横浜俳句大会


第62回横浜俳句大会のご案内


日  時 平成二十九年十月九日(月)
場  所 横浜市社会福祉センター四階ホール
受付開始 十時三十分  開 会 十二時

☆ 第一部   作品募集
作  品 二句一組(雑詠)未発表作品、何組でも可
会  費 一組につき千円
締  切 平成二十九年七月二十日(木)
送 り 先 〒236ー0033 横浜市金沢区東朝比奈
1ー16ー39 望月英男方横浜俳句大会事務局
賞     県知事賞・各新聞社賞・結社賞など多数
選  者 大会選者 約八十名

☆ 第二部   俳句大会
作  品 当日席題一句   投句締切 十二時
会  費 千円
賞    一部と同じ(但し県知事賞は除く)
選  者 当日出席の大会選者
講  演 評論家・俳人  栗林 浩 先生
     「先達俳人たちの昭和・平成と作品 」

主  催  横浜俳話会
後  援  現代俳句協会・日本伝統俳句協会
     俳人協会・新俳句人連盟・横浜文芸懇話会
    各新聞社・諸結社・他

第61回横浜俳句大会


日 時  平成28年10月10日〈祝〉
場 所  かながわ県民センター
参 加  129名

<第一部入選作品>(応募句)
☆神奈川県知事賞
病む人へすこし窓あけ祭笛     斉藤 篁彦
☆横浜市長賞
吊橋の涼しき距離を渡りけり    小林比奈子
☆神奈川県議会議長賞
日焼の子旅の土産は長寿箸     金子 光子
☆横浜市会議長賞
生涯を島に暮らして踊りけり    谷口ふみ子
☆横浜市教育委員会賞
兵となる子らかも知れず甘藷掘る  山崎 妙子
☆横浜俳話会会長賞
久女にもノラにも遠き妻の夏    青野 草太
☆朝日新聞社賞
蘖や村に一人の赤ん坊       根本 朋子
☆神奈川新聞社賞
一人の灯消して一人の十三夜    菅沼 葉二
☆産経新聞社賞
眠りても母の団扇の動きけり    多田 学友
☆毎日新聞社賞
手も足も大きくなりぬ更衣     岩田  信
☆読売新聞社賞
口元の黒子の見える日傘かな    尾澤 慧璃
☆神奈川県現代俳句協会賞
かなぶんのぶつかる闇や反抗期   飯村寿美子
☆日本伝統俳句協会賞
波音へ打ち込む祭太鼓かな     志村 宗明
☆横浜文芸懇話会賞
山椒魚時間の裏へまはりけり    川名 将義

【佳 作】
炎天へ河馬の目玉の浮いて来る    大関  洋
ゆっくりと五感まあるくなる柚子湯  川島由美子
白南風や漁師に金のネックレス    原島 叔子
レコードの針飛んでゐる盆踊     鹿又 英一
草笛を吹きて牧場の牛起こす     阿部 佑介
踏切が欠伸のやうに開き暑し     高島かづえ
一人づつ欠け麦秋のうねりのみ    山本つぼみ
?の木になってしまったかくれんぼ  鴫原さき子
跳び箱の着地正しく雲の峰      中岡 昌太
水笑窪あめんぼうにもある重さ    吉村 元明

【青少年の部】
サングラスひるからよるへいっしゅんだ  小二 石井幹貴
私のゆかた花がいっぱい咲いている  小四 井上小粋
夏祭楽しい声がすき通る       小五 田中 杏
夏祭り真中でひびく大だいこ     小五 安井佳祐
入道雲飛行機雲がつきささる     小六 石川広人
口あけて空をのみこむ雲の峰     小六 君野朱莉
ススキの葉空をはたく掃除屋さん   中一 昆 彩音
こいのぼり大きな口で何食うの    中三 田中明雄
蛙見てあいつの顔を思い出す     中三 宗形 陸
踏み切りの棒があがって春となる   高二 北川真衣


<第二部入選作品>(当日句)
☆横浜市長賞
大空に隅はあらざり赤とんぼ         菅原 輝子
☆神奈川県議会議長賞
豊胸の土偶一体良夜かな            鴫原さき子
☆横浜市会議長賞
ロボットのような体操赤とんぼ      尾崎 竹詩
☆横浜市教育委員会賞
隅っこの好きな子といて花八手       西田みつを
☆横浜俳話会会長賞
隅つこのいつもの席に新走          阿部 佑介
☆朝日新聞社賞
隅といふ気楽さにをりチチロ鳴く     梶原 美邦
☆毎日新聞社賞
体育祭終えて白線くたくたに        北野 一青
☆読売新聞社賞
菊咲かす青い地球の片隅に        惣野 圭子
☆新俳句人連盟賞
ななかまど頭の隅の忘れもの        川島由美子
☆横浜俳話会賞
もがり笛廊下の隅の人体図          安原 憲子

第60回 横浜俳句大会


日 時  平成27年10月11日〈日〉
場 所  かながわ県民センター
参 加  118名

<第一部>
・神奈川県知事賞
田を植ゑて風の平らな村となる   平井京水
・横浜市長賞
難しき漢字の好きな紙魚なりし   佐野笑子
・神奈川県議会議長賞
縄電車止まる駅から春となる    内藤ちよみ
・横浜市会議長賞
口々に暑い暑いという平和     川辺幸一
・横浜市教育委員会賞
海底は永久のおくつき敗戦忌    清水善和
・横浜俳話会会長賞
ともしびの如く吾子ゐる霜夜かな  家田あつ子
・朝日新聞社賞
呼びにきし母も踊りの輪の中に   岩渕 直
・神奈川新聞社賞
夕焼の人を吐き出す造船所     浮田雁人
・産経新聞社賞
長生きを許されてまた敗戦忌    中島修之輔
・毎日新聞社賞
武者振ひして噴水の立ち上る    杉山定子
・読売新聞社賞
地球より逃げ出すつもりゴム風船  志村宗明
・神奈川県現代俳句協会賞
敗戦忌砂落ち尽くす砂時計     相 道生
・日本伝統俳句協会賞
母の日や使へぬ物にくぢら尺    池田恵美子
・横浜文芸懇話会賞
花は葉に日日新らしく老いてゆく  大西昭舟


