空がだんだん青くなる   大関 洋

神奈川新聞社賞
さざ波は風の言の葉浅き春   中村重次郎

産経新聞社賞
人をみて梅観て茶屋の薄座蒲団   高越研次

毎日新聞社賞
奔放に生きて悔いなし臥竜梅   鈴木基之

読売新聞社賞
生きるとは出会へることや臥竜梅   長浜 旭

第37回三渓園観梅俳句大会


日時  平成25年2月24日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者  153名

<投句箱」 俳句入賞者>

横浜市長賞
静止画となる夕映えの浮寝鳥     宇佐見輝子

三渓園理事長賞
花冷えや古民家の土間黒光り     梶本かれん

横浜俳話会会長賞
鯉の口静かに寄り来十二月      水島ユキ

三渓園園長賞
風招き風に睦みて乱れ萩      吉田克己

三渓園賞
息吸へばほんのり甘し梅日和   山本一葉

三渓園賞
古木には古木の誇り臥竜梅    江口來童

三渓園賞
橋ふたつ浮島ひとつ水温む    町田蒼風

横浜俳話会賞
小春日の捨て舟ゆらす川鵜かな  千葉忠男

横浜俳話会賞
青嵐一塔身のゆるぎなく     山口禎子

横浜俳話会賞
飛び石の一つひとつにさみだるる 加藤正守

★青少年の部入選作品
きれいだなむかしがわかる三けいえん  (小二)石野礼愛
かめさんにおせんべあげたよ子どもの日 (小二)金子夏実  
はす池に白とピンクの花がさく       (小三)川島千枝
かもたちがゆうがにおよぐ春の池    (小五)小松優太
ふじだなの下からながめるコイの池    (小五)鷲津明也
梅の花枝についた雪のよう         (小六)柳下航大

<当日吟行句>

横浜市長賞
さざ波の光とびつく猫柳     柳沢仙渡子

三渓園理事長賞
流れ来てここから春の水となる  白石文男

横浜俳話会会長賞
春寒や煤に太りし自在鉤     大木典子

三渓園園長賞
野仏の握りしめたる余寒かな   中村重次郎

朝日新聞社賞
梅日和やさしい言葉持ち歩く     脇本公子

神奈川新聞社賞
水音に風音に梅ひらくかな      岡田史女

産経新聞社賞
梅東風に薪の香混じる初音茶屋  鈴木香穂里

日本経済新聞社賞
鯉跳ねて梅の開花を促せり    田中悦子

毎日新聞社賞
溜息をつくとき梅のひらくとき  谷口ふみ子

読売新聞社賞
紅梅や風に膨らむ陽の匂ひ    鈴木和代

第36回 三渓園観梅俳句大会


日時  平成24年2月26日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者  140名

<投句箱」 俳句入賞者>

横浜市長賞
紫陽花の色が重たき塔の雨        山口義一

三渓園理事長賞
夏蝶や燈明堂の屋根の反り        青山冨美子

横浜俳話会会長賞
古民家の火灯窓よりさみだるる     加藤正守

三渓園園長賞
新しき舟もなじみて水の秋        山本美江子

三渓園賞
架け替へし木橋の香る新松子       柳沢仙渡子

三渓園賞
臥竜梅静かに時を見守れり        門 暁子

三渓園賞
水面打ち塔の高さへ夏つばめ        桑本蛍生

横浜俳話会賞
古民家に粗朶燃す匂ひ柿若葉       中村和代

横浜俳話会賞
口笛を吹く少年に柳絮飛ぶ         内田豊山

横浜俳話会賞
滴りの滲みて苔の匂ひけり         横井ひろ子

☆青少年の部入選作品
ふゆがきた子ぎつねこんこやまのこえ  (小二)五十嵐日葵
あさがおのつるもわたしものびにけり   (小二)伊藤 碩
池の水こいもかもめもきもちいいな    (小二)柳下大地
サギがいる夕日に光る池のそば       (小四)鷲津明也
緑陰にちよんと水さす青とんぼ      (小五)柳下航大

