横浜俳話会


横浜俳話会は昭和31年3月、秋元不死男、古沢太穂、小林康治、飯島草炎などを発起人とし、横浜市内の俳人の親睦を目的として発足した。現在の会員数は約500名、神奈川県内はもちろん、県外の会員も増えている。
毎月第一木曜日に定例役員会を開催し会の運営などの協議を行っている。おもな行事として年6回の会報の発行のほか、三渓園観梅俳句大会(2月)、横浜俳句大会(10月)、シンポジウム(隔年)、月例句会(奇数月、偶数月)、吟行会(春、秋)などがある。
また、会員顕彰として横浜俳話会大賞があり、平成21年には横浜開港150周年を記念して新たに「みなとみらい俳句賞」を募集することとなった。
会計年度は1月から12月、年会費2000円。

なお、俳話会に関連する結社で当会とHPのリンクを希望される団体はお申し出下さい。

俳話会規約・行事
俳話会役員
俳話会の歴史
横浜俳句大会
三渓園観梅俳句大会
シンポジウム
横浜俳話会大賞
みなとみらい俳句賞
わが師(先輩)を語る
思い出の一句
奇数月句会
偶数月句会
吟行会
著作紹介
著作紹介2
俳話会珠玉集(29−1)
俳話会珠玉集(29−2)
俳話会珠玉集(27−3)
俳話会珠玉集(27−4)
俳話会珠玉集(27−5)
俳話会珠玉集(27−6)
俳話会珠玉集(28−1)
俳話会珠玉集(28−2)
俳話会珠玉集(28−3)
俳話会珠玉集(28−4)
俳話会珠玉集(28−5)
俳話会珠玉集(28−6)


問合せ、入会はこちらへ
アクセスカウンター