【青少年の部】
夕やけはこげたしょうゆのおせんべい 小一 石井幹貴
かたつむりほんとは速く歩きたい   小五 加藤勇輝
かぶとむしキミもこんがり焼けてるね 小六 山崎滉太
その中に弟がいるしゃぼん玉     小六 昆 彩音
正座して話し合ってる雨蛙      中二 鈴木諒也
今日の僕サイダーみたいにはじけてる 中三 伊藤大和
夕焼けは九回裏のホームラン     中三 佐藤泰輝
広島忌またここに来いと鳩飛ばす   中三 蒔苗柊太
切られ役の様に転がる油蝉      中三 藤井華乃
教科書をひらりとめくる春の風    高一 北川真衣


<第二部>
・横浜市長賞
霧を出て男の貌の新たなる            梅津大八
・神奈川県議会議長賞
新居の荷先ず降ろされる菊の鉢       佐藤龍夫
・横浜市会議長賞
秋惜しむ余熱で生きてゆくことに     尾崎竹詩
・横浜市教育委員会賞
新走り円くおさめる嘘ひとつ         新田古志美
・横浜俳話会会長賞
ていねいに新聞を読む神の留守       渡辺照子
・朝日新聞社賞
暗き灯の野毛の居酒屋秋惜しむ        今村千年
・毎日新聞社賞
ままならぬ遺品の整理秋惜しむ       古柴和子
・読売新聞社賞
新薬の加わる処方秋の雨           麻生 明
・新俳句人連盟賞
新蕎麦やみんな昭和の生まれなり     川辺幸一
・横浜俳話会賞
自分史の未知なる旅路秋惜しむ       岩渕  直

第59回横浜俳句大会


平成26年10月13日開催
於 かながわ県民センター
参加者104名

<第一部入選作品>
*神奈川県知事賞
いくたびも髪梳きなほし雛流す    多田学友

*横浜市長賞
柩ゆく兄が育てし青田中      岩渕 直

*神奈川県議会議長賞
除夜の鐘みんな素直になる途中   川島由美子

*横浜市議会議長賞
水に棲み水底知らぬ水馬      金澤正将

*横浜市教育委員会賞
挿し木して科学をすこし疑ひぬ   衣川次郎

*横浜俳話会会長賞
淋しさの分だけ歩む蝸牛      菅沼葉二

*朝日新聞社賞
夏帽の庇まわして測量士      寺沢徳子

*神奈川新聞社賞
旋盤の鉄屑吐ける暑さかな     大関 洋

*産経新聞社賞
ひとりごとふやして祖母の終戦日  北村純一

*毎日新聞社賞
悪役に見えぬ悪役村芝居      高橋俊彦

*読売新聞社賞
表札は夫の名のまま小鳥来る    高橋富貴子

*神奈川県現代俳句協会賞
日本に足ふんばって水馬      金子弓湖

*日本伝統俳句協会賞
水中花の水がきうくつでならぬ     中根明美

*横浜文芸懇話会賞
泊船の不意に水吐く十三夜     中嶋文枝

*佳作
青空を大きく掬ひ補虫網     家田あつ子
一本の釘に止まりし夏帽子    鴫原さき子
終戦日空の彼方を見る習ひ    安江冨美子
父の日の父の料理を誉めにけり  浜谷寛美
木いちごに濃縮されし少年期   広瀬元幸
本籍と決めし波止場の蝸牛    鈴木和代
万緑や戦争知らぬ木のあまた   劔物劔二
大方は形見となりし書を曝す   桑原千穂子
水が水押して噴水青年期     小島博子
夏萩の風恋ふ丈となりにけり   井手佳子

<第二部 入選作品(当日句>

*横浜市長賞
不器用に剥きて林檎に怒らるる    山本一葉

*神奈川県議会議長賞
遙かなる喧嘩の記憶草虱       表 邦彦

*横浜市会議長賞
青空へ手を突っ込んで林檎?ぐ    尾崎竹詩

*横浜市教育委員会賞   
ティファニーもシャネルも知らず草虱 内藤ちよみ

*横浜俳話会会長賞   
草虱男同士が先を行く               須藤桃代

*朝日新聞社賞 
草虱つけてバス待つ登山靴            堀米澄子

*毎日新聞社賞
佳き人に付きたがるなり草虱          谷口ふみ子

*読売新聞社賞
偏屈が生涯の友草じらみ              劔物劔二

*新俳句人連盟賞
退職の脚によく付き草虱        伊藤 眠

*横浜俳話会賞
つまずきし石も仏や草虱         高橋富貴子

第58回横浜俳句大会


平成25年9月29日開催
於 かながわ県民センター
参加者132名

<第一部入選作品>

☆神奈川県知事賞
紙魚あとに検閲の印学徒の記    大須賀善和

☆横浜市長賞
風音も刈つてしまひし草刈女     中嶋文枝

☆神奈川県議会議長賞
耕して耕して母逝きたまふ     大西昭舟

☆横浜市会議長賞
八月やいろんな音の靴が来る     前田千恵子

☆横浜市教育委員会賞
どこよりも涼しき家に帰りけり    小林比奈子

☆横浜俳話会長賞
しんがりは見たことはなし蟻の列    鴫原さき子

☆朝日新聞社賞
シンバルが最後に鳴つて雲の峰    山本 一歩

☆神奈川新聞社賞
薄れゆく虹少年の喉仏      小野 隆志

☆産経新聞社賞
蟇一言居士の面構え       林 満子

☆毎日新聞社賞
茅の輪くぐる鏡の中に入るやうに    家田あつ子

☆読売新聞社賞
天高し何から忘れはじめよう     川名将義

☆神奈川県現代俳句協会賞
浅蜊売りひよいと小石をつまみ出す    北村とおる

☆日本伝統俳句協会協会賞
人生は流れ解散冬紅葉         菅沼葉二

☆横浜文芸懇話会賞
春ショールまとい風より軽くなる     松田圭子

・佳作
蕎麦の花何処でも乗れる島のバス   神野重子
囲まれて父の日の父無口なり        斉藤加代子
メビウスの帯を出られぬ暑さかな    大関 洋
駅長に声かけらるる帰省かな          渡辺時子
午前より午後の寂しき冬牡丹      鹿又英一
陽炎につまずくほどの平和かな     北村純一
滴りの力つくしてひとつ落つ       斉藤篁彦
春筍にためらひ傷のありにけり     菅野 文子
田植機の音まで植えて立ち去れり   平井京水
老いてなお未知の老いあり朧月    北野一清