<当日句>

横浜市長賞
臥竜梅わたしに力瘤二つ           伊藤久生

三渓園理事長賞
うしろ手を正して梅を仰ぎけり      小林比奈子

横浜俳話会会長賞
いろいろな梅いろいろな岐れ径        小林一子

三渓園園長賞
水仙の日溜りはまた風溜り          鈴石紫苑

朝日新聞社賞
まっすぐに生きてるつもり臥竜梅    加賀田せん翠

神奈川新聞社賞
好きな道好きに歩いて木の芽風       浅沼さつき

産経新聞社賞
紅梅に声掛けてみるほめてみる       伊藤方恵

日本経済新聞社賞
其のむかし此処より海よ梅三分      尾崎よしゑ

毎日新聞社賞
水ぬるむ岸辺は人の寄るところ       谷口ふみ子

読売新聞社賞
賑ひてゐて閑かなり梅の園           橋本栄二

第35回三渓園観梅俳句大会


日時  平成23年2月27日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者  140名

<「投句箱」俳句入選作品>
横浜市長賞
うららかや巣箱のやうな投句箱    中村登美代

三溪園理事長賞
一舟を舫ふ池より梅雨に入る     加藤正守

横浜俳話会会長賞
胸深く受くる波なり残り鴨      鈴木基之

三溪園園長賞
行く秋や古民家にある臼と杵     鈴木まさみ

三溪園賞
爽籟や谷戸に迫り出す月華殿     吉田克己

三溪園賞
踏み石は大きな歩幅冬紅葉      稲塚のりを

三溪園賞
春の鴨陣ともならず漂へり      岩崎さよ子

横浜俳話会賞
大池の底までしみる蝉しぐれ     松本善明

横浜俳話会賞
風さやか赤絵の皿のみそおでん    原島叔子

横浜俳話会賞
しだれ梅水面に匂ひ移しをり     加藤恵子

―青少年の部入選作品―
おつきさまふねといっしょできれいだね (年長)小沢竜太
そらの下川がキラキラこいのぼり   (小一)柳下大地
ハスの下かえるの声が聞えるよ    (小四)柳下航大
木もれ日に小鳥のさえずり水の音   (小六)柴垣光希

<当日句>
横浜市長賞
梅日和坐れば眠くなるベンチ    加賀谷巳左男

三溪園理事長賞
みな遠くなつてしまひし春炉かな  山本一歩

横浜俳話会会長賞
加齢とは言はせぬ気骨臥竜梅    伊藤方恵

三溪園園長賞
破れ蓮と日向分け合う齢かな    諸角せつ子

朝日新聞社賞
古民家の土間に居座る余寒かな   中村百合

神奈川新聞社賞
木の橋を六歩で終る梅日和     麻生 明

産経新聞社賞
朱の橋を起点の水尾や春の鴨    横山節子

毎日新聞社賞
小流れの音でこぼこに木芽時    大木典子

読売新聞社賞
一徹の武士の気迫を臥竜梅     銀林晴生

第34回三渓園観梅俳句大会


日時  平成22年2月28日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者 160名

<投句箱俳句>

さくらしべ石棺の底埋めつくす 岡田貞子
新緑を突きぬけてゐる九輪塔 大内智恵子
大池に身をそらせつつ松手入れ 天野美代子
甘酒のよく売れている梅日和 江口來童
葉の少したわむ重さや蝸牛 中村晃子
蕗の薹かそけき昭和ありにけり 長谷部幸子
捨て舟に青鷺佇てり僧のごと 河野哲也
いくさ場のやうな蓮田や水温む 堀井 和
梅散るや空の明るさこぼしつつ 及川照子
まだ硬き水音に覚めし臥竜梅 水島ユキ

−青少年の部−
三けい園今度はどんな景色かな 田村純里(小学生)
大池にしょうぶのはながさきほこる 柳下航大(小学生)
池の中ひっそりとすむ小魚だ 星 達也(小学生)
蝉時雨緑が映えたる三渓園 福本恭佑(中学生)

