俳話会規約・行事


俳話会規約


1.本会は横浜俳話会という。
1.本会は会員をもって組織する。
1.本会は所在地を幹事長宅におき、事務局とする。
1.本会は俳句・俳話を中心に広く芸術に関する会を開き、会員の交友を 深めることを目的とする。
1.本会の財政は会費及び寄付金をもって運営する。
1.本会の会計年度は1月1日から12月末日とする。会費は前納とし 会計報告をする。
1.本会は幹事をおき会の運営にあたる。
1.本会は会長・幹事長及び若干の副会長・副幹事長をおく。
1.本会は顧問及び参与をおく。
1.本会は役員会をおき、顧問・参与・幹事をもって構成する。
1.本会の会長は役員会において決定する。
1.本会は会計監査2名をおく。
1.上記各項の各役員の任期は2年とし、重任を妨げない。

改定 平成19年9月1日


俳話会の行事及び運営


1 三渓園観梅俳句大会および横浜俳句大会を春秋に開催する。
1 日帰り吟行を実施する。
1 シンポジウムを隔年に実施する。
1 横浜俳話会大賞の選考および顕彰を行う。(対象は会員の句集を中心とする)
1 みなとみらい俳句賞(俳句コンクール・作品20句)を隔年で募集し、顕彰を行う。
1 毎月第1木曜の夜、定例役員会を開催する。
1 月例句会を偶数月は第2水曜日、奇数月は第3土曜日に行う。
1 会報は年6回、奇数月上旬に発行する。
1 会計年度は1月から12月までの1年間とする。


トップページへ
トップ
次のページへ
次へ