・青少年俳句入賞者
じんべいは体がるんるんるんするよ   (小二)佐々木悠羽
ソーダ水空気の子どもとびでるよ   (小二)倉沢てるよし
ひまわりが太陽の方むいてない    (小三)岡部ほのか
貝殻が九月の砂にまた戻る      (小五)永川瑠依
赤ちゃんのおしりのようなすももかな (小六)黒澤 岬
風船は空に放ちしメッセージ      (中一)村山歩夢
桜咲く出会いと別れ告げに来た   (中二)山崎翔太
サイダーの底からのぞく青い夜    (中三)村田真衣
サングラス土曜の父をうつしだす   (中三)飯田裕也
テストの日泰山木がゆれている   (中三)佐藤天音

<第二部入選作品>

@横浜市長賞
双眸はまだ海の色初さんま       菅原輝子

A神奈川県議会議長賞
海晴れて飛ぶかも知れぬ曼珠沙華   相川玖美子

B横浜市会議長賞
死ぬまでは人その後は草の絮     中岡昌太

C横浜市教育委員会賞
月天心鎮まりていま地震の海     名和美知子

D横浜俳話会長賞
草の絮山のホームに父残す       菅沼葉二

E朝日新聞社賞
海底の静けさに似て菊枕       金子弓湖

F毎日新聞社賞
遠き日の花いちもんめ草の絮    福原乃婦

G読売新聞社賞
象と行く象の尻尾の草の絮      川名将義

H横浜俳話会賞
どの路地を抜けても海へ秋麗     池田恵美子

I新俳句人連盟賞
 自由という退屈な日や草の絮     鴫原さき子

第57回横浜俳句大会


平成24年10月20日開催
於 かながわ県民センター
参加者162名

<第一部 入選作品>

☆神奈川県知事賞
櫂を立て少年夕焼より戻る     (町田市)小山健介

☆横浜市長賞
風鈴の音ごと買はれ行きにけり  (横浜市)高橋艶子

☆神奈川県議会議長賞
かなかなや母を一人にして帰る  (横浜市)菅沼葉二

☆横浜市会議長賞
さくらんぼ鈴振るやうに洗ひけり(盛岡市)古澤貞夫

☆横浜市教育委員会賞
一坪の墓が故郷冬木の芽      (横浜市)新井道江

☆横浜俳話会長賞
昭和より昨日が遠し朴の花     (調布市)大西昭舟

☆朝日新聞社賞
霾るや遺骨は今も貝一つ      (横浜市)石井流花

☆神奈川新聞社賞
騙されてゐるのも楽し水中花   (藤沢市)渡辺照子

☆産経新聞社賞
帰省子の他人めきたる敬語かな (横浜市)小林比奈子

☆毎日新聞社賞
水面に河馬の眼が浮く夕薄暑   (横浜市)小島博子

☆読売新聞社賞
川にまだ昼の明るさ祭笛      (横浜市)斉藤篁彦

☆神奈川県現代俳句協会賞
納豆が糸引く四万六千日      (横浜市)大関 洋

☆日本伝統俳句協会協会賞
帰省子に一年分を話す妻      (厚木市)鈴木静子

☆横浜文芸懇話会賞
駈けだせば少年になる大夏野   (狛江市)梅沢れい子

・佳作

ヘルメット被りしままの三尺寝       鈴木まさみ
戦遠し夕焼たまる瓶の底             金子八重子
向日葵の迷路出て来る肩車          渡辺和秋
太陽と一対一の田草取                 椙山昭三
校長は忠治の子分村芝居            岩淵 直
からだごと声出す蝉と赤ん坊       橋本榮二
「ゆ」の文字のはらりと割れて藍浴衣   猪俣都留
節約に少し疲れてさくらんぼ       加賀田せん翠
独り言に返事されたる夜の秋          山本一葉
だんまりも会話の一つ夕端居         三浦みよ子

・青少年俳句入賞者

かきごおりちびのこおりがうまれてく (小一)宇都木まひる
父独り窓の外見てビールのむ       (小六)畠山瑚雪
太陽のいちばん弟子はひまわりだ    (小六)村山歩夢
ストーブにあたると会えるおじいちゃん(小六)笠間良亮
ピストルがやる気を誘う徒競走      (小六)及川裕介
霜柱踏んでいやなこと忘れたり      (小六)柳沢七星
とうがらしいつもかんかんおこってる   (中一)阿部倖大
雪げしき外では時が止まってる       (中二)笠間皓大
秋風とダンスするカーテンさびしそう  (中二)池田雄一
麦わら帽中につまった青い空         (中二)山口真里奈