<当日句>

横浜市長賞
三渓園まるごと濡れて柳に芽 渡辺照子

三渓園理事長賞
鴨に倦み水にも倦みし舫い舟 藤沢無可有

横浜俳話会会長賞
狼藉の雨紅梅に白梅に 岡田史女

三渓園園長賞
雨に濡れ山茱萸いよよ濃かりけり 宮島ムツ

朝日新聞社賞
春霖や寄りて離れて羽白鴨 松本三千夫

読売新聞社賞
梅林は誰にも声を掛けたくて 銀林晴生

毎日新聞社賞
譲り合ふ道も一会の梅まつり 山口美佐子

神奈川新聞社賞
老斑の手が触れたがる臥竜梅 伊藤久生

三渓園賞
一回転させて梅みる女傘 太田良一

横浜俳話会賞
あそこなら泣ける大きな臥竜梅 金子弓湖

第33回三渓園観梅俳句大会


日時  平成21年2月22日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者 166名

<投句箱俳句>

横浜市議会議長賞
骨となる枯蓮風のもう棲めず  柳沢仙渡子

横浜観光コンベンション・ビューロー賞
古民家の囲炉裏火淡し青時雨  田中啓作

三渓園園長賞
亀の背を亀よじ登る春うらら  原 久栄

横浜俳話会会長賞
観梅や日向日向を杖の母  岡田貞子

三渓園賞
降り出して青葉の匂ひあつめけり  小林比奈子
雁渡る空に大きな曲がり角  和田草治
春禽の翔ちて光となりにけり  中村登美代

横浜俳話会賞
目覚めては日のある方へ浮寝鳥  山崎石秀
横笛庵沈め紅梅咲きにけり  山口義一
音もなく青梅落ちる茶筅塚  倉橋千代子
探梅や足とどめれば水の音  西澤のり
閉園の夕日とあそぶ烏瓜  伊藤久生

<当日句>
横浜市長賞
ゆるやかに背を見せにきし春の鯉  渡辺照子

横浜市教育委員会賞
梅が香や内苑行けるところまで  鈴木美代子

横浜観光コンベンション・ビューロー賞
投句箱コツンと春の弾む音  大木典子

三渓園園長賞
俳人になり切ってゐる梅の前  板橋勝江

横浜俳話会会長賞
老梅や会わねば何時か遠くなる  和田草治

朝日新聞社賞
臥竜梅幹のねじれに力あり  柳沢仙渡子

神奈川新聞社賞
梅が香やゆるりと動く人の列  城戸 緑

毎日新聞社賞
梅咲くと会ひたき人のみな遠し  竹村清繁

読売新聞社賞
百歳まで生きてみようか臥竜梅  銀林晴生

横浜俳話会賞
どの杖も景にとけこみ臥竜梅  青山冨美子

第32回三渓園観梅俳句大会


日時  平成20年2月24日
会場  三渓園鶴翔閣
参加者 155名


<投句箱俳句>

炉明りに飛騨の匠の手斧あと  田野幸一
蔀戸を上げて涼しき横笛庵  安田のぶ子
老いること素直に受けて臥竜梅  菊本昌子
鳥声に膨らむ谷戸の冬木の芽  吉田克己
漣のここからは風半夏生  柳沢仙渡子
蕗の薹水音に覚め風に覚め  水島ユキ
一舟の影置き水の温みけり  石黒興平
児の素足ぶらりと抱いて梅の径  西村弘子
一山の動き出すかに花吹雪  増田道子
大亀に鯉の蹤きゆく小春かな  西澤のり
天授院懐に抱き山笑ふ  生田目常義

−青少年の部−

ありさんのお仕事道はいそがしそう  関 海音(七歳)
かきごおりたべてあたまがいたくなる  山崎 慎(小六)

