俳話会の歴史


横浜俳話会の設立

 昭和31年2月1日、当時根岸不動下にいた秋元不死男を小島三日月が訪ねたときに話がはじまり、3月7日、古沢太穂、小島三日月、栗栖浩誉、小林康治、飯島草炎が設立委員会を太穂のいる不二パッキングの事務所で開き、三日月、草炎、浩誉が世話人となる。3月12日、会名を「横浜俳話会」と定め、横浜在住各結社の主要同人40名に発起人依頼状を出し、39名の同意を得る。秋元不死男、小島三日月、古沢太穂、小林康治、飯島草炎、栗栖浩誉、大野林火、星野麦人、山下洋史、束松八洲雄、金子艸句、河野南畦、鈴木頑石、勝又一透、保坂文虹、戸川稲村、宮坂斗南、志水素秋、皆川白陀、和知喜八、小巻豆城、八幡城太郎、浅利指月、野沢節子、村田輝雪、山田秋雨、松崎鉄之介、渡辺幸子、渡辺倫太、竹本安太郎、原田眠鴎子、黒川白舟、飯田九一、原田樹一、野木閑生、平柳青旦子、田中灯京、横山竜瓶、田川飛旅子(以上到着順)。
 4月11日、中区尾上町の朝日ビル裏の茶房「オーク」にて、発会式を上げ、幹事長、不死男、幹事、太穂、草炎、康治、浩誉、常任監事、三日月と決まる。規約を定め、事務所を三日月方とした。

<『横浜俳話会第五句集』ー横浜俳話会二十年の歩みー……平柳青旦子>より

俳話会の歩み


昭和31年  4月11日幹事長、秋元不死男にて発足。
11月25日、第1回横浜俳句大会を横浜市教育会館で開催(以後毎年開催)。
昭和32年  幹事長、大野林火。
昭和33年  11月、横浜俳話会合同第1句集を刊行。
昭和35年  幹事長、山下洋史。第2句集刊行。会員数300名を越す。
昭和37年  9月27日、「横浜婦人俳句大会」開催(俳話会主催、毎日新聞横浜支局共催)。
昭和39年  幹事長、古沢太穂。第3句集刊行。
昭和44年  第4句集刊行。
昭和49年  従来からの幹事長制を改め会長制に移行。会長、古沢太穂。
昭和50年  会長、河野南畦。
昭和51年  第5句集刊行。
昭和52年  三渓園の梅祭りに協賛し、観梅俳句大会始まる。
昭和56年  第6句集刊行。
昭和57年  会長、飯島草炎(11月急逝)。会長、平柳青旦子。
昭和61年  第7句集刊行。
昭和63年  11月  発起人(古沢太穂、小林康治、和知喜八、杏田朗平、平柳青旦子)を囲む会が箱根つるやホテルで開かれる。
平成2年  会長、佐伯昭市。
平成3年  第8句集刊行。
平成4年  ルーマニアのコンスタンツァ市の俳句連盟との交流始まる。
平成5年  横浜俳話会大賞の規定制定。
平成6年  会長、小林三青。
平成8年  会長、諸角せつ子。4月8日、創立40周年記念及び第9句集刊行祝賀会開催される。
平成9年  第1回シンポジウム開催。
平成10年  横浜俳句大会に「青少年の部」が新設される。
平成13年  第10句集刊行。
平成14年  会長、平柳草子。
平成17年  10月、第50回横浜俳句大会開催。
平成18年  会長 三村凪彦。2月、第30回三渓園観梅俳句大会開催。4月11日、横浜俳話会創立50周年記念式典開催(記念講演講師、鷹羽狩行)。第11句集刊行。
平成21年  横浜開港150周年を記念し「みなとみらい俳句賞」を設ける。
平成22年  会長、山本一歩。
平成23年  第12句集刊行
平成27年  10月 第60回横浜俳句大会開催。
平成28年  会長、麻生 明。3月 第40回三渓園俳句大会開催。4月、俳話会創立60周年記念式典開催。第13句集刊行。


前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