<第二部 入選作品>

@横浜市長賞
悪役の方が匂へり菊人形       (横浜市)川名将義

A神奈川県議会議長賞
烏瓜赤い方から長女次女      (横浜市)相川玖美子

B横浜市会議長賞
芒原知恵湧くまでを立ち尽くす (海老名市)衣川次郎

C横浜市教育委員会賞
子の声の方へ転がる木の実かな   (横浜市)大関 洋

D横浜俳話会長賞
下校の子歌ふ芒を指揮棒に     (千葉市)山本ふぢな

E朝日新聞社賞
穴惑ひ前方後円墳めざす      (海老名市)加藤房子

F毎日新聞社賞
薄原真面目に歩きどつと老ゆ   (川崎市)福原瑛子

G読売新聞社賞
風よりも人恐ろしき芒原      (横浜市)中岡昌太

H横浜俳話会賞
何時の間に一人となりし芒原   (横浜市)有馬五浪

I新俳句人連盟賞
芒原男のピアス輝けり         (川崎市)仁上廣子

第56回横浜俳句大会


平成23年10月10日(祝日)開催
参加者154名

<第一部 入賞作品>

神奈川県知事賞
夕立のあとにんげんは軽くなる   中嶋文枝

横浜市長賞
夫の手を握るためゆく冬病棟   金子文枝

神奈川県議会議長賞
また別の秋風に会ふ坂の上   斉藤加代子

横浜市議会議長賞
八月の無音の空の高さかな   大西昭舟

横浜市教育委員会賞
眠るだけ寝ては出てゆく帰省の子   小林比奈子

横浜俳話会長賞
豆の花どれも飛びたきかたちして   大垣孝子

朝日新聞社賞
風鈴の音引越してしまひけり   山本一歩

神奈川新聞社賞
診断は加齢の一語花うつぎ   穴水よね子

産経新聞社賞
暮れゆく父の日父がいるように   内田秀子

毎日新聞社賞
世の中がきれいに見える青すだれ   中原善江

読売新聞社賞
水まろくまろく白桃洗ひけり   高橋艶子

神奈川県現代俳句協会賞
郭公やサラダのような朝がくる   鴫原さき子

日本伝統俳句協会協会賞
冬瓜のなやんだことのない形状   松塚大地

横浜文芸懇話会賞
原爆忌一杯の水重きかな   多田武峰

○佳作
新妻は何刻んでも春の音   小島博子
人生がひとつ始まる天花粉   伊藤容子
初嵐いのちまるめて雀飛ぶ   古澤貞夫
杜若父との旅は一度きり   松井光子
娶らざる息子ばかりや目高殖ゆ   中島俊二
大仏の背中涼しくありにけり   戸田澄子
手を出せば水出る蛇口五月晴   相川玖美子
水を買ふ小銭探してゐる暑さ   作田和子
外人の正しき敬語文化の日   松本凉子
鮎といふしなやかな水つりあげる   斉藤篁彦

○青少年俳句入賞者
うちわのきんぎょあおぐとみんなおよぎだす   (小一) すずきあいな
風鈴は風がかわるとちがう音   (小三) 矢口 るな
ぶらんこに乗れば私のタイムマシン   (小五) 宗山菜々美
夕焼を海がのみこむ日曜日   (小六) 柏本さくら
彼の前顔も心もさくらんぼ   (中一) 望月 楓
ひまわりの性格きっとおてんばだ   (中二) 高橋佑果
大夕焼両手は明日へ開けておく   (中三) 竹野志穂
割れるたびしゃぼん玉から笑い声   (中三) 木村 聡
半ズボンひざに国境生まれたり   (中三) 二見賢人
てんとう虫私の好きな文庫本   (中三) 村田莞太朗

<第二部 入選作品>

横浜市長賞
八十路いま受身に生きてふかし藷   名和美和子

神奈川県議会議長賞
親なくも故郷ありけり照紅葉   大西昭舟

横浜市議会議長賞
蓑虫はぶらり禍福を受け流す   松井光子

横浜市教育委員会賞
声がしている裏山の照紅葉   門谷杜人

横浜俳話会長賞
刈田原星の生まれる音を受く   山本恵子

朝日新聞社賞
ふるさとは吾の受け皿零余子落つ   柴岡友衛

毎日新聞社賞
受話器置いてしまへばさみし秋の空   山本一歩

読売新聞社賞
照紅葉かくも明るき別れかな   金子文枝

横浜俳話会賞
照紅葉いつもどこかが筋肉痛   鹿又英一

新俳句人連盟賞
赤蜻蛉虚子の墓域に名刺受   大木典子

第55回横浜俳句大会


<第一部 入選作品>

神奈川県知事賞
 いつもゐるやうな顔して帰省の子   黒滝志麻子

横浜市長賞
 あれこれと捨てて涼しくなりにけり  小林比奈子

神奈川県議会議長賞
 はじめての父の速球子供の日     北野 一清

横浜市会議長賞
 鰯雲どこにも合はぬ螺子ひとつ    上田フサ子

横浜市教育委員会賞
 「蟹工船」読むには暖房強すぎる   渡辺 照子

横浜俳話会長賞
 虫干しや貧しき日々の資本論     星野  稔

朝日新聞社賞
 梅雨明けて働かぬ手のおきどころ   広瀬 元幸

神奈川新聞社賞
 帰省子の寝ころぶ山の見ゆる部屋   有田 桜樹

毎日新聞社賞
 いきいきと撃たれてをりし水鉄砲   山本 一葉

読売新聞社賞
 教会の空席に置く夏帽子       野木 桃花

神奈川県現代俳句協会賞
 村の灯のさらに減りたる帰省かな   大輪 靖宏

横浜文芸懇話会賞
 九頭竜をかけ上りゆく夕立かな    藤井 元基

佳作
 どの緑よりもやわらか枝蛙        橋本 榮二
 夕日より少年柿を取り出しぬ       中嶋 文枝
 掌はやさしき器土筆盛る         中村重次郎
 烏瓜曳けば夕日のこなごなに       谷口ふみ子
 縁なき人住む生家雁渡し         会田 比呂
 聞き耳を立てそうになる水中花      菱沼多美子
 街の灯に船の灯まじる無月かな      斉藤 篁彦
 園児らの足裏つぎつぎ拭いて夏      中野 由美
 日盛や寝息の並ぶ保育園         鈴木 邦夫
 紅の花祖母の名のある開拓碑       奥山 雷火

青少年俳句入賞者
 しゃぼん玉みらいのぼくをとばしてる  小五 清水涼哉
 てつぼうと落ち葉どっちもしゃべらない 小五 宮代日海
 南風きっとむこうに海がある      小六 石井拓真
 畑仕事母の背中に汗の地図    中一 阿部はる奈
 どんぐりは木から落ちたら親ばなれ  中一 八太直人
 帰省して柱の傷をおどろかす     中二 竹野志穂
 手袋と親友になった私の手      中三 桑原遥香