<当日句>

手話の子が十指で告げる梅三分  中村重太郎
古民家に日本の暗さ梅の花  田中不鳴
梅真白隠し事などしてをらぬ  有馬五浪
日本に何かが足らぬ梅二月  勝又民樹
白梅や白き齢と思ふべし  福原瑛子
臥竜梅篆書のやうな影を置き  渡辺時子
金平糖のやうな児の声梅香る  春田千歳
向き合へばみんな善人梅の花  内藤ちよみ
梅が香や笑ひかけたる鬼瓦  石黒興平
囀りの散らばる風の強さかな  辻井ミナミ

第31回三渓園観梅俳句大会


日時  平成19年2月25日
会場  三渓園鶴翔閣

<「投句箱」俳句入賞作品>
       
亀の首伸びきって水温みけり  小林太朗
蹲踞の水の匂ひや梅真白  吉田克己
駘蕩と落花に昏るる飛騨民家  江口來童
ものの芽や一枚石の橋わたる  新井よし子
石棺の今は落葉の吹き溜り  丸笠芙美子
かがまりて水飲む猫や敗荷  原島叔子
来る人と去る人に会ふ鴨の池  梅津大八
一人来し横笛庵のしぐれをり  井上東水
枯れ急ぐ蓮のしどろもどろかな  桑原千穂子
内苑の奥に小流れ冬もみじ  根本朋子

(青少年の部)
梅の花雨の重みで散ってゆく  清水拓海(11才)
紅葉は風にゆられて旅に出る  永野美雪(12才)
花びらにつのる想いを託します  前田シエラ(17才)
紅梅の香りほのかに運ぶ風  石井和子(18才)
ふじの花ぶどうみたいでおいしそう  池田 望(11才)


<当日句>

人いれてふくらんでゐる梅林  谷口ふみ子
梅散りて地蔵が余すコップ酒  麻生 明
冴返る鼻の頭といふところ  堀江野茉莉
お囃子に踊り出さぬか臥竜梅  鍋島武彦
ふっと消えふっと射す日に梅匂ふ  黒滝志麻子
すこし開く横笛庵の春障子  内藤庫江
梅東風の転がってゐる水面かな  渡辺時子
男手の湯茶のふるまひあたたかし  青山冨美子
紅梅や多感に伸びる生命線  鈴木和代
梅の香や風の機嫌のよき日なり  田近栄一

第30回三渓園観梅俳句大会


日 時  平成18年2月26日(日) 10時30分受付開始
場 所  三渓園内 「鶴翔閣」

<投句箱俳句>

甲羅干す亀に日永の始まれり  栗田智江子
佇みて鴨に見られてをりにけり  橋本青草
蓮の実の一斉放射といふ構へ  守屋典子
石棺の苔じめりして青嵐  渡辺みね子
さざ波に胸をあずけて春の鳰  フレーザー文枝
まんさくや横笛庵の軒低き  藤田信重
敗荷の落暉に長き祈りかな  長浜寅吉
紅梅やしづかに影の睦み合ふ  染瀬一枝
観梅や昼の灯の入る横笛庵  江口来童
白梅へ紅梅へ橋渡りけり  林 満子

−青少年の部−
こうばいは白の中でもさきほこる  清水拓海
三渓園鴨も僕等も日向ぼこ  中山政彦
桜咲く志賀先生の恋実る  吉永翔子


<当日句>

雨の梅炉にかざす手のほぐれ来し  平柳草子
新しき杖をもらひし臥竜梅  大矢知順子
音たぎる薬缶にゑくぼ梅見茶屋  鏡保太郎
遅咲きの梅含羞の香を放つ  金田侑躬
春の炉の老人海を語りをり  町田蒼風
まんさくの薄き匂ひを雨の中  野木桃花
抜き差しのならぬ枯蓮二月尽  大橋一青
聞きなれぬ鳥の声する梅見茶屋  鈴石紫苑
笛の音のふととどこほる梅あかり  望月英男
梅真白坂を降り来しスニーカー  岡田史女


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