<第二部 入選作品>

横浜市長賞
 天高し空に切り込む竹とんぼ      中村重次郎

神奈川県議会議長賞
 あきあかね空気を軽くしてしまう    鴫原さき子

横浜市議会長賞
 かりがねの空よりノーベル化学賞    桑原千穂子

横浜市教育委員会賞
 首伸ばす亀にも秋の空のあり      林  満子

横浜俳話会長賞
 自分史の続きを生きて新酒酌む     岩淵  直

朝日新聞社賞
 柿落ちて空地が一つ増えにけり     佐野 笑子

毎日新聞社賞
 屑籠が空っぽで居る夜寒かな      高尾 峯人

読売新聞社賞
 新酒酌み少し本音の見へてきし     渡辺 照子

横浜俳話会賞
 空中に消えたとんぼが風になる     松田 圭子

新俳句人連盟賞
 禁煙の空の広がり赤とんぼ       和田 卓治

第54回横浜俳句大会


日 時  平成21年10月12日(祝日)
会 場  かながわ県民センター 2階ホール
講 演  「子規と不折」 復本一郎
参加者  151名

<募集句>応募総数1714句
神奈川県知事賞
夕焼やピエロ鼻から脱いでゆく 今吉正枝

横浜市長賞
廃校に残る土俵や烏雲に 大西昭舟

神奈川県議会議長賞
滝壺を抜けて正気に戻る水 小川名みさ

横浜市会議長賞
帰省子の足の先まで眠りおり 多田武峰

横浜市教育委員会賞
草笛の力を抜きしときに鳴り 山本一歩

横浜俳話会長賞
どくだみを根こそぎ抜いたはずの閤 吉田香津代

朝日新聞社賞
かなかなやゆつくり使ふ竹箒 大垣孝子

神奈川新聞社賞
生命線太き母なり蕗を剥く 菅原文子

毎日新聞社賞
凌霄花咲くだけ咲いて落着かず 加賀田せん翠

読売新聞社賞
キチキチの翔んで届かぬ空があり 谷口ふみ子

神奈川県現代俳句協会賞
家訓などなくてシャワーを浴びてをり 榊原素女

横浜文芸懇話会賞
植え終えし過疎一村の水明り 椙山昭三

〇青少年の部
雨雲が歌を歌って虹が出た (小五)菊地海都
泡三つ五つ金魚は作曲家 (小六)阿部はる奈
独りでも心を曲げず立つかかし (中一)二見賢人
日食の向日葵時計狂いだす (中一)竹野志穂
箱眼鏡親父の歯形付いている (中二)阿部佑太郎
夕立が胸の底まで青くする (中二)荒井郁也
山眠る人の途切れぬ交差点 (中二)森脇くらら
夕焼けのときだけ私背がのびる (中三)高橋亜友
しゃぼん玉ぼくの未来は無限大 (中三)中川達也
眠りてもひぐらしの声胸の中 (中三)佐々木里峰
小石投げ月がちぎれる水鏡 (高二)伏見育子

<当日句>参加者151名
横浜市長賞
花野より短き旅信届きけり  大関 洋

神奈川県議会議長賞
少年は横向きたがる新松子 佐野笑子

噌横浜市議会長賞
新松子ひときは青し無言館 佐々木義明

横浜市教育委員会賞
大き帽子被れば旅や天高し 山本一歩

横浜俳話会会長賞
新松子少年に鋭き喉仏 上田聰子

朝日新聞社賞
大屋根の上に海あり新松子 阿部佑介

毎日新聞社賞
ポケットに小銭と木の実旅終る 岩淵 直

読売新聞社賞
旅に出てだんだん秋の人になる 鴫原さき子

横浜俳話会賞
新松子内緒話は手で囲ふ 林 満子

新俳句人連盟賞
踏めば泣く古刹の廊や新松子 小林 強

第53回横浜俳句大会


日 時  平成20年10月13日
会 場  かながわ県民センター
講 演  「軽みの行方」 森田録郎
参加者  131名

<募集句>
神奈川県知事賞
まづ川を身に行くといふ帰省の子 山本一歩

横浜市長賞
心太子に逆らわず従わず 金子光子

神奈川県議会議長賞
どの子とも住まず胡瓜の苗を植う 林 満子

横浜市会議長賞
街中が軽くなりたる更衣 橋本榮二

横浜市教育委員会賞
沈黙も会話のつづきほたるの夜 畑 佳与

横浜俳和会長賞
蜘蛛の巣の他は仕掛けのない山河 吉田典子

朝日新聞社賞
草引いて草の力に負けており 梅沢れい子

神奈川新聞社賞
郭公や妻の重みの車椅子 大橋一青

毎日新聞社賞
島祭り鬼の素顔を見てしまふ 藤倉頼江

読売新聞社賞                      
あめんぼの一蹴りに樹のゆらぎけり 鴫原啓之助

神奈川県現代俳句協会賞
かげろいて今も小さき母校かな 進藤道子

横浜文芸懇話会賞
うすものをはがねのように着る齢 市川花風

〇青少年の部
・小学生の部
たんぽぽのわた毛が空を散歩する (小四)沼澤瑠羽珠
校庭が真っ白になる更衣 (小五)阿部はる奈
かき氷ズキンとぼくをねらいうち (小六)海野圭佑
どんぐりがかばんの中にもぐりこむ (小六)井上将吾

・中学生の部
しゃぼん玉私の夢が旅に出る (中一)竹内あい
夏空とつながっているぼくたちは (中二)河田那津子
ゴールまで真夏を走りつづけたい (中二)森山夏帆
梟の夜空に響く子守り歌 (中三)初澤貴史


<当日句>
横浜市長賞
歩まねば溺れてしまふ夕芒 菅沼葉二

神奈川県議会議長賞
悪友のこゑの聞こゆる芒原 大関 洋
横浜市会議長賞
芒野やすずむ帽子に浮く帽子 北野一清

横浜市教育委員会賞
芒原旅に小銭のふえてきし 林 満子

横浜俳話会長賞
揺れ動くこの国の明日糸芒 剱持剱二

朝日新聞社賞
生家には明治の徳利柿たわわ 山田雲洞

毎日新聞社賞
大芒揺らして父の現はるる 梅津大八
読売新聞社賞
ころがされゐる徳利の秋思かな 吉田善一

横浜俳話会賞                 
海光に溺れてをりぬ崖芒 藤倉頼江

横浜俳話会賞
万感のしろがねとなる芒かな 渡辺順子

新俳句人連盟賞
目を入れてふくろふとなる花芒 有馬五浪

第52回横浜俳句大会


日 時  平成19年10月8日
会 場  かながわ県民センター
講 演  「芭蕉俳句の目指したもの」 大輪靖宏
参加者  136名

<募集句>

神奈川県知事賞
一つづつ掌にあたためて雛流す 多田学友

横浜市長賞
雲の峰村をだんだん小さくす 平井京水

神奈川県議会議長賞
単日の陽をくるり抱く鉋屑 礼田比佐子

横浜市会議長賞
初蝉の次の声待つ無言館 浦田庸子

横浜市教育委員会賞
形代の袂重ねて流れけり 菅原文子

横浜俳話会長賞
遠雷や眠つたばかりのパンの生地 村井桂子

朝日新聞社賞
生涯を支へ氏一書黴払ふ 中嶋文枝

神奈川新聞社賞
牛の眼に入りきれない雲の峰 石井流花

毎日新聞社賞
泉湧く方へ力を抜きに行く 長久保通繪

読売新聞社賞                      
威し銃人を威してをりにけり 谷口ふみ子

神奈川県現代俳句協会賞
かなかなや言はれなくとももう帰る 伊藤是孝

横浜文芸懇話会賞
草引いて大地の凝りをほぐしけり 松井光子

〇青少年俳句入賞者
・小学生の部
天道虫はわせ手の平よろこばす (小四)阿部はる奈
こま回る上から見ると止まってる (小五)鈴木眞行
かみなりが家をびくびくさせている (小五)森山奈々子

・中学生の部
夕焼けに地球のまぶたが閉じてゆく (中二)白石 翔
さくらんぼ開脚前転大成功 (中二)米山弘勝
桜貝おもいで全て砂のよう (中三)赤嶺 茜
風鈴が風の近道教えてる (中三)青木駿太

<当日句>
横浜市長賞
風となる芒光となる芒 鴫原さき子

神奈川県議会議長賞
爪染めて色なき風の中にいる 渡辺順子

横浜市会議長賞
売られゆく牛の一声秋の雨 北野一清

横浜市教育委員会賞
コスモスの風やすつくと太極拳 岡田史女

横浜俳話会長賞
色なき風を輪切りに大風車 有田桜樹

朝日新聞社賞
狗尾草風の形を演じをり 藤田 昭

毎日新聞社賞
一閃の風に色ある百舌日和 望月英男

読売新聞社賞
戯れる風に出口のない花野 北村純一

横浜俳話会賞                 
故郷の風に味あり衣被 長濱寅吉

横浜俳話会賞
呼ぶ声が風になりたる初紅葉 中村重次郎

新俳句人連盟賞
秋雨や少年家を捨てむとす 大輪靖宏

第51回横浜俳句大会


日 時  平成18年10月29日(日)
会 場  かながわ県民センター
講 演  「俳句雑感」 田邊香代子
参加者  108名

<募集句>

神奈川県知事賞
サーファーの乗る北斎の波頭  北野一青

横浜市長賞
祭神は石塊ひとつ稲の花  新井真衣

神奈川県議会議長賞
帰省子の先づ井戸水で顔洗ふ  千葉年子

横浜市会議長賞
つぎの世もこの色ですか曼珠沙華  谷口ふみ子

横浜市教育委員会賞
似顔絵の似すぎて哀し地虫鳴く  伊東辰之亟

横浜俳話会賞
汗の子の汗の農夫に抱かれをり  多田武峰

朝日新聞社賞
文豪と呼ばれて蜘蛛を墓守に  加藤房子

神奈川新聞社賞
大根引き大地の力解き放つ  清水善和

毎日新聞社賞
香水や待つこと豊かなる時間  松本凉子

読売新聞社賞
掬はれて影を失ふ金魚かな  勝又民樹

神奈川現代俳句協会賞
打ち止めの花火は月に届きけり  中嶋文江

横浜文芸懇話会賞
何処を向いても向日葵にある自信  小林比奈子


〇青少年の部
・小学生の部
ゆうやけがどんどんとドアをたたいてく  金 榮恩(小2)
一本も休んでいない百足の足  阿部はる奈(小3)
サイダーがはじけて海を思いだす  森山奈々子(小4)
くまぜみのぬけがら今も武士の顔  野島 啓(小4)
赤い羽根つけて胸から歩き出す  阿部佑太郎(小5)
かたつむり早くしないと日が暮れる  渡辺夏来(小5)

・中学生の部
かたつむり地球の初めは何曜日  杉山あやめ(中1)
自転車を漕ぐ僕の背に風光る  原田祥平(中3)
ぶらんこに昔の自分乗せてみる  木村 綾(中3)


<当日句>

横浜市長賞
発表を待つ間の動機もず高音  渡辺照子

横浜市会議長賞
葛引くと発火しそうな妙義山  内藤ちよみ

横浜市教育委員会賞
語り部と遠野の秋を惜しみけり  伊藤是孝

横浜俳話会会長賞
胸青むまで海を見て秋惜しむ  小林比奈子

朝日新聞社賞
秋を惜しむために来てゐる港かな  山本一歩

毎日新聞社賞
草の実や始発の駅の椅子ふたつ  鈴木まさみ

読売新聞社賞
晩鐘の一打に秋を惜しみけり  北野清市

横浜俳話会賞
秋惜しむすなはちいのち惜しみけり  小林鱒一

横浜俳話会賞
トンネルの先もトンネル秋惜しむ  原島叔子

新俳句人連盟賞
発車ベル刈田のなかの無人駅  穴水よね子

第50回横浜俳句大会


日 時  平成17年10月10日(月)体育の日
会 場  かながわ県民センター
講 演  「リアリズムの系譜」 今井 聖
参加者  161名

<募集句>

神奈川県知事賞
売る牛を一日花野へ放ちけり 多田学友

横浜市長賞
草の丈ほどに跼みて墓洗ふ 町田蒼風

神奈川県議会議長賞
ヒロシマやあまたの蝉が穴を出て 中岡昌太

横浜市会議長賞
土葬の父火葬の母や藪椿 福島千代

横浜市教育委員会賞
鶏と人の出てくる夕立あと 会田比呂

横浜俳話会賞
更衣街に軽さの生まれけり 北野一清

朝日新聞社賞
廃校へ水飲みに寄る赤蜻蛉 鈴木和代

神奈川新聞社賞
地雷踏む子らいる地球蟻の列 麻生ミドリ

産経新聞社賞
一刀の如く葱持つ男かな 前田玲子

毎日新聞社賞
工事場に大きなやかん雲の峰 菱沼多美子

読売新聞社賞
ファスナーの布噛んでいる敗戦日 上田歌子

神奈川現代俳句協会賞
太陽を掘りつづけたり汐干狩り 鈴木翔子

横浜文芸懇話会賞
飽きるほど海を見てきて柏餅 川島由美子


〇青少年の部
・ 小学生の部
日本の地図は真っ赤につゆ明ける 阿部はる奈(小2)
船がゆくま夏の海のまん中を 野島 啓(小3)
ぶらんこがふたえにじからとんできた 加藤優璃(小4)
せみの声宿題開始の合図かな 長友 慶(小5)
伝言を天まで運ぶしゃぼん玉 佐野葉摘(小5)
夏の雲自分のかたちを夢見てる 藤潮純矢
・ 中学生の部
書き初めに自分自身をぬりつぶす 赤嶺 茜(中1)
新しい自分をさがすお正月 初澤智弘(中2)
青空に風船のたび始まった 篠原真耶(中2)
油蝉工事の音に負けぬ声 岸田岳人(中2)
土の中カウントダウンのふきのとう 勝元祥恵(中3)
風光る僕等の前に未来あり 山本 翼(中3)
なみだでは開かない花水中花 伊藤あお(中3)

<当日句>

横浜市長賞
蓑虫に大き口あけ泣き羅漢 鈴石紫苑

神奈川県議会議長賞
蓑虫や地球あちこち綻びて 石井弘子

横浜市会議長賞
曼珠沙華私のうしろ誰か居る 谷口ふみ子

横浜市教育委員会賞
私書箱に空きひとつあり鰯雲 門脇浩次郎

朝日新聞社賞
蓑虫の蓑の中まで海の色 野木桃花

産経新聞社賞
火祭りの火の粉私刑の匂ひせり たなか游

毎日新聞社賞
毛糸編む私語をつつしむために編む 渡辺照子

読売新聞社賞
午前中の蓑虫退屈で退屈で 田中不鳴

横浜俳話会賞
長き夜や消したテレビに私が 池田栄子

横浜俳話会賞
蓑虫になりきれぬ日の黒を着る 鈴木句秋

横浜俳話会賞
秋黴雨わたしひとりにバス一台 大濱佳子

横浜俳話会賞
私がいきなり真っ赤曼珠沙華 上田貴美子

新俳句人連盟賞
鬼の子の吹かれて一人遊びかな 阿部佑介

第49回横浜俳句大会


日 時  平成16年10月11日(月)体育の日
会 場  かながわ県民センター 2階ホール
講 演  「社会性俳句・ふたたび」 大牧 広
参加者  135名

<募集句>

神奈川県知事賞
夕涼み人の匂ひの消ゆるまで 田近英一

横浜市長賞
浜までは海女も日傘をさしにけり 住友勝一

神奈川県議会議長賞
水中花少し悪女に憧れて 前田玲子

横浜市会議長賞
緑陰へ入ると忘れ去られそう 北迫正男

横浜市教育委員会賞
しんがりは常に母なり流灯会 小林一子

横浜俳話会賞
枇杷の種ほどの大事がみつからず 金子弓湖

神奈川新聞社賞
甚平を着て甚平の顔となる 大橋一青

産経新聞社賞
焼酎や逢へば貧しき日のはなし 藤井敏子

毎日新聞社賞
走り根のふんばっている大暑かな 森しず子

読売新聞社賞
少年に太き眉あり風の盆 露木史枝

神奈川県現代俳句協会賞
馬鈴薯の花に大きな空がある 牧野眞佐子

横浜文芸懇話会賞
焦げさうなほどかなかなの鳴く木かな 山本一歩

○青少年俳句入賞作品

父がいて湯どうふのゆげおどりだす (中3)川口南
竹づつでごはんをたいたなつやすみ (小1)阿部はる奈
空の黒紙めくって一人の花火 (中2)伊藤あお
大きいくもダンサーみたいにクルッと回る (小5)岩崎可南恵
ほたるの火太陽よりもあたたかい (小6)中谷圭吾
夏の朝眠り猫まで起きてくる (小6)上原瑞希
手作りのぼくのふねだよ入道雲 (小2)野島啓
電線がでれんと弛む大旱 (小3)阿部佑太郎
海は今雲飲みこんで八月に (中2)鈴木淳矢

<当日句>

横浜市長賞
秋祭耳の奥まで晴れにけり 大橋一青

神奈川県議会議長賞
立泳ぎして穂芒の径を出る 根岸たけを

横浜市会議長賞
足の裏叩いて終る秋祭 石井流花

横浜市教育委員会賞
素っ気なく牛が顔出す秋祭り 鈴木句秋

産経新聞社賞
しんがりは眠る児と母秋祭 鈴木まさみ

毎日新聞社賞
百灯し百の暗さの秋祭 赤木悦子

読売新聞社賞
赤のまま人のぬくみの残る径 野木桃花

横浜俳話会賞
ほほえみも言葉のひとつ萩の径 北村純一

横浜俳話会賞
原点に返る一刻秋祭 鈴木和代

横浜俳話会賞
仏への径薮っ蚊にさされけり 平柳草子

横浜俳話会賞
この町に淡くまじわり秋祭 松本凉子

新俳句人連盟賞
初恋を父に見られし秋祭 前田千恵子


第48回横浜俳句大会


日 時  平成15年10月13日(月)体育の日
会 場  かながわ県民センター 2階ホール
講 演  「大野林火の晩年」 中戸川朝人
参加者  131名

<募集句>

神奈川県知事賞
林火忌の月の入江となりにけり  斉藤武彦

横浜市長賞
更衣働く髪は小さく結ふ  平野トク子

神奈川県議会議長賞
毛虫焼き大きく狂ふ予定表  川島典虎

横浜市会議長賞
阿夫利嶺の機嫌よき日や新豆腐  林 満子

横浜市教育委員会賞
薬いろいろ白桃を食べてから  山本一歩

横浜俳話会賞
四万六千日猫の素通りして行きぬ  松尾一紅

神奈川新聞社賞
あやとりの指にかかりし天の川  内藤ちよみ

産経新聞社賞
白地着て一塊の闇持ち歩く  平井京水

毎日新聞社賞
終戦の日の顔ごしごしと洗ふ  中岡昌太

読売新聞社賞
星光ケを紡ぎてからす瓜の花  吉田克己

神奈川県現代俳句協会賞
身をかわす形に焼けし岩魚かな  吉田典子

横浜文芸懇話会賞
梅雨明けへそろりと左足を出す  広瀬元幸

○青少年俳句入選句

先生に質問されて土筆なり  (中2)下柳 康
おしゃべりがおしゃべりをよぶねぎぼうず  (中1)伊藤あお
サイダーの泡の向こうに海を見た  (中3)大下美奈子
負けたくない夕立の中走り出す  (中3)田子明日香
父さんの背中に見える入道雲  (中3)川辺優子
無意識にいつも開けてる冷蔵庫  (中2)中谷実佳子
ひまわりと反対側を向いている  (中3)渡 尚也
やきもちを焼いてる蝶が騒いでる  (中3)小松真澄
飛び込んで蛙の気分になるプール  (中1)堀田紘大
ひまわりに元気をもらうじゅく帰り  (小3)長友 優

<当日句>

横浜市長賞
死は不意に一輪挿しの秋桜  吉野美和子

神奈川県議会議長賞
秋蝶を連れて街頭無言劇  渡辺時子

横浜市会議長賞
六十は第二楽章秋ざくら  岡田史女

横浜市教育委員会賞
人の字は球蹴る形秋ざくら  津田 渡

産経新聞社賞
コスモスと揺れて無職のベレー帽  秋場久雄

読売新聞社賞
コスモスの道真っ直ぐに農学校  杉原登未

横浜俳話会賞
放浪の余白を埋める秋桜  鈴木和代

横浜俳話会賞
コスモスの彩溢れたり峡十戸  武田B子

横浜俳話会賞
無住寺のコスモス影をせめぎ合ふ  松本三千夫

横浜俳話会賞
無医村に長寿のおおく零余子蔓  石関洋子

新俳句人連盟賞
無といふ字天に描きて秋高し  川越和子


第47回横浜俳句大会


日 時  平成14年10月14日(月)体育の日
会 場  かながわ県民センター 2階ホール
講 演  「選後の女流俳人」 酒井弘司

<募集句>

神奈川県知事賞
村じゅうの子が羽化したり夏祭 金子功

横浜市長賞
かつて背を流すことなき墓洗ふ 穴水よね子

神奈川県議会議長賞
花菜風パレットに海絞り出す 新井真衣

横浜市会議長賞
鴨の子の一羽のすでにあまのじゃく 青山冨美子

横浜市教育委員会賞
直されて直る首なり菊人形 平井京水

横浜俳話会賞
ひぐらしを聞いて帰れと母の言ふ 川北美夫

神奈川新聞社賞
戦争を知る木知らぬ木蝉しぐれ 中岡昌太

産経新聞社賞
ねむの花どこへもゆけぬ母の靴 宇佐見輝子

毎日新聞社賞
妻病みて鏡の渇く十三夜 坪山重成

読売新聞社賞
噛んで呑む一杯の水原爆忌 丸山嘉恵

神奈川県現代俳句協会賞
晩学の父の蔵書を曝しけり 江口来童

横浜文芸懇話会賞
職歴は一行甚平似合う歳 松本隆吉

○青少年の部
田植え中自分の足が植えられた (小6)倉岡ゆり葉
さびしさを埋めるがごとく雪が降る (中3)玉だ謙二
弟に子もりうたかなせみがなく (小2)長友優
夏雲といっしょに走る陸上部 (中2)田子明日香
風鈴とにらめっこする猫がいる (中2)島田麻香
大雪原秋田犬が風になる (中2)板橋翔悟
何もない枯れ野はまるでわが心 (中3)袴田あゆみ
こいのぼり大口あけて空を食う (中3)石倉祥一

<当日句>

横浜市長賞
感電死しさうな空を鵙の声 衣川次郎

神奈川県議会議長賞
朝鵙の一撃こうしてはいられない 武井梅仙

横浜市会議長賞
一語得て一語忘るる鵙日和 渡辺吉郎

横浜市教育委員会賞
被爆せしことをぽっつり鵙のあと 椙山昭三

神奈川新聞社賞
鵙の空からっと身辺何もなし 福原瑛子

産経新聞社賞
ジーパンが逆さに干され鵙猛る 大橋一青

読売新聞社賞
鵙日和腰のスパナを光らせて 石井流花

横浜俳話会賞
抱き歩く児の宝箱木の実鳴る 鈴木まさみ

横浜俳話会賞
鍋釜を磨きあげたる鵙日和 福島晶子

横浜俳話会賞
幾度か身辺整理鵙日和 尾崎和代

新俳句人連盟賞
ダッシュくりかへす青年朝の鵙 吉田善一


